ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「明日ママ」放送中止の署名を集めた高校生よ、よく考えろ! 近頃の現象[九百八十六] 

男子生徒が 
明日ママ」放送中止と謝罪求める署名提出

 
 鹿児島市の高校2年の男子生徒(17)が28日、日本テレビに対し、全国児童養護施設協議会などから内容改善を求められている同局系連続ドラマ「明日、ママがいない」の放送中止と施設の子供への謝罪を求める約7000人分の署名を提出。1月22日からインターネットの署名サイトで賛同者を募っていた。同局総合広報部は「署名を受け取ったのは事実です」と説明した。(サンケイスポーツ)
 
【雑感】よりによって俺の誕生日に署名募集を始めるとは、表現の自由真理教信徒の私へのあてつけか?(笑)

 国内法では日本国憲法第二十一条に「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない」とある。

 国際法では世界人権宣言第19条「市民的及び政治的権利に関する国際規約(国際人権B規約、自由権規約)」により、ほぼ日本国憲法と同様の事が規定されてある。もともと世界人権宣言と日本国憲法は腹違いの姉妹のようなものだから同じなのは当たり前だ。

 皆はこれらの権利を身勝手都合の良いように解釈している。署名を始めた高校生しかり全国児童養護施設協議会しかり慈恵病院しかりだ。またあるいは日本テレビも同罪かもしれない。

 言論と表現の自由、みんな好き勝手に自由に主張できる事を保障した国内法・国際法だと思い込んでいる。もちろんそれは間違ってはいないが正確ではない。本質を言えば、自分にとって嫌な事や都合の悪い事を認め許容する責務なのだ。でないと「言論と表現の自由」実現は不可能だ。

 言論封殺憲法と思われている大日本帝国憲法でさえ、実は以下の条文になっている。

第二十六條 日本臣民ハ法律ニ定メタル場合ヲ除ク外信書ノ祕密ヲ侵サルヽコトナシ
第二十九條 日本臣民ハ法律ノ範圍内ニ於テ言論著作印行集會及結社ノ自由ヲ有ス

 すなわち法が許す範囲内であれば「自由」なのだ。今の現状では、帝国憲法が許す自由と現憲法下の自由の境界線がわからない。何が違うのか? これでは同じではないか。

 前の記事でも述べたが、批判や反論はいくらでもやっていいのだ。「明日ママ」がなぜトンデモ物語なのかを絨毯爆撃か一斉射撃のように批判批難を繰り出してOKだ。だが、放送中止となれば一方の作品を完全に殺す事になる。

 よく「子供たちが傷ついた」を引き合いに出すが、そんな事を理由にしたら、デモ隊の怒りの形相を見て「子供たちが傷ついた」と警察がデモを弾圧する権利を与える事に通じる。せいぜい放送時間帯を深夜にずらす程度に済ますべきだ。
 世の中傷つかぬまま天寿を全うする人間なんて皆無だし、人を傷つけないまま天寿を全うする人間も皆無だ。それは全養協とて例外ではない。故意ではなかったとしても結果として人を傷つけてしまうことは人生が長ければ、あるいは大勢の人が集えば幾らでもありえる、そんなとき「傷ついた子供がいる」ことを口実に権力が幾らでも言論を封殺することが可能になってしまう。まわりまわって自分たちの首を絞める結果になるのが何故わからないのだろうか? いま秘密保護法が問題になっているときなんだぞ。

 言論には言論で対処すべきだ。7千人の署名を集めた高校生も、そんな安易な手段なんかとらず、自分で児童福祉施設を取材してドキュメント映画を制作し7千人の推薦文を添付して日テレに売り込んだらどうなんだ!
 高校生には無理だという声も聞こえてくるが、むしろ高校生だからこそ可能なのだ。社会人に比べれば幾らでも時間をつくれる。ネットをつかって幾らでも賛同人とカンパを集められる。私が高校生だった頃は学校を1日でもズル休みすれば大変な大騒ぎになったものだが、語弊を恐れず敢えて言えば今は登校拒否児童は珍しくなく、児童福祉施設を取材してドキュメント映画を作る事を目的とすれば1年ぐらいの休学を支持する大人は大勢現れる。私が高校生だった頃よりも可能性が大きい。
 署名を十万百万集めるより、反論映画をつくる方がよっぽど話題になるし日テレも一目置く。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/03/01 11:57 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
215位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
93位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク