FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「スカーフェイス」 社会を冷笑したい時に〔11〕 

スカーフェイス」 
全てはラストの耀きのために・・。

 

 
【原題】SCARFACE
【公開年】1983年  【制作国】亜米利加  【時間】170分  
【監督】ブライアン・デ・パルマ
【音楽】ジョルジオ・モロダー
【脚本】オリヴァー・ストーン
【出演】アル・パチーノ(トニー・モンタナ)  スティーヴン・バウアー(マニー・リベラ)  ミシェル・ファイファー(エルヴィラ)  ポール・シェナー(ソーサ)  ロバート・ロジア(フランク・ロペス)  メアリー・エリザベス・マストラントニオ(ジーナ・モンタナ)  F・マーレイ・エイブラハム(オマー)  ミリアム・コロン(-)  ラナ・クラークソン(-)  ハリス・ユーリン(-)  リチャード・ベルザー(-)
    
【成分】悲しい スペクタクル パニック 勇敢 絶望的 切ない 暴力 狂気 ギャング 
     
【特徴】1932年作のギャング映画開祖的映画「暗黒街の顔役」をリメイク。1人のギャングの栄光と破滅を描く。
 3時間近い大作、全編にわたって繰り広げられる泥臭い愛と暴力の物語。事実上、アル・パチーノ氏の一人舞台、彼の狂気を楽しめる。ラストの銃撃戦だけでも必見。
  
【効能】アル・パチーノ氏のバイオレンスでスカッとストレス解消。
 
【副作用】泥臭くて野卑で下品で血腥くて気分が悪くなる。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。  
アル・パチーノの泥臭い一人舞台
 
 前作は1932年に公開されたギャング映画の古典「暗黒街の顔役」。そのリメイクがこの「スカーフェイス」である。(余談1)前作「暗黒街の顔役」は社会性批判性を織り込んだ娯楽作として秀作なのだが、このリメイクは娯楽性が前面に出ている。
 といっても決して社会批判性を殺されたわけではなく、前作の良さを引き継ぎながらアル・パチーノ氏の野卑と狂気と愛と暴力を大幅に付け足した感がある。前作の90分程度を今回は3時間近い長編映画になっているが、それはアル・パチーノ氏の泥臭い「一人芝居」がそのまま付け足されたと解釈しても差し支えない。
 
 なんといっても圧巻はラストだろう。これまでのサクセスストーリーは、このラストのためにあるといってもいい。キューバから移民してきた主人公は次第に暗黒街の顔役として頭角を現していくが、それが大ボスに警戒心を抱かれ殺されそうになったところを返り討ちにして一気に大ボスになってしまう。しかし彼は大ボスの器ではなく、また地位が器を作ることもなかった。マフィアの領袖としては致命的なミスを幾つか犯し、たちまち破滅の人生へと突き進む。
  
 刺客が大挙として主人公の大邸宅に押し寄せる。側近が必死に防いでいるのに部屋に閉じこもったまま。やがて邸内は主人公1人になるが、狂気のアル・パチーノ氏は刺客たちの前に姿を現し、M-16自動小銃を乱射して次々と刺客たちを撃ち殺す。身を隠しもせず、刺客たちの銃弾を浴びながら、ひたすら刺客たちを殺していく。(余談2)
 全く不死身の主人公と思われたが、ついに背後から迫る沈着冷静な刺客によって放たれた大型銃の弾丸が背中から急所に炸裂し倒れる。倒れたところには虚しく『The World Is Yours(世界はお前のもの)』の横断幕が漂う。
 
 最後に、この作品は劇場公開当時は不評で失敗作といわれていたが、ビデオ化されると次第に人気を博するようになってきたのが興味深い。格調高い「ゴッドファーザー」とは対照的に、全体に血と汗と体臭を感じる作品に仕上がっている。

(余談1)邦題は異なるが、原題は同じ「スカーフェイス」である。だからリメイクなのだが。

(余談2)商品の麻薬に手をつけて中毒になっているのか、痛みを感じる神経が麻痺しているかもしれない。
 
晴雨堂スタンダード評価
☆☆☆☆ 優
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆☆☆ 名作

 
晴雨堂関連作品案内
暗黒街の顔役 [DVD] ハワード・ホークス
  
晴雨堂関連書籍案内
スカーフェイス【MCPP-60025】[スリムポスター]
 
 


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://seiudomichael.blog103.fc2.com/tb.php/254-edced95e

 GTAってゲームがあるんですが、実はこのゲームはかなり暴力的で血もドバドバ飛び散っちゃうようなゲームなので、CERO18ってR-18指定みたいなモンが付いているゲームなんです。  でも、結構人気はあるみたいで、GTAシリーズって全部で6作も出ているんですねぇ。あたし?...
[2009/10/17 19:11] ☆彡映画鑑賞日記☆彡
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
64位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク