FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「猫の恩返し」 家族と一緒に愉快になろう〔4〕 

猫の恩返し」 
猫アニメの小品。

 

 
【英題】THE CAT RETURNS
【公開年】2002年  【制作国】日本国  【時間】75分  【監督】森田宏幸
【原作】柊あおい
【音楽】野見祐二
【脚本】吉田玲子
【言語】日本語
【出演】池脇千鶴(ハル)  袴田吉彦(バロン)  前田亜季(ユキ)  山田孝之(ルーン)  佐藤仁美(ひろみ)  佐戸井けん太(ナトリ第一秘書)  濱田マリ(ナトル第ニ秘書)  渡辺哲(ムタ)  斎藤洋介(トト)  岡江久美子(ハルの母)  丹波哲郎(猫王(みょうおう))
   
【成分】笑える 楽しい ファンタジー ロマンチック 不思議 勇敢 知的 かわいい かっこいい コミカル 猫 ジブリ アニメ
    
【特徴】猫の国を舞台に繰り広げられる冒険ファンタジー。「耳をすませば」の主人公月島雫が猫男爵の置物から空想してつくった物語をアニメ化した設定のようだ。
 猫男爵バロンは颯爽としていて、かつて犬を擬人化した「名探偵ホームズ」を彷彿させるカッコ良さ。わがままな猫王役の丹波哲郎氏の怪演も聞ける。
 
【効能】猫の描写が可愛らしくて癒される。展開と結末は愉快にさせてくれる。
 
【副作用】物語の内容が薄っぺらく感じる。猫の擬人化に違和感。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。  
猫が好きなので観た。

 観るまでは「耳をすませば」の続編だと思っていた。高校生になった月島雫が学校の近くにできた異空間に迷い込み猫の国で冒険をする話だと勝手に思い込んでいたのだが、高校生になった雫が描いた物語をアニメ化した設定らしい。一応続編で猫のバロンも登場するが、主人公は雫が生み出したキャラ女子高生ハルということになる。
 
 絵柄やストーリーは、ジブリが得意?とする重厚な長編大作アニメと違って、75分枠の小品に相応しい淡い画調に軽いテンポの物語になっている。とはいえ街並みや部屋の描き込みは相変わらず緻密で生活臭のあるものとなっていて好感が持てる。猫の動きは二足歩行状態でも猫らしく作画されていて可愛らしい。(余談1)
 ただ、登場する猫たちの中で唯一バロンは前作「耳をすませば」の地球屋に飾られている擬人化した猫の置物がキャラになっているので、顔は猫だが体型と所作は完全に人間である。ちょうど、犬を擬人化した「名探偵ホームズ」のホームズのような颯爽とした怪傑男爵である。もちろん、バロンの存在も特に違和感はなく、むしろ「耳をすませば」のキャラが再登場なので嬉しい。(余談2)
 
 それにしても、相変わらず有名俳優を声優に起用する。プロダクションと何らかの貸借関係でもあるのだろうか? ジブリ側に強力な人事権があるなら、やはり声優を育てる意味でも主役に新人声優を充てるべきではないだろうか。ただ、猫王の声を担当した丹波哲郎氏は既に健康状態は芳しくなかったと思うが、気分が乗っていたのか声が滑らかだった。
 
(余談1)特に太った猫のムタ、猫王の従者で能天気なナトル、猫王を守る黒のSP猫たちの表情と動きが猫らしい。
 
(余談2)私も引退して田舎に帰ったら、オタク博物館を設立し、事務室を「猫の事務所」と名づけようか。
 
晴雨堂スタンダード評価
☆☆☆☆ 優
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆☆☆ 名作

 
晴雨堂関連作品案内
耳をすませば [DVD] 近藤喜文
劇場版 名探偵ホームズ [DVD] 宮崎駿
  
晴雨堂関連書籍案内
バロン―猫の男爵 (Animage comics special) 柊あおい
猫の恩返し (徳間アニメ絵本) 柊あおい
The art of the cat returns―猫の恩返し (Ghibli the art series) スタジオジブリ




 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



『耳をすませば』のスピンオフでありながら、あの映画と似たような温かな雰囲気のある映画でしたよね。
こういう空気感、大好きです。
[ 2009/09/26 16:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://seiudomichael.blog103.fc2.com/tb.php/243-1d43aea8

『耳をすませば』のスピンオフとして作られた75分という短い時間の作品ながらも、実は個人的にスタジオジブリ作品の中では結構好きな映画なんですよね。別に特別ネコが好きな訳ではないのですが、日頃ならネコのようなのんびりとした生活を夢見ているせいでしょうか、それ...
[2009/09/26 16:21] めでぃあみっくす
 いつ観ても、バロン男爵は素敵♪
[2009/09/27 09:44] 悠雅的生活
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
95位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
50位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク