ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

韓国人の差別意識。ネットウヨ諸君、韓国の振り見て我が振り直せ! 近頃の現象[一〇三四] 

野口健氏、韓国で日本人差別を受ける

 アルピニストの野口健氏(40)が、訪問していた韓国で日本人であることを理由にタクシーに乗車拒否されたことを14日、自身のTwitterで明かし、「日本人旅行者が減るのも無理はない」と不満をあらわにした。(日刊スポーツ)

【雑感】私はコリアンとの付き合いがあったので感覚として判るのだが、実は日本人よりも差別意識はえげつないのである。

 まず男尊女卑が過酷であるのは以前から知られている話、近年の韓流ドラマで女性に優しいイメージが流布されているが、改善されてきたのはごく最近になってからだ。
 なによりレイプ発生率が高いのが女性蔑視が激しい動かぬ証拠である。あくまで昔聞いた信じ難い噂では、80年代後半盧泰愚政権時のレイプ発生件数がアメリカに匹敵するという。韓国の人口は4千万人台、アメリカは当時2億人台。人口比でみれば発生の度合いは凄まじい。
 現在でもレイプ事件の発生率は高いまま、日本の40倍ともいわれている。
 
 次に地域対立、光州を中心とした全羅道と釜山を中心とした慶尚道の対立は凄まじい事は韓国通の間では有名、その地域対立たるや関西と関東の対立の比ではない。
 80年代後半の民主化以降の大統領選挙で地域対立が表面化している光景がニュース映像に流れた。候補者が地元で演説するときは大歓声なのだが、アウェーで演説すると罵声や野次ばかりではなく卵も投げつけられる。日本ではあまり無い、というより私は見たことが無い。かりにも国を代表する政治家に向かって、いくら「政敵」でもあまりに粗末で無礼な扱いではないか。

 当ブログでも何度か紹介してきたが、第一線で活躍している韓国の芸能人たちはみな高学歴者である。俳優たちは有名大学校の藝術やメディア関係など正業に直接関係する学部学科を出ている。
 対して日本の芸能人の大学進学率は決して高くはない。古くは吉永小百合氏が早稲田大学の夜間に通ったり、近年ではジャニーズの櫻井翔氏が慶応義塾大の経済を出た事が評判になる事自体が既に日本の芸能界は学歴社会ではない事を表している。
 一見すると、韓国の芸能界のほうが進んでいるようにも見えるが、裏を返せばそれだけ韓国は学歴差別社会の背景が芸能界にも及んでおり、日本でも学歴社会ではあるが芸能界では学歴よりも実力優先ともいえる。もちろん、日本には無い兵役の問題も重要な要素にあるだろうが。

 加えて激しい民族優位意識だ。もともと韓国は日本と同じくらい漢字を使用していた。昔の韓国の新聞をみたら今の日本人はビックリすると思う。ひらがながハングルに入れ替わっただけで、漢字をひろえば大よその書いている内容が解るのである。ところが朴正煕政権から漢字教育を排斥したので、80年代頃から漢字が読めない世代が社会の主流を占めるようになり、現在の新聞は殆んどハングルである。
 自国文化に誇りを持つことは素晴らしい事なのだが、漢字を外字扱いする政策は果たして良い事なのか疑問だ。日本では中国が嫌いだからといって漢字を排斥したりはしない。それどころか日本文化は様々な外国の文化が息づいている。街に出れば、標識や案内にはなんと日本語・英語・中国語・韓国語の4か国表示も珍しくない。

 もともと激しい差別意識に自国への過ぎたるナショナリズムと被害者意識が加わったらどうなるのか。そして日本のネットウヨ諸君も韓国の振り見て我が振り直せ。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/07/16 15:20 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
241位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
109位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク