ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

松田龍平主演「長州ファイブ」の映画製作会社が破産 近頃の現象[一〇一二] 

松田龍平主演 
長州ファイブ」の映画製作会社が破産


 ハイビジョン映像(株)(TDB企業コード982307341、資本金3000万円、東京都新宿区新宿1-10-2、代表水野清氏)は、3月13日に債権者から破産を申し立てられ、4月30日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。(帝国データバンク)

【雑感】残念なニュースだ。

 「長州ファイブ」は、舞台となった現山口県の政財界のバックアップもあって、けっこう良くできた作品だった。それだけに、制作会社の破産は寂しい。

 邦画暗黒時代といわれた80年代・90年代からシネコン時代の到来とともに邦画が息を吹き返した。が、映画の質が向上したり映画ファンの人口が増えたとは言い難いものがあると考えている。シネコンが増えて昔ながらの町の映画館が次々と閉鎖していることからでも推察できるように、映画の売り方が変わっただけだ。

 映画は二極分化しているかもしれない。マイナーな映画は大阪では十三の第七藝術劇場のような大都会に点在する「ミニシアター」で上映されるが地方には回ってこない。シネコンで上映されるような映画はどうしても確実に売れる映画、たとえばジャニーズやオスカーが関与しているような作品ばかりが上映される。

 「長州ファイブ」はどちらかと言えばマイナー寄りだが、主人公たちは明治維新から明治政府で活躍した長州(主に山口県)の英雄ゆえ、山口県の故郷興しの意味合いがある。これら後押しが作品を支えた。
 文藝作やB級作は大都会のサブカル系ミニシアターで、TV局やジャニーズやオスカーが絡むようなメジャーはシネコンで、そして本作のような地域興し映画に大別されていく。しかし映画ファン人口が増えているとは思えない。

 邦画が盛り返したといっても、純粋な映画制作会社の台所事情が好転している訳ではない事を思い知らされた現象だ。

晴雨堂関連記事案内
「長州ファイブ」 青春回帰〔24〕


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/05/09 22:57 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
184位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
78位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク