ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

朝日新聞、世紀の大白旗(2) 朝日や吉田氏の精神状態とは? 近頃の現象[一〇四二] 

日韓関係ゆがめた 
朝日の慰安婦報道に舛添知事


 東京都の舛添要一知事は7日、朝日新聞がいわゆる従軍慰安婦問題を巡る過去の報道に一部誤りがあったとする記事を掲載したことについて「全くの虚偽報道であるということを反省したのは当然だ。日韓関係をここまでゆがめた一つの理由だ」と述べた。(読売新聞)

【雑感】それでは我々日本人が不利になってしまう嘘を何故ついたのか?

 ヒントになるかどうか判らないが、興味深い体験がある。

 私がまだ大学を出たての若い頃、アジア人留学生を支援する市民団体が主催するシンポジウムに参加した。大阪・天王寺のとある会場で、アジアを中心に外国からの留学生と日本人支援者が集っていた。
 雛壇にはインド・中国・韓国などからの留学生と日本人専門家がパネラーとしてあがり、一通りのパネルディスカッションのあと自由討論が始まった。

 発言者の多くが日本人で、発言内容は日本批判ばかりである。「日本人はアジア人を蔑視している、けしからん」「日本政府はアジア人を差別している。とんでもない事だ」と語気強めて怪気炎をあげていた。
 中には運動家らしき若い男が主催者にイチャモンをつけた。このシンポジウムでは参加者全員ローマ字表記の名札を付けていたのだが、彼は怒り声で「なぜローマ字表記するんや! 当人の表記法と日本語の表記法と英語の表記法3種類用いるべきだ! 主催者自身が欧米よりのアジア蔑視ではないのか!」
 たとえば韓国人なら、ハングル表記とカタカナ表記とローマ字表記の3行で表示せよという事らしいが、いくら大きな名札を使ってもこれではパッと見、読みづらく、じっと相手の胸元を睨まなければならなくなる。世界で最も普及している文字で大きく表記したほうが合理的ではないか。主催者の運営の苦労を考慮し無い浅はかな輩だと不快に思った。

 やがて、自由討論は意外な方向へ展開した。まず留学生の1人が不満げに声を上げた。「日本人ばかりが発言している。我々留学生から意見は無いのか」と。呼応して韓国人留学生が立ち上がって今までの日本批判を覆す意見を言った。
 私と同い歳かやや歳上の若い男性で、今の韓流ドラマに出てきそうなイケメンだった。白いワイシャツに緑系セーターに紺のスラックス、やや改まった格好だった。彼は落ち着いた物腰で訛りの無い流暢な日本語で発言する。
 「さっきから日本批判ばかり言っているけど、私の周りにはそんな悪い日本人はいないし、最初は無理解で苦労したけど辛抱強く相互理解をはかっていったら良い関係を築ける。留学生側ももっと努力するべきだ」という趣旨だった。日本批判の急先鋒と思っていたら予想外の意見だった。

 これで朝日新聞や吉田氏の心理の一端が垣間見えると思う。私が参加した市民集会、日本語を解するアジア人留学生が大勢参加していたにもかかわらず、発言者の多くが日本人だった。しかも発言内容は日本批判ばかり。この空気に釘を刺すかのような韓国人留学生の言葉。
 参加している日本人の多くは、日本や日本人に対する敵意と怒り、そして留学生たちの不満への迎合が見受けられるばかりで、建設的にどんな具体策があるのかはあまり出てこなかった。つまり「俺はその辺の日本人とは違って意識が高い、お前らの味方だよ」とでも言いたげなアピールばかりやっていた。もしかしたら、前述の韓国人留学生もそんな偽善に気が付いたのかもしれない。

 朝日も吉田氏も同様の意識を持っていたのではないか? 韓国人に迎合するだけでなく、むしろより過激に日本を貶める嘘をつく。重大な国益損失をまねくが、一方で「業界」では志の高い英雄として評価される。実際、吉田氏は一種の寵児の如く左派マスコミや市民から受け入れられていた。右派保守には理解しがたい一種のヒロイズムだ。

晴雨堂関連記事案内
「春婦伝」 社会を冷笑したい時に〔14〕


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/08/08 00:39 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
205位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
90位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク