ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

黒髪回帰 近頃の現象[九百九十五] 

黒髪回帰>ナチュラル志向 
AKB48の影響も


 髪を染めるのは女性のおしゃれの基本だが、今、ナチュラルな黒髪への「回帰」が起きている。見渡せばAKB48など人気アイドルにも艶やかな黒髪派が目立つ。女心を動かしたものは何?(毎日新聞)

【雑感】専門家や評論家たちがあれこれ分析しているようだが、私は幼い頃から長い黒髪が好きだ。パーマもウエーブもない光沢のある直毛であればなお良い。

 幼い頃からのお気に入り女優をあげると、八千草薫氏(ガス人間1号)、ひし美ゆり子氏(ウルトラセブン)、ジーン・シモンズ(スパルタカス)、オードリー・ヘップバーン氏(ローマの休日)といった具合に、太めの眉に長い黒髪が似合う女性だ。(八千草薫氏とひし美ゆり子氏の眉は普通なのだが、メイクによっては太く演出されていた)
 思春期に入ると、太眉と長い黒髪への執着がますます強くなり、少女時代の美保純氏、斉藤由貴氏、ジェニファ・コネリー氏に憧れを抱くようになった。現在のお気に入りは吹石一恵氏、仲間由紀恵氏、石原さとみ氏、山田奈々氏である。

 連れ合いは当然黒髪である。1回だけ髪を茶色く染めた事があった。私は抗議・反対の類はしなかったが、不快感を隠す努力は全くしなかったし、彼女はアトピー体質なので染料に含まれる化学物質は肌に悪いと「丁寧」に「助言」をした。
 こんな事をいうとフェミニスト系の女性たちは、男性が女性の髪形の自由を侵害していると早合点するかもしれないが、連れ合いは逆に私のファッションセンスを一貫して批判し、帽子や靴が汚いからといって無断で廃棄したり、羽織袴を着て外出しようとすると執拗に抗議を繰り返しているのだから、百歩譲ってお互いさま、譲らずに言えば侵害されているのは私のほうである。

 話を戻そう。だから私は一貫して太眉・長い黒髪路線である。流行には左右されない。私のファッションも学生時代から「昭和初期にタイムスリップしても違和感ない恰好」である事に全く変わりは無い。
 連れ合いもその点は優劣両方の意味で評価している。黒髪回帰のニュースをみながら「すごい、あなたと同じファッション感覚が脚光浴びてる。あなたは先駆的やから私には価値わからへんねん。ちゃうちゃう、先駆的やなくて昔も今も進歩なく変わらんから、そのうちまた時代遅れになるんや」

黒髪が美しい美女が登場する映画
「SILIP」フィリピン映画
「夏至」ベトナム映画
「フェノミナ」イタリア映画


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/03/19 12:17 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
46位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク