ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

男優評 菅原文太 「獅子の時代」(1980) 

最も菅原文太本人に近いキャラクター 
會津藩士平沼銑次


獅子の時代
大河ドラマ 獅子の時代 完全版 第壱集 DVD-BOX 全6枚セット
大河ドラマ 獅子の時代 完全版 第弐集 DVD-BOX 全7枚セット
加藤剛演じる欧州帰りの薩摩藩士と
菅原文太演じる叩上げの會津藩士の
コントラストが強烈。


【雑感】菅原文太といえば、広島弁を話すシリアスなヤクザや、作品毎に現れるマドンナにふられてばかりのトラックの運ちゃんなどのキャラが有名だが、私のイチオシはNHK大河ドラマ「獅子の時代」で演じた會津藩士平沼銑次である。

 NHK大河ドラマでよく取り上げられるのは、今も昔も信長や家康といった武将たちのサクセスストーリーである。ところが本作は毛色が全く違う。(余談1)
 この平沼銑次という男にサクセスストーリーはない。本作以前で大河が扱った幕末モノは井伊直弼や勝海舟といった偉い権力者や坂本龍馬といった有名人なのだが、平沼銑次は賊軍として滅ぼされる側の名もなき下級武士である。これまでの大河とは百八十度異なる視点だ。
 銑次は幕末を生き延び、明治に入ってから侍を辞め人力車の車夫をはじめ職を転々とするがいつも騒動に巻き込まれ、そのたびに拷問や苦役を課せられ散々な目に合う。
 最後は秩父困民党に加わり左手で旗を振りかざしながら右手で太刀を持ち軍隊に向かって突撃する。陸軍将校となった弟が銑次の遺体を探すが見つからず、遺棄された「自由自治元年」の旗に兄の筆跡をみる。
 その後、日本各地で起こった官憲と民衆との衝突事件には民衆側に立って闘う銑次によく似た人物を見かける・・、銑次は自由民権闘士のレジェンドになった。

 とまあ、ざっと説明すると以上の通りの物語展開である。
 何故、會津藩士の平沼銑次菅原文太本人に最も近いと主張するのか。ファンなら御存じと思うが、菅原文太氏は「仁義なき戦い」のイメージが強く最近の出演CMでも広島弁台詞を発するので広島出身と誤解される方が多いが、実は仙台出身の東北人である。
 幕末の仙台といえば、伊達中将が藩主の仙台藩藩庁があった城下町。大政奉還後に逆賊とされた會津藩を救済する目的で仙台藩を中心に奥羽列藩同盟が結成された。つまり會津は仙台にとって近しい存在である。
 また関東の人間から見れば大阪弁も京都弁も同じ「関西弁」に聞こえるのと同じで、會津と仙台も言葉はけっして同じではないが「東北弁」に括られる。

 出自だけではない。菅原文太氏の晩年はまるで平沼銑次のように闘っていた。思想は左翼ではなかったと思う。どちらかといえば保守であり、安倍晋三氏のような「右翼革新」ではない。
 反原発を唱え、太陽光発電に熱心。特に最晩年の11月では知事選の沖縄に渡り反自民の候補者で現知事の翁長雄志氏の応援演説をやっている。御高齢で病もちの身体ではそうとうしんどかったのではないか。僅か4週間後に黄泉の国へ旅立たれた。
 なんだか、銑次のように最後の最後までアウトローのままだったような感がする。

(余談1)歴史上実在した人物を取り上げていたが、本作は架空の人物を主人公にしている。
 多くの大河ドラマは戦国時代を題材にすることが圧倒的に多く、それ以外では源平合戦・赤穂浪士・幕末に集中している。本作は幕末から帝国憲法発布の明治中期までを描いており、大河初の近現代史が舞台となった。84年の「山河燃ゆ」で昭和を描くまでは最も最近の時代である。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/12/09 06:36 ] 映画・・男優評 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
205位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
90位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク