FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「ロミオとジュリエット」 カップルで泣きたい時に〔11〕 

ロミオとジュリエット」 恋愛悲劇の代名詞
 

 
【原題】ROMEO AND JULIET
【公開年】1968年  【制作国】英吉利 伊太利  【時間】138分  
【監督】フランコ・ゼフィレッリ
【原作】ウィリアム・シェイクスピア
【音楽】ニーノ・ロータ
【脚本】フランコ・ゼフィレッリ フランコ・ブルサーティ
【言語】イングランド語
【出演】オリヴィア・ハッセー(ジュリエット)  レナード・ホワイティング(ロミオ)  マイケル・ヨーク(ティボルト)  ミロ・オーシャ(ローレンス神父)  ブルース・ロビンソン(-)  ジョン・マケナリー(マキューシオ)  パット・ヘイウッド(-)
    
【成分】泣ける 楽しい 悲しい ロマンチック 勇敢 切ない かわいい コミカル 恋愛 16世紀 イタリア
       
【特徴】執筆された16世紀末当時の現代青春ラブロマンス劇。分別の無い若者の恋と悲劇、体力精力がありあまった若者たちの暴力、スラング猥談だらけの若者言葉、乱暴な例えだが基本ベースは日本で流行った「恋空」「クローズ」と変わりはない。大きく異なるのは、作者は重厚な史劇から軽い喜劇まで描く天才劇作家で、この青春物語を執筆した時期はけっこういい歳だった。作者の人間観察力の鋭さが窺われる。
 原作同様ハイテイーンの俳優がロミオとジュリエットを演じた。特に15歳のオリビア・ハッセー氏は初々しい。
  
【効能】青春時代の熱い恋愛感情がよみがえる。
 
【副作用】単純な恋愛劇で深みが感じられず、がっかりする。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。  
初々しいオリビア・ハッセー15歳
 
 いうまでもなくシェイクスピアの代表作である。4大悲劇よりも有名な恋愛悲劇だ。(余談1)この「ロミオとジュリエット」は戦前から現在に至るまで数多く制作されているが、たぶんこの映画が最も有名ではないだろうか。劇中の宴席で少年歌手が歌う恋歌が作品全体を盛り上げ、サントラ盤発表されると全世界で大流行したためにテーマ曲との誤解も広がった。
 また、以前の映画ではどちらかといえば成人したというより成熟した大人の俳優がロミオとジュリエットを演じていたが、原作の雰囲気を考えれば2人は思春期の少年少女であり、そういう意味でこの作品のキャスティングは適切だといえよう。ロミオ役のレナード・ホワイティング氏は18歳、ジュリエット役のオリビア・ハッセー氏は15歳。特にハッセー氏の長いストレート黒髪と端整な顔立ちは、いかにもイタリア貴族の令嬢らしくて良い。(余談2)
 もちろん、俳優の年齢を下げたことによって演技力の稚拙さが滲んでいるが、逆に未成熟で分別がない若者を表現する効果は生んだと思う。大袈裟な乱闘騒ぎも、いい歳した大人たちよりは幼さが顔に残る若い俳優たちがやると絵になる。(余談3)
 
 このシェイクスピアの「ロミオ・・」よりもこの映画「ロミオ・・」を意識して世界各地でリメイクやパロディが大量に作られるが、これはたぶんにヒロインのハッセー氏の容姿があまりにも作品にはまりすぎて耀き過ぎたからだと思う。演技力にしろ、作品の完成度にしろ、抜群だったとは言いがたい。実際にハッセー氏はその後の作品には恵まれなかったようだし、ホワイティング氏は何処へ行ったのか判らない状態だ。
 特に残念なのは、映画らしさが無かったことである。内容としては舞台でやっても差し障り無い演出と構成だった。台詞回しは舞台劇の域だし、ロミオが窓の外からジュリエットを窺う場面は映画ならではの構図と言われているが、今の舞台やドラマでは技術的に不可能な構図ではない。もっと映画でないとできない表現が欲しいところだ。
 作品の完成度は、ディカプリオ氏の「ロミオ・・」が優れていると思う。
 
(余談1)4大悲劇は「マクベス」「ハムレット」「リア王」「オセロ」。「ロミオとジュリエット」が悲劇の代表に加えられなかったのは、4大悲劇はいずれも重厚な大河ドラマ的史劇であるのに対し、「ロミオとジュリエット」は当時のハイティーンの恋愛劇といったほうが良いからだ。英語に詳しい知人の話によれば、当時のスラングや猥談が沢山出てくるそうで、今でこそ「時代劇」だが本来は「現代劇」の「青春活劇」だったのかもしれない。
 そういう意味では、「ウエストサイド物語」や「パッチギ!」やディカプリオ氏の「ロミオ・・」はリメイク・パロディどころか、原作「ロミオ・・」そのものといっても良い。
 
(余談2)もし、オリビア・ハッセー氏が20年遅く生まれていたら、確実にシャンプーLUXのCMに出演していただろう。ジェニファ・コネリー氏からパドメ・アミダラまで黒髪長髪路線だったから。
 
(余談3)ホワイティング氏とハッセー氏の無邪気で大袈裟な抱擁と接吻も可愛らしくて好感が持てた。後に現代の服を着た2人のスチール写真を見てがっかりしたことがある。たぶん公開直後に発表されたスチールだと思うが、2人とも硬い表情で、ホワイティング氏が似合わない揉み上げを伸ばして煙草をくわえ、ハッセー氏がライターで火をつける写真だった。
 私としては、高校のクラブ活動風にスポーツウェアーを着て笑顔で肩を組んでいる絵にしてほしかった。どうしても大人の魅力を出したいのなら、1920年代のギャングの格好にしてボニーとクライド風が良い。
 
晴雨堂スタンダード評価
☆☆☆ 良
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆☆ 佳作

 
【受賞】アカデミー賞(撮影賞)(1968年) ゴールデン・グローブ(外国映画賞 英語)(1968年)
 
晴雨堂関連作品案内
ロミオとジュリエット サントラ
ロミオとジュリエット [DVD] パリ・オペラ座バレエ
ケネス・マクミランのロミオとジュリエット [DVD] 英国ロイヤル・バレエ
プロコフィエフ:「ロミオとジュリエット」全3幕 [DVD] ボリショイ劇場バレエ団
 
晴雨堂関連書籍案内
ロミオとジュリエット (新潮文庫) シェイクスピア
 
イギリス・イタリア観光関連サイト
海外ホテル予約『地球の歩き方 ホテルサーチ』
 

 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
5位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク