ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

半月板損傷だった、ついてない・・。 晴雨堂の晴耕雨読な日常[百七十四] 

半月板損傷か、ついてない。

鎮痛剤。

【雑感】上記写真は、医師から処方された抗炎症剤(ロキソプロフェン)と胃腸薬である。(余談1)

 事の発端は約2週間前の8月15日昼過ぎ、郷里高知からから大阪へ戻る道中での出来事だ。徳島の吉野川ハイウエーオアシスで休憩、息子を抱きかかえて歩いていると突如足が滑って尻もちをついた。御存知のように、この時期の四国は悪天候が続き路面は濡れている。コンクリの地面にペンキが塗られていた箇所があり、雪駄履きだと滑りやすいので用心していたのだが、この時は油断していた。
 幸い、息子には怪我はなく、まるでアトラクションでも始まったかのように突然の出来事を喜び笑っていたが、私は左膝を強打してしまった。この時は単に尻もちをついただけと思っていた。強く打った左膝はしばらく痛みがあったが、歩行には全く支障がなく、走る事もできた。

 ところである。3時間ほど経って、左膝の痛みは引いたが、今度は右膝がじわじわ痛くなってきた。最初は気にも留めなかったが、次第に一歩踏み出すごとに痛くなり、息子を追いかけるのが辛くなってきた。夕方、大阪の自宅に戻った頃には正座や胡坐が困難になっていた。
 17日から仕事、いつも通りチャリンコで出勤、意外にもペダルは普通に漕げた。最も膝に負担がかからないようロー側のギアでゆっくり走っていたからなのだが。チャリンコから降りて歩き出すと痛みが生じる。どうやら体重等の負荷がかかると良くないらしい。

 それでも飛んだり跳ねたりはできないが、普通に立ち仕事はできたので自宅に常備してある湿布薬で様子を診た。だが、痛みだけでなく右膝全体が腫れ始め、5日目あたりから腫れが太腿にも及び始めた。会社の同僚から促されて、負傷てから1週間後に近所の整骨院で診てもらう。
 レントゲンでは骨に異常なし、ひとまず安心。触診で曲げたり圧したりされたが痛くない。ただ体重がかかると痛みようだ。医師は「筋肉量が多いのでよく判らない。とにかく腫れてるね。紹介状を書くからMRIを撮ってもらえ」という。えらい大袈裟な話になってきた。

 そして昨日MRIを受けた。右膝一つ撮影するだけなのに、手術着のようなものに着替えさせられ、狭い円筒形の装置の中に入らされ半時間同じ姿勢で横たわった。MRI検査のあいだに仮眠でもしようと思っていたが音が煩い。私は騒音の中でも眠る事ができる人間だが、このMRIの金属音は職場の工作機械の音と違って緊張感を煽るようだ。眠れなかった。
 検査料金は膝一つで8000円弱、健康保険がきいているのに恐ろしい額だ。では保険なしだったら大方3万円か?

 本日、MRIのデータを持参して再び整骨院に行き診察してもらう。診察室に入るなり、医師は「半月板が損傷している」と大きな声で言う。
 「手術をしなければいけないかもしれない」「安静にしないといけない」「なに? 自転車で通勤? なにしてんねん、本来なら松葉杖であるかなあかんのやで」
 医師は小馬鹿にしたように笑ったり、大声で恫喝したり、目まぐるしい。

 それにしても弱った。電車で行くとなると、通勤時間はもっと長くなる。それに通勤ラッシュで座れないだろうから結局は膝に負担がかかる。チャリンコのほうがかえって膝の負担が無く都合が良いのだ。
 連れ合いの車に乗せてもらう手もあるが、2歳児の息子を連れていかねばならない。しかもチャリンコで行く場合も自動車で行く場合もかかる時間は殆ど同じだ。

 残業は遠慮するとしても仕事は休めない。弱った。医師にそういった事情を説明すると、小馬鹿にしたように笑みを浮かべながら、「あんたの職場に近く手術の設備がある総合病院を紹介するから、そこで治療方針を相談して。なるだけ早く行ってください」

 普段は貧乏なりに豊かで文化的な生活を享受してきたが、怪我をした時ワーキングプアの不利が身に沁みる。

(余談1)痛みと炎症を抑える薬で、喘息もちの人には発作を誘発させるリスクがある。そういえば、「チェ 28歳の革命」でゲバラ率いる革命軍が都市部に侵攻するくだりで、腕を負傷したゲバラが医師から痛み止めの薬を処方を勧められたら、「いや、それは喘息の発作を引き起こす」と断り、別の薬の名をあげて投与するよう指示する場面がある。
 ゲバラがひどい喘息もちである事と、もともとは医師である事を表すエピソードだ。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
ううむ、これは大変なことになってしまいましたね。
痛みがそれほどでなくても腫れている、というのは
重大です。
お近くのその大きな病院で相談してみるのがやはり
必要ですね。場合によってはまとまった期間休職す
ることも会社と相談してみたほうがよいのでは
ないでしょうか。
いろいろと問題はあるでしょうが、完治させない
と、私のように一生尾をひくことになってしまい
ますので、治療を第一にお考えになって、お大事に
してください。
[ 2014/08/29 06:09 ] [ 編集 ]
こんばんは。
何気ない時にしてしまう怪我が一番恐ろしいですね。足の怪我は、多少の我慢ができる場合は無理して動いてしまうため なかなか治りが遅くなると、足の指を骨折した知り合いの方が仰っていました。早く治すにはやはり安静が一番だと思います、難しいことですが……。ご無理をなさらず、お大事になさってください。
[ 2014/08/30 00:20 ] [ 編集 ]
A君へ

見舞いのコメントありがとうございます。

 あれから手術設備のある総合病院で診てもらたら、近所の整骨院とはかなり異なる診断が返ってきました。「いま手術をしなければならない状態ではない」「手術で必ず完璧に良くなる訳ではないので無理にする必要はない」でした。

 また、「こないだの転倒でできた損傷なら膝腔内に水が溜まっているはずなのに正常、靭帯もシッカリしていて問題ない。半月板の傷は以前からあった可能性がある」と意外な診断が返ってきました。
 とはいえ、全体に腫れているし、膝の裏の皮下に血溜りのコブができているので、「転倒がきっかけで炎症が悪化した可能性はもちろんある」ので「詳しく調べるにはカメラを入れる必要があるが、そうなると手術になる。やりますか? それても様子見ますか?」

 私は様子見ることにしました。まずはこの土日は安静にします。


> ううむ、これは大変なことになってしまいましたね。
> 痛みがそれほどでなくても腫れている、というのは
> 重大です。
> お近くのその大きな病院で相談してみるのがやはり
> 必要ですね。場合によってはまとまった期間休職す
> ることも会社と相談してみたほうがよいのでは
> ないでしょうか。
> いろいろと問題はあるでしょうが、完治させない
> と、私のように一生尾をひくことになってしまい
> ますので、治療を第一にお考えになって、お大事に
> してください。
[ 2014/08/30 22:22 ] [ 編集 ]
入江氏へ

見舞いコメントありがとうございます。

 とりあえず、総合病院の外科医からは「半月板が少し傷がついているが、いますぐ手術の必要はない」と言われましたので、休みの間は安静にしています。腫れはかなり引きました。

> こんばんは。
> 何気ない時にしてしまう怪我が一番恐ろしいですね。足の怪我は、多少の我慢ができる場合は無理して動いてしまうため なかなか治りが遅くなると、足の指を骨折した知り合いの方が仰っていました。早く治すにはやはり安静が一番だと思います、難しいことですが……。ご無理をなさらず、お大事になさってください。
[ 2014/08/30 22:25 ] [ 編集 ]
こんばんは。

いや、大変なことでホントにご苦労お察しいたします(ーー;)でも手術回避できただけまだ良かったですよね。

吉野川ハイウェイオアシスはよく知っているところなので現場が直ぐ浮かんでしまいました(私は以前あそこの鴨を離している川っぺりの船着き場エリアで濡れた草に足を取られてこけそうになったことがありました)

当面はあまりムリなさらずにお大事になさってください。
[ 2014/08/30 22:44 ] [ 編集 ]
しろくろShow氏へ

見舞いコメントありがとうございます。

 ハイウエーオアシスは食事休憩によく利用します。床に吉野川流域の衛星写真を印刷したフローリングは立ち寄る際いつも見ています。

 ところで駐車場周辺の床面塗装、問題あると思うんですよ。ショッピングモール等でよく使われる有り触れた塗装なんですが、雨で濡れると滑りやすい。プールなどで使われる砂を混ぜた塗装にした方が良いんですが・・。
 職場でも棟外の歩行帯にはグリーンのペンキに砂を混ぜてコンクリ地面に塗っています。もちろん転倒防止のためです。

 変形性腰痛に膝半月板損傷、加えて五十肩、身体ボロボロです。息子は成長盛りでどんどんヤンチャになっていく。小学生、中学生になったら手に負えんようになる。若いうちに子供つくっておくべきでした。

 


> こんばんは。
>
> いや、大変なことでホントにご苦労お察しいたします(ーー;)でも手術回避できただけまだ良かったですよね。
>
> 吉野川ハイウェイオアシスはよく知っているところなので現場が直ぐ浮かんでしまいました(私は以前あそこの鴨を離している川っぺりの船着き場エリアで濡れた草に足を取られてこけそうになったことがありました)
>
> 当面はあまりムリなさらずにお大事になさってください。
[ 2014/08/30 23:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
232位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
104位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク