ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

羽生結弦選手の潔い態度。 フィギュアスケート[九十九] 

羽生、一夜明けの一問一答 
悔しくて眠れずうなされていた/フィギュア


 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦NHK杯で4位に入った、ソチ五輪男子金メダルの羽生結弦(19)=ANA=が30日、大阪・なみはやドームで会見した。(サンケイスポーツ)

【雑感】中国杯でケガをおしての強行出場で獲った2位が効力を発揮する。もし棄権していたら、たとえNHK杯で優勝しても進出は不可能だ。現に本大会で優勝した村上大介選手はグランプリシリーズの大会にはNHK杯のみだったと思うので、ファイナル出場の権利は持っていない。

 それにしても、3位以内に入れば確実にファイナル進出といわれていただけに、4位というのは不本意な成績であり、薄氷を踏むような経緯でのファイナル進出権だ。
 羽生自身は演技終了直後の手応えでファイナル進出は絶望だと思っていたのではないか。明らかに画面から判る「終わった」という呟き。あれは素直に「俺の今年のスケートは終わった」という絶望の呟きで正解だろう。けっして「やっと終わった。やれやれ」のホッとした意味ではない。

 インタビューで羽生選手は苦笑いしながら「最下位選手としてチャレンジします」という趣旨の発言をした。前回グランプリファイナルの王者にしてソチ五輪の金メダルリストとしては、自虐ネタ発言だ。

 ただ、負傷や練習量の少なさを理由にしない潔さは、ナルシスト美少年キャラを嫌う人の心を掴むかもしれない。
 中国杯での流血の大ケガがまだ記憶に新しい現状では誰がみても今大会で精彩を欠くのはやむを得ないと思う。それなのに「周囲はケガや練習量の少なさを理由に挙げてくれますが違います。これが私の今の実力なんです」という趣旨のストイックな発言。

 これを聞いて思い出すのは、むかし活躍したスノーボードの五輪選手たち。名前は憶えていない。ただ、出場前は傍目には偉そうに見える態度で風を切り、五輪での成績は評判倒れだった。その後は「自分のスタイル云々」などと訳の解らん発言をしたり、あるいはバッシングで晒されて被害者面したり。(バッシングの内容は非常に気の毒なものだったし、ある選手は元五輪選手とは思えないほどの零落れてしまい、大人の事情に振り回された境遇は同情できる)
 しかし、勝負の前で大きく出てしまったら、それは「背水の陣」なのだ。それが解らない年齢ではない。幼稚園児や小学生なら話は解るが。
 謙虚にふるまえば入賞を逃しても「頑張ったね」と労ってくれるところを、尊大に見られる態度で行けば金メダル以外は許してくれなくなる、基本中の基本の人間心理だ。

 羽生選手の魅力に謙虚さを挙げる人がいるが、羽生選手はけっして謙虚ではない。小学生のころからプルシェンコ選手に憧れ勝負をかける、ナルシスト美少年キャラに似合わない闘争心を隠そうとはしない。
 謙虚というよりは、「勝負」という一点に人生を賭ける素直な情熱だ。昨日の王者は明日も王者とは限らない、勝負の世界は体調不良を考慮しない、これをわきまえているからこその言動だ。前述のスノーボード選手たちは世界トップクラスの技量を誇りながら明らかに「勝負」というものを見くびっていたのである。
 羽生結弦選手は稀代の勝負師だ。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
176位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
77位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク