FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「ヴェニスの商人」 社会を冷笑したい時に〔12〕 

ヴェニスの商人」 悲劇のシャイロック
 

 
【原題】THE MERCHANT OF VENICE
【公開年】2004年  【制作国】亜米利加 伊太利 盧森堡 英吉利  【時間】130分  
【監督】マイケル・ラドフォード
【原作】ウィリアム・シェイクスピア
【音楽】ジョスリン・プーク
【脚本】マイケル・ラドフォード
【出演】アル・パチーノシャイロック)  ジェレミー・アイアンズ(アントーニオ)  ジョセフ・ファインズ(バッサーニオ)  リン・コリンズ(ポーシャ)  ズレイカ・ロビンソン(ジェシカ)  クリス・マーシャル(グラシアーノ)  チャーリー・コックス(ロレンゾー)  マッケンジー・クルック(ランスロット)  ヘザー・ゴールデンハーシュ(ネリッサ)  ジョン・セッションズ(サレリオ)  グレゴール・フィッシャー(ソラーニオ)  ロン・クック(老人ゴボー)  アラン・コーデュナー(テューバル)  アントン・ロジャース(-)  デヴィッド・ヘアウッド(-)
    
【成分】悲しい 知的 絶望的 切ない 16世紀末  
     
【特徴】シェイクスピアの名作喜劇を映画化。シェイクスピアの時代では悪徳商人を懲らしめる痛快喜劇として親しまれた。そんな物語を殆どいじらず俳優の演技で全く違った解釈で映画化する。
 これは同時に、ユダヤ人=悪という偏見を抱いていたシェイクスピアの人間観察力の鋭さでもある。ユダヤ人を悪であると信じて疑わなかった価値観でありながら、ユダヤ人の心情を理解していなければ書けない台詞があるからだ。このユダヤ商人シャイロックアル・パチーノ氏が熱演する。
  
【効能】民族差別の恐ろしさを体験する。善人に巣食う残酷さを自覚できる。
 
【副作用】舞台の喜劇をそのまま映画にしているので、表現上に無理がありやや説得力が無い。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。
物語はそのままに、
ユダヤ人シャイロックを主人公にした意欲作


 中学生の頃、国語の授業で「ベニスの商人」をテキストにリアリズムについて学んだ。シェイクスピアは16世紀末に大活躍した流行劇作家であり、人間観察や心理描写に卓越した才能を発揮していて、彼が執筆した台詞がそのまま英語の格言や日常の言い回しに使われる。
 
 授業では特に悪役であるユダヤ商人シャイロックの台詞について注目した。まるでユダヤ人の気持ちを代弁しているかのような台詞だった。しかし、シェイクスピアはあくまで現代でいう「人権意識」なんて確立していない16世紀の人間であり、しかもキリスト教国の保守派文化人である。「民族差別」という概念など無く、当然のようにユダヤ人を卑しい悪と認識していた人物である。なのにユダヤ人の心情を理解していなければ書けない台詞が出てくるのだ。これがシェイクスピアの観察力とリアリズムである。

 実際、原作を読むと私はシャイロックに感情移入してしまう。欧米ではシャイロックの言動に怒った観客がシャイロック役の俳優を思わず撃ち殺してしまい我にかえって自殺した事件があったそうだが、そこまで憎しみと怒りをシャイロックに向ける欧米人の神経が理解できなかった。むしろ主人公の危機管理の無いだらしなさを怒るべきで、友人や恋人たちと組んで最初からシャイロックを陥れようとする魂胆ではないのか、とさえ私は思った。
 やはり私は非欧米人・非キリスト教徒の視点でモノを見る人間なのか。シャイロックに怒りを感じてしまうメンタリティーはキリスト教にどっぷり漬かった欧米人の偏狭な常識や価値観からくるものなのか?

 さてこの映画だが、悪役シャイロック役をアル・パチーノ氏が演じる事が決まった時点で制作者の意図は明白である。現代の国際世論であからさまな民族差別は許されない。ましてや主要な映画産業はユダヤ系の資本が支配しているのだ。原作に忠実でも気合はシャイロックに入れるのは当然の成り行きである。まさに初めて原作を読んだ時の私の視点に近い作品になる。

 アル・パチーノ氏の熱演を前にすれば、もはや拳銃をシャイロックに向けて乱射する観客は現われまい。貸した金は返ってこないばかりか、罪人扱いされ、改宗まで強要される。(余談1)何もかも奪われてしまう、まさにボッタクリ・弾圧である。この言葉に表しようの無い屈辱感と無力感と悲壮感をアル・パチーノ氏は表情だけの演技でも雄弁に語っていた。そして無邪気な主人公たちの狡猾で節操の無さ。どちらが主人公か判らない。

 シェイクスピアが執筆し上演された当時は間違いなくシャイロックは冷酷な悪徳商人であり、主人公たちは辛くも機転で難を逃れるばかりか悪も退治する善玉、まさにキリスト教諸国特有の勧善懲悪ものの喜劇だった。
 しかし現代のこの映画では、一見すると悪徳商人のように見えるシャイロックが民族差別から必死に耐えようとする悲劇の商人であり、主人公たちはイケ面で善人面だがいい加減で狡猾で無知蒙昧のおめでたい無邪気で罪な人々なのである。悪意は全く無いが、とんでもない残酷なことを喜々として行っている。つまり差別社会の不条理を雄弁に物語っているだけでなく、「善良な市民」である我々の心に巣くう加害者の側面を風刺しているともとれる映画に仕上がっているのだ。
 さらに驚きなのは、原作を殆ど改編していない。シェイクスピアの洞察力が発揮された形となった。これがやはり名作と呼ばれる所以だろう。

(余談1)同じ時代、イスラム圏はオスマン・トルコの時代だが、多数のユダヤ人が殆ど迫害を受けることなく居住していた。イスラム教は偶像崇拝を禁止しているのであって、それ以外の宗教、とりわけ「親戚」であるユダヤ教は禁止していない。布教活動は認めていないが、税を払えば信仰は許容した。またユダヤ教もユダヤ人のための宗教であって、キリスト教のように広く世界に布教する性格のものではないので、両者の利害は一致していた。
 同時代のヨーロッパでは魔女裁判や異端審問はまだ盛んに行われていたのに対し、イスラム圏では寛大な宗教政策を行っていた。現代とはイメージが逆と思う方も多いと思う。
 
晴雨堂スタンダード評価
☆☆☆☆ 優
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆☆☆ 名作

 
晴雨堂関連作品案内
ヴェニスの商人 オリジナル・サウンドトラック
ヴェニスの商人 [DVD] 市村正親主演
 
晴雨堂関連書籍案内
ヴェニスの商人 (岩波文庫) シェイクスピア
ヴェニスの商人 (まんがで読破) シェイクスピア
 
イギリス・イタリア観光関連サイト
海外ホテル予約『地球の歩き方 ホテルサーチ』
 



 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



これ観に行ってヨカッタです。なかなか見応えのある作品でしたよ。説明するまでもないけど、シェイクスピアの超有名な戯曲の映画化です。公式サイトのストーリー紹介ではヤマ場や結末まで全てネタバレ状態ですから、観客はストーリーを既に知ってるという前提なのかもしれ...
[ 2016/04/16 22:06 ] [ 編集 ]
Auto reviews氏へ

 古典ですからね。古典の映画化とは解釈の違いを楽しむところにありますから。

> これ観に行ってヨカッタです。なかなか見応えのある作品でしたよ。説明するまでもないけど、シェイクスピアの超有名な戯曲の映画化です。公式サイトのストーリー紹介ではヤマ場や結末まで全てネタバレ状態ですから、観客はストーリーを既に知ってるという前提なのかもしれ...
[ 2016/04/17 18:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://seiudomichael.blog103.fc2.com/tb.php/255-c13356d0

 『心に宿して美しいのは、 憎しみよりやさしい愛。』  コチラの「ヴェニスの商人」は、ウィリアム・シェイクスピアの喜劇用の戯曲をマイケル・ラドフォード監督が、アル・パチーノ主演で映画化した重厚なヒューマン・ドラマです。  元々は喜劇、しかも勧善懲悪モノ...
[2009/10/20 13:52] ☆彡映画鑑賞日記☆彡
シェークスピア作品の中でも異色を放つ「ヴェニスの商人」。この映画がなかったのというのは意外だったが、見ればさもありなん・・・だった。 シェークスピア作品には、さまざまなジャンルがある。言わずと知れた悲劇。四大悲劇といわれる作品群は、人間の欲望・ねたみ・...
[2009/10/20 15:38] 迷宮映画館
これ観に行ってヨカッタです。なかなか見応えのある作品でしたよ。説明するまでもないけど、シェイクスピアの超有名な戯曲の映画化です。公式サイトのストーリー紹介ではヤマ場や結末まで全てネタバレ状態ですから、観客はストーリーを既に知ってるという前提なのかもしれ...
[2009/10/20 18:05] カノンな日々
映画館にて「ヴェニスの商人」★★★★ 今さらながらシェイクスピアという人はすごい才能の持ち主だなぁと感心!古典中の古典なのになんて新鮮なんだろう!軽快な部分と重厚な部分のバランスが素晴らしい! とにかく見所が多かった。 まず、16世紀のヴェニスの情景の美?...
[2009/10/20 19:37] ミチの雑記帳
----これってアル・パチーノがシャイロックを演じて話題になってるんだよね。 「うん。彼はシェイクスピアには造詣が深いからね。 自分で『リチャードを探して』という映画も監督しているくらいだ。 そうそう。実はぼくも子供の頃、シェイクスピアが好きで、 『尊敬する人...
[2009/10/20 21:53] ラムの大通り
この金が返せない時は、お前の胸の肉1ポンドを貰う
[2009/10/20 22:11] 悠雅的生活
ひらりんのフェイバリット俳優のひとり・・アル・パチーノ主演。 原作はもちろん、シェイクスピア。 タイトルは知ってるけど、どんなお話かは知りませーーーん。 文学少年じゃなかったので・・・ 英題は「THE MERCHANT OF VENICE」。 2004年製作の文学系ドラマ、...
ウイリアム・シェイクスピアが執筆した37の戯曲の うち、最も人気が高いのが、「ヴェニスの商人」だそうです。 名優、アル・パチーノ、ジェレミー・アイアンズの迫真の演技が、 より一層この作品を高めてくれる。 マイケル・ラドフォード監督の「ヴェニスの商人」 ...
[2009/10/22 02:06] Osaka-cinema-cafe
ヴェニスの商人 監督:マイケル・ラドフォード 出演:アル・パチーノ、ジェレミー・アイアンズ、ジョセフ・ファインズ、リン・コリンズ、ズ...
[2009/10/23 22:11] ひめの映画おぼえがき
ヴェニスの商人 シェイクスピアのお馴染み戯曲「ヴェニスの商人」。 話はおぼろげながら知ってたけど、細かいところは知らなかったので、見てみましたよ。 キャストがなにげに豪華です。 ユダヤ人の金貸しシャイロックにアル・パチーノ。 商人アントーニオをジェレ..
[2009/10/30 08:12] カフェビショップ
新解釈「ヴェニスの商人」と言うより、「シャイロックの悲劇」と名づけるべき、シェイクスピアの意図を無視した作品。でも、正直、仕方ないのかな・・・とは思う。時代により、文化のあり方や人々の嗜好性も変わるものであり、なおかつ人種差別を思いっきり前面に押し出し...
[2009/10/30 15:20] レザボアCATs
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
66位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク