ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

ゾーイ・サルダナ 「スター・トレック イントゥ・ダークネス」 (2013) 

スター・トレック イントゥ・ダークネス」 
スタートレック筆頭ヒロインに定着。


 アバターでヒロインを演じた俳優というのがあまりに有名なのだが、アバターは演技する彼女の姿をベースにCGで絵を付けているので彼女の生々しい美しさは封じられている。やはり「スター・トレック」のウフーラ大尉役を推したい。

 60年代後半にTV放送された「宇宙大作戦(スタートレック)」に登場するウフーラ大尉、初期の頃はマスコット的わき役だったが、シリーズを重ねるごとに存在感を増してきた。(余談1)本作では完全にヒロインである。
 60年代のTV放映時の頃であれば、謎の金髪美女の技術士官役のアリス・イヴ氏がヒロインになっただろうが、完全に端役である。露出度と台詞の多さからいってヒロインはウフーラ役のゾーイ・サルダナ氏である。

 2人の主人公スポックとカークの間に入ってのヒロインである。カーク船長時代の「スター・トレック」ではキャプテン・カークとミスター・スポックとドクター・マッコイの3人が主役であり、この3人の掛け合い漫才が物語展開の軸であり面白さだった。
 ところが本作ではTVシリーズのマッコイのポジションにウフーラが明らかに居座っている。なにしろ切羽詰まった作戦行動をとっているのに、スポックとウフーラの痴話喧嘩にカークが巻き込まれるのだから。
 逆にTVシリーズでは毎回のエピソードでスポックとマッコイは対立していたのだが、J・J・エイブラムス監督シリーズでは殆どといって無い。

 カークとスポックとウフーラの3人を軸にするのも良いだろう。ただ、スポックとウフーラの痴話喧嘩では、工夫しないとTVシリーズのような目の鱗が落ちるような科学的オチは難しい。そして痴話喧嘩だけでは旧来のファンは離れていくし、それなりに笑える掛け合い漫才にしなければ新しいファンもつかなくなるかもしれない。

 あと個人的な願いだが、もっとゾーイ・サルダナ氏のスレンダーな美しさを愛でられる場面が欲しい。

(余談1)日本語版ではウラ少尉。名前を「ウラ」としたのは吹替する声優が発声しやすくするため。大尉を少尉としたのは、現代でもよくある誤訳である。
 「Lieutenant」は少尉を意味することで知られているが、それは陸軍少尉の事で海軍では大尉である。スタートレックの舞台は宇宙船だから海軍式の役職を使っている。
 Lieutenantのもう一つの意味は隊長を助ける「副官」である。隊長であるCaptainを助けるのがLieutenantだ。陸軍でCaptainとは大尉の事であるが海軍では大佐であり軍艦の最高責任者である艦長をさす。Lieutenantは艦長を補佐して一部署の指揮を執る役職だ。

 つまり、ウフーラは相当に偉い人なのであるが、初期の頃はドラマ上では歌が上手い単なる通信オペレーターの扱いだった。現実世界で黒人士官が殆どいないアメリカ軍だった時代に、黒人の若い女性が大尉役としてレギュラー陣に加わっていること自体が画期的だった、それが60年代の社会事情だった。
 しかし、台詞も他のレギュラー出演者に比べると少なめだった。ウフーラの存在感が増してきたのはシリーズ後半に入ってからだった。アニメ版に入ると艦長をはじめ上級士官不在に陥った時に艦の指揮を執るようになる。

 私の持論だが、スター・トレックは制作時より四半世紀未来のアメリカ社会を映す。60年代ではウフーラを主要幹部に抜擢したものの実質のポジションは台詞の少ない脇役だった。ヒロインは金髪の船長秘書や看護長が務めるか、金髪のゲストスターが担った。即ちアフリカ系俳優へ建前の配慮をした段階である。それが今では欠かす事ができないレギュラーのヒロインだ。
 ウフーラの扱いの変化はアメリカのいじらしい歴史でもある。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/06/11 00:50 ] 映画・・女優評 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
208位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
95位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク