ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

斬られ役福本清三初主演映画を観てきた! 晴雨堂の晴耕雨読な日常[百六十四] 

日本一の斬られ役 
主役扱いを拒否 「主演は最後」


 “日本一の斬られ役”として有名な俳優・福本清三(71)が14日、京都市内で行われた初主演映画「太秦ライムライト」の関西地区先行公開の初日舞台あいさつにヒロイン役を務めた山本千尋(17)らとともに登場した。(デイリースポーツ)

【雑感】7月から全国上映なのだが、関西の京都・大阪・兵庫の二府一県に限って6月14日から先行上映された。私もその初日、大阪ミナミへ出張って鑑賞。
 いつもはチケット代が安いレイトショー・ナイトショーで観るのだが、先行上映は昼間しかやっていなかったので1800円を投じた。また福本氏は「最初で最後の主演」と言っているので、平素は買わないパンフレットも700円強を投入して購入した。

 本作は斬られ役として業界筋では超有名人である福本清三氏の齢70を過ぎて初の主演映画である。松方弘樹氏ら主役級俳優は助演や脇役にまわり作品を盛り上げた。
 福本氏は「最初で最後の主演」と頑なだ。これまでも70年代後半のTV版「柳生一族の陰謀」でのレギュラー出演や2003年「ラストサムライ」でのハリウッドデビュー(余談1)を経ても、なお斬られ役で居続けた。

 さすがに時代劇の本数が減った現在では、斬られ役ばかりでは俳優生活が成り立たない。現代劇や特撮モノの悪役にも頻繁に顔を出す。(余談2)しかし基本路線は変えようとしない。主役はおろか助演・脇役ですらなく、「その他大勢」に拘り続ける。
 この大ベテラン俳優の扱いに、きっと制作陣も多少の困惑はあると思う。顔のアップを多くしたり、立派な役名がついたり、主人公を窮地に追い詰める魅せ場を演出するポジションに据えたりと、斬られ役の範疇という制約下で目一杯大きくレンズに捉えるようにしている意図を感じる。本人もその気があればもっと以前に川谷拓三氏のようなメジャー俳優になったと思う。

 頑なに斬られ役に拘る福本氏が今回の主演を承諾したのは、たぶん本作が単に自身の自伝的物語だからというのではなく、斜陽いちじるしい時代劇の再興というコンセプトがあったのではないか。
 近年、映画やドラマは「町興し村興し」「業界興し」として有効な媒体であることが知られるようになった。NHK大河ドラマや朝の連続テレビ小説は舞台となった地方にとって願ってもない観光宣伝になっている。「龍馬伝」で我が郷里がどれほど潤ったか。さらに銭湯文化の斜陽が目立つ風呂業界にとっては近年の「テルマエロマエ」は業界興しの側面がある。
 そして本作は、かつて邦画のメッカだった京都太秦撮影所や邦画のシンボルだった時代劇の退潮に対抗する性格がある。この事業に一肌脱ぐ覚悟で初の主演に挑戦したと思う。

 初日の客入りを観る限りは、特に大入りではなかったが、通常はこの手の映画は閑古鳥のはずがそこそこ客が入っていた。全国上映でどれだけ評判になるか、アメリカでも上映されるようなので彼の地での評判がどれだけ高まるか、特にアメリカでの評判に期待したい。アメリカで大評判になって、逆輸入のような形で日本にも火が点いてほしい。
 ラストの殺陣は、迫力ある美しさであった。撮影現場をもし見学していたら、その場で涙を流していたかもしれない。

「太秦ライムライト」公式ホームページ

(余談1)TV版「柳生一族の陰謀」で柳生十兵衛が統括する隠密集団「裏柳生衆」の忍者役に福本氏はレギュラー出演していた。この裏柳生衆に番組後半から真田広之氏も加わる。つまり、福本氏と真田氏は裏柳生衆の「同僚」というより、新参の真田氏の先輩にあたるのだ。「ラストサムライ」での福本氏出演はその縁も活きていると思う。

(余談2)斬られ役として零落素浪人キャラのイメージが強いが、実は大昔から時代劇以外の映画やドラマにも凶悪犯や刑事の役で出演してきた。子供心に「洋服着る事もあるんや」と思った。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
241位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
109位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク