ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

もうすぐバレンタインデーか。 晴雨堂の晴耕雨読な食生活[百五十六] 

昨年のバレンタインデーチョコ。
 
小判チョコ
通称小判チョコ。チョコレートで作った慶長小判

【雑感】正月気分が抜けた頃、2月14日に向けてバレンタインデー商戦が始まる。早いところでは三箇日が済むとさっそく高級感漂うパッケージのチョコレートが店頭に並ぶ。
 
 日本のバレンタインデーはホンモノのバレンタインデーではないとか、菓子メーカーの販売戦術に嵌められているだけだなどと批判する者が結構いるが、私は野暮は言わん。
 日本のバレンタインデーは欧米とは毛色が違うかもしれないが、日本の風習として定着した以上は日本の風習としてホンモノである。これがニッポンのバレンタインデーだ。
 菓子メーカーの陰謀、大いに結構、この年中行事で経済が回れば万々歳である。日本経済のため、大いにチョコレートを楽しもうではないか。自分への御褒美で自分で買って自分で食うのもアリだ。
 

 さて、上記写真は連れ合いから昨年もらった小判型のチョコレート。結婚前と新婚当時はチョコレートを手作りしてくれたが、この頃は既製品で済まされる。
 既製品とはいえ、この小判チョコはけっこう洒落て面白い。北海道の岩見沢で生産されているとか。
 あとで食おうと思って冷蔵庫に入れたまま忘れてしまい、こないだ連れ合いから「エエ加減に食え! 賞味期限今月の15日までや。もう過ぎたで」と言われて思い出した。賞味期間が1年もあるのだから、数日過ぎても問題あるまい。ましてや開封せず冷蔵庫に入れたままになっていたのだから。
 
小判チョコ1
 
 この小判チョコ、演出がなかなか粋だ。包装紙は印刷とはいえお祝い用のかしこまった紅白の熨斗紙。できれば本式の熨斗ならなお良かったのだが、印刷とは私への扱いの軽さを象徴している。

小判チョコ2

 中から紙箱ではあるが桐の千両箱をイメージした印刷。やはりバレンタインデーなのだから、ホンモノの桐とまではいかなくても木箱に入れてほしかった。紙の箱というのが私への扱いの軽さを象徴している。
 
小判チョコ3
 
 チョコレートを包む金紙をめくると、中から小判型のチョコレート。文様や文字は忠実に慶長小判を再現、なんでも同じ大きさと重さにしているとか。博物館で見たホンモノの慶長小判はもっと薄い。チョコレートでつくったのだから、重さを同じにすれば分厚くなるか。

小判チョコ5
 
 箱の底には小判にまつわる諺が書かれている。なかなか面白い演出なので、オブジェとして記念に保存しようとしたら、連れ合いは奪い取って私の目の前でくしゃくしゃにしてゴミ箱に捨てた。
 「ウチをゴミ屋敷にする気か!」
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
205位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
90位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク