ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「一票の格差」と「定数削減」の両立は不可能である。両立は地方を軽視する都会人の世迷言だ。 

衆院14選挙区で2倍以上に 
「1票の格差」前年より増加


 総務省が25日発表した住民基本台帳の人口(1月1日現在)に基づき、時事通信が衆院小選挙区の人口格差(1票の格差)を試算したところ、最少の宮城5区(石巻市など)と比べ、最多の兵庫6区(伊丹市など)をはじめ計14選挙区が2倍以上となったことが分かった。違憲判断の目安とされる2倍以上の選挙区は昨年3月末現在の試算から五つ増えており、抜本改革に向けた各党の取り組みはこれ以上の停滞が許されない状況だ。(時事通信)

【雑感】前にもこの問題に言及したことがあるが、「一票の格差」と「定数削減」を同時に行うのは不可能、というより「一票の格差」を是正するのなら定数を増やす以外に方法は無い。これは大宇宙の絶対物理法則であるので逆らえないのだ。

 仮に両方を実現させたとしよう。そうなれば、過疎県である鳥取県・島根県・高知県からは議員を出せなくなる。選挙区も鳥取・島根・山口・広島の四県を1つの選挙区、徳島・香川・愛媛・高知の四国四県を1つの選挙区にしないと勘定が合わなくなる。そして東京や大阪などの大都市圏は相変わらず議席が多いまま。
 つまり大都市の人間の意向が優先され、地方の声は政治に反映されにくくなる。いや、はっきり言おう、地方は切り捨てられる。

 政治評論家やマスコミはバカげた詭弁をよく使う。3億人いるアメリカの下院議会は400人ちょいしかおらんから、アメリカの半分程度の人口しかいない日本の衆議院に480人は多すぎるという論だ。
 だがアメリカには独立国なみの権限がある50の州政府や州議会がある。日本の自治体には元来権限が少ないし、地方議会も上に倣え右に倣えで定数を削減して弱体化している。アメリカと比べるのがバカバカしいし、意図的な小賢しい誤魔化しだ。

 「一票の格差」を是正する方法は、定数を元の511人に戻す以外に無い。いや、511人でも少ないかもしれない。



 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/06/25 22:40 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
164位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
72位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク