ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

高1同級生殺害事件、ネット拡散の副作用。規制云々より割り切りが第一。 近頃の現象[一〇三九] 

<高1同級生殺害>ネット情報で「2次被害」

 長崎県佐世保市の高1同級生殺害事件に関するさまざまな情報がインターネット上に拡散している。過激な画像や誹謗中傷(ひぼうちゅうしょう)にあたる書き込みもあり、逮捕された少女(16)と殺害された女子生徒(15)が通っていた高校では、事件によるショックに加えてネット上の情報で体調を崩す「2次被害」とも呼べる事態になっている。(毎日新聞)

【雑感】ネット社会は恐ろしいものだ。
 この事件に関しては、既にご存知の方も多いと思うが、容疑者として逮捕された少女の本名や顔写真と思われる情報や彼女の父親の名前と顔と経歴もネット上で拡散されまくっている。大手の新聞やTVなどマスコミがいくら伏せていても、ネットでは情報統制なんぞどこ吹く風といわんばかりの別世界だ。

 江戸時代の中頃に定着した格言に「人の噂も七十五日」がある。簡単に言えば噂というものは季節(春・梅雨・夏・秋・冬)が一つ過ぎれば忘れ去られる意味だ。
 現代社会も基本は同じだ。年末になると、この一年の事件を振り返る特集番組があるが、「ああ、こんな事があったのか」「え? これ今年の話?」と思う事が多々ある。また「人の噂も七十五日」でなかったら、政治的な活動をしていた私はたぶん現在の職に就く事は困難だったろうし、現職場で私の過去を知る者は誰もいない。

 しかし「人の噂も七十五日」という格言が定着した江戸時代と違って、現代社会ではインターネットにより誰でも気軽に情報を全世界へ瞬時に発信できるし、情報の大海の底へ深く沈んで忘れ去られたデータも「検索」で瞬時に引き上げられる。
 たとえば私が何か悪さをして警察に捕まりワイドショーネタになってしまったとする。たちまち私の本名や家族構成などの個人情報が引きずり出され全世界へ拡散される。もちろん忘れ去られたはずの過去の経歴なども瞬時に掘り起こされて同じく拡散される。

 そしてこれが深刻な問題なのだが、ネットで拡散された情報が正しければ良いのだが、誰でも気軽に情報を発信できるので誤報も多い。TVや新聞雑誌であれば、情報発信の際に記事をまとめるデスク(編集長補佐みたいな役職)や編集長などのチェックが入り、情報の質に問題があると没にされる。それでも誤報や不適切情報で批難され損害賠償請求へ発展する事が多々ある。
 ネットでは個人が気楽に情報発信できる。記者のように専門職として情報の扱いを訓練されていない素人が、デスクや編集長のふるいを経ずに発信する。中には邪な人間が故意に嘘八百をもっともらしく並べる事も少なくない。
 殆どが質の悪い情報や他愛ない情報と最初から割り切ってネット社会を利用する以外に方法は無い。

 人権を守るために規制をすべきだとの声もあるが、既にネット社会は政治の手には負えない世界へ進んでしまっている。だからこそ、圧政を強いる独裁国家などでは民主化の風を呼び込むアイテムであり、言論弾圧に対しゲリラ的に対抗できる重宝な媒体だ。したがって下手な規制はむしろ公益にとって甚大な損害になる。
 民主党政権下で起きた尖閣問題では、中国側の暴力を海上保安庁の一職員が政府の方針に逆らい動画をアップした事で保守右翼は喝采したではないか。韓国では気に入らない政治家を落選させる運動にネットが有効に働いた。これに左翼や護憲派が喝采したではないか。

 ネットをどうにかするよりも、利用者の訓練のほうが急務である。事実関係の掌握方法や情報の取り扱い方を訓練が必要だ。これは学校の授業で教育しなければならない問題である。中学生から新聞記者の新人教育なみのカリキュラムを課さなければならない。

 日本国民は二十歳を過ぎれば誰でも国家の主権者であると同じように、ネット上で一言でも意見を述べたら言論人である。残念ながら国民の大半は主権者である自覚は無いし、ネット利用者は言論人である自覚が無い。
 国家主権者の大半は選挙権が有る意味だけの「有権者」というぬるい認識しか持っていないし、言論人の殆どがインターネットを単なるコミュニケーションツールという意味にしか捉えていない。
 規制がどうとか、ネットは危険だとかいう前に、この初歩から叩き直すべきではないのか!


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/08/02 07:40 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
176位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
77位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク