FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」 家族と一緒に感動しよう〔8〕 

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」 
感動の完結編



 
【原題】THE LORD OF THE RINGS: THE RETURN OF THE KING
【公開年】2003年  【制作国】新西蘭・亜米利加  【時間】203分  
【監督】ピーター・ジャクソン
【原作】J・R・R・トールキン
【音楽】ハワード・ショア
【脚本】ピーター・ジャクソン フラン・ウォルシュ フィリッパ・ボウエン
【言語】イングランド語 エルフ語
【出演】イライジャ・ウッド(フロド・バギンズ)  イアン・マッケラン(ガンダルフ)  ヴィゴ・モーテンセン(アラゴルン)  ショーン・アスティン(サム)  リヴ・タイラー(アルウェン)  ビリー・ボイド(ピピン)  ドミニク・モナハン(メリー)  オーランド・ブルーム(レゴラス)  ジョン・リス=デイヴィス(ギムリ)  ケイト・ブランシェット(ガラドリエル)  バーナード・ヒル(セオデン)  ミランダ・オットー(エオウィン)  カール・アーバン(エオメル)  デヴィッド・ウェンハム(ファラミア)  ジョン・ノーブル(デネソール)  ヒューゴ・ウィーヴィング(エルロンド)  イアン・ホルム(ビルボ・バギンズ)  ショーン・ビーン(ボロミア)  アンディ・サーキス(ゴラム/スメアゴル)  マートン・ソーカス(ケレボルン)  クリストファー・リー(サルマン)
   
【成分】ファンタジー スペクタクル パニック 不気味 知的 絶望的
     
【特徴】指輪物語」三部作最終章。清々しい大団円と切ない旅の余韻。
  
【効能】イングランドかドイツの濃いビールが飲みたくなる。旅立ちたくなる。旅から戻ってきた余韻がよみがえる。
 
【副作用】ご都合主義的な展開が白ける。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。  
ビール文化が香る作品

 映画「指輪物語(ロード・オブ・ザ・リング)」は既に名作との評価が固定したようなので、私は別の視点からレビューを書こう。私はビールが好きである。それも味の薄い日本の発泡酒やアメリカのバドワイザーではなく、麦芽100%のヨーロッパ型の濃いビールが好きで、ベルギー・チェコ・ドイツ・イングランド・スコットランド・アイルランドのビールが好きである。この「指輪物語」もそんなビールが香る映画である。
 
 映画には随所にビールを楽しむ場面が出てくる。この「王の帰還」でも森の精のエントを煽ってサウロンの拠点であるオルサンクの塔を破壊することに成功したフロドの従兄弟2人がビールジョッキ片手に豚肉を食べる場面。
 ローハンで戦勝の祝賀会で王の音頭で乾杯のビールを呑む場面、そしてまたしても2人の従兄弟がジョッキ片手にテーブルに乗って踊り、どこそこのビールは濃くて美味いといった歌を歌う。
 ラスト近くでは無事に大役を果たしたフロド達がホビット荘に戻ってまず立ち寄ったのは馴染みのパブで、そこでフロド達4人は旅を終えた安堵感と脱力感に浸りながらシミジミと無言で陶器の大きめなビールジョッキでささやかな乾杯をする。この場面が切なくて良い。
 
 原作者トールキンはイギリスの人であり、先祖はチェコに近いドイツ・ザクセンの出である。このザクセン州はドイツの中でもビール消費量が多い国で、現在は淡いピルスナータイプ(余談1)のビールが7割以上を占めているが、もともとは焙煎した黒っぽい色の濃いビールを呑まれていた。
 日本ではイギリスと呼ばれているイングランド・スコットランドの国々もエール(余談2)と称されるビールの本場だ。トールキンはビールにどっぷりと漬かった食文化の中で「指輪物語」を執筆したのだろう。
  
(余談1)世界中で流通しているビールのタイプ。淡い黄金色(小便色と呼ぶ輩もいる)で軽い口当たりが特徴。チェコのピルゼンで1842年に誕生。黒か茶色か赤銅色が大半の時代で、シャンパンのような淡い色は当時衝撃だったらしい。
 
(余談2)上面醗酵ビール。現在の日本で呑まれている大半のビールは下面醗酵ビールと呼ばれ、低温で醗酵する酵母を使用している。冷凍機が発達した近代以降はこの下面醗酵が主流となっている。
 上面醗酵は常温(あくまでヨーロッパの)に近い温度で醗酵する酵母を使用していて、以前のビールはこれが主流。ブリテン島ではこのビールをエールと読んでいる。
 隣のアイルランドもエールが好まれており、黒ビールで有名なギネスも上面醗酵である。因みに上面醗酵の黒ビールはスタウトと呼ばれ、意外に歴史は浅く1849年に誕生した。ピルスナーとあまり変わらない。
 
 ついでに、ドイツ映画「Uボート」でも連合国軍の警戒網突破に成功したクルーたちが英国軍の歌「ティペラリー・ソング」を合唱しながら乾杯する場面がある。あのビールの銘柄は「ベックス」、ブレーメンで生産されているビールで、ドイツ海軍の定番である。世界で最も広く販売されているドイツビールなので、日本でも百貨店やこだわりの酒屋には置いてある。
 
晴雨堂スタンダード評価
☆☆☆☆ 優
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆☆☆ 名作

 
【受賞】アカデミー賞(作品賞)(2004年) ゴールデン・グローブ(作品賞(ドラマ))(2003年) LA批評家協会賞(監督賞)(2003年) NY批評家協会賞(作品賞)(2003年)
 
晴雨堂関連作品案内
 
晴雨堂関連書籍案内
 

 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
64位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク