ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

松本人志氏が「美味しんぼ」に援護射撃。 近頃の現象[一〇一四] 

松本人志美味しんぼ」問題に持論 
「作品はみんなで作るもんじゃない」


 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(50)が11日、フジテレビの報道番組「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。漫画「美味しんぼ」に描かれた福島第1原発を訪れた主人公らが原因不明の鼻血を出す描写が物議を醸している件について持論を述べた。(スポニチアネックス)

【雑感】松本人志らしい意見であり、私も大筋で同意見だ。作品は作者が作り出すものである。「読者との共同作業」というものになってしまったら、作者の主体性は消滅する。「表現の自由」は堅持しなければならない。
 ただ、松本人志氏は抗議を「神への冒涜」と批難しているようだが、私は抗議活動までは否定しない。努力目標で作品に対しては作品で対抗と主張しているのだが、イルカを愛するあまりに嘘八百で和歌山太地町の名誉を著しく辱めた映画「ザ・入江」などは即対応するに作品を描いている暇は無く反論や抗議しかない。(余談1)

 私がお顔色を変えてしまうのは、抗議だけでなく訴訟など法権力を利用して作品を殺しにかかった時だ。もはやこれは言論弾圧である。
 例えば「明日、ママがいない」では、抗議している方々の論調を見ていると非常に危うさを感じてしまう。ただでさえ、介護老人ホームなどではしばしば介護士による老人の虐待がニュースにのぼる。通常、ニュースに上がるのが氷山の一角である事が多い、老人ホームで起こる事が児童福祉施設では皆無であるなど不自然極まりないし、実際に「明日、ママ」以上の虐待を受けたと主張する元施設利用者児童が発言していた。
 抗議までは良い。次にやるのは法権力を利用しての作品弾圧ではなく、自分側の足元のチェックと改善だ。さらに最近の風潮は、己が虐待されたと感じたら虐待が成立してしまいかねないので、抗議する側が明日は我が身になってしまうこともあり得るのだ。

 美味しんぼ」を批難する勢力は是非とも福島県と協力して反論漫画を描いてほしい。いま一部の反原発派がTwitterなどで具体的データを掲示しながら「鼻血が止まらない」「まだ若い友人が突然死した」という発言を繰り返しているが、雁屋哲が唸ってしまうほどの名作でもってこれらを論破してもらいたい。行政と協力すれば作品を作るための銭と人は簡単に集まるはずだ。

 それとついでに言わせてもらえば、一部の反原発派もそれを否定する派も、戦術的に非常に拙いことをやっている。
 私の立ち位置からは、どちらに分があるかは判別できない。基本的に私は反原発なのだが、それでも反原発派が主張する論を全面的に信頼しているかと言えばそうではなく、経済というものをいい加減に見すぎている点を危うく感じている。一方の原発肯定派も今度は逆に放射能や原発コストというものを甘く見すぎている。
 したがって私は「静観」の姿勢をとらざるを得ないのだが、その姿勢が気に入らん輩が双方にいる。気に入らんのではなく、己の論の説得力の無さを恥じて精進する意志を持つべきである。

 中間派を丁寧に扱えない人間は、反原発派にすれば「政府の佞言に惑わされる人」を増やす事になるし、反原発に反対する派にすれば「デマに惑わされる人」を増やす事になる。即ち利敵行為である事を心得ろ!

(余談1)残念なことに太地町がプロデュースして反論映画を作ったかどうかは判らない。評判にもなっていない。映画というのは個人規模で行うと資金や労力は大変なのだが、自治体が腰をあげれば存外簡単にできるものである。やる気があれば個人でもできる映画であれば、自治体が動けば簡単ではないか! そう思わねばならんのだ。太地町はまだ本気で怒っていない。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/05/12 09:51 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
164位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
72位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク