ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

稀代の勝負師、羽生結弦。 フィギュアスケート[一〇〇] 

羽生の恐るべきメンタル面の成熟

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル(スペイン・バルセロナ)で2連覇を果たした羽生結弦(20=ANA)が16日、成田空港に帰国。「楽しかった。幸せな気持ちで滑れたのは何年ぶりだろう」と大会を振り返った。

 先月の中国杯での衝突を乗り越え、日本人男子初の連覇を達成したが、若き王者は「結果として2連覇になったが、皆さんが思っている以上に連覇の喜びはない」と淡々としたもの。7日に20歳の誕生日を迎えたばかりで、心境の変化を問われても「特にないですね。とっくにシニアの選手なんで」。はるか以前から“成人”の心構えができていたようだ。(東スポWeb)


【雑感】こないだの記事でも評したが、羽生結弦選手は稀代の勝負師だ。勝負にかける集中力は今や第一人者といってもいいだろう。

 バンクーバー五輪だったか、スノーボードの一部選手は前評判が高く本人の言動もビックマウス気味だったことが顰蹙を買い、本番では失速してメダルが取れなかったことから世間の大バッシングを受けた。
 技能はあると思う。変に謙虚に振る舞い過ぎて失敗した時の逃げ道に使うよりは、最初に大きく出る事は大した事だと思う。しかしそれをやってしまうと「背水の陣」になってしまうのだ。結果的に勝負を甘く見ていた批難されても仕方がない。自己主張は良いのだが、それは本番の競技で大いにやってもらいたかった。記者会見での言動やだらしない今どきの服の着かたで見せても勝負では何の足しにもならない、と多くの視聴者は思ったろう。

 羽生選手の姿勢は一見すると謙虚に見えるが、かなりごり押しだ。が、流血のあのとき強行していなかったら、ファイナル出場は完全に無かった。
 結果論だが、羽生選手の判断は正しかった。あれだけの成績を残して表彰台の頂上に立たれては、批判を収めて今後の課題としての問題提起程度にせざるを得ない。
 大きく出るところ、強く出るところをわきまえた勝負師だ。

 今や男子フィギュアの第一人者となった羽生選手、私は氷上の哲学者町田樹選手の方を応援していたのだが。早くから才能を開花させ注目されていた羽生選手と違い、やや遅咲きで骨太感のある表情、なにより哲学書を愛読しアスリートであると同時に舞踊家・藝術家として競技をする姿勢に共感をもつ。
 アスリートの多くはコーチの言う通りに練習メニューをこなす、しかし町田選手は振付にも関与し主体性を発揮する。
 できればファイナルで彼が金を獲り、羽生選手は僅差で銀というシチュエーションを期待していたのだが、今回はまだ勝負師羽生の力が遥かに勝っていた。

 男子フィギュアは今回のように高橋大輔選手や織田信成選手の後輩たちがグレードアップして大活躍しているが、女子フィギュアが振るわない。本郷理華選手はスター性が十分あるが、200点越えを果たしてきた浅田真央選手には遥かに及ばない。
 「浅田真央」ブランドで「利益」を得てきたフィギュア連盟やスポンサー企業は真央ちゃん復帰待望論を声高に言い出すかもしれない。

 日本だけではない。ロシアにも真央のシンパが多い。かつて真央・姸兒の2人が表彰台に上がっていた時代は去り、いま再びヨーロッパ勢が占めるようになった。特にロシア勢の勢いが凄い。
 ふと思った。アメリカのアシュリー・ワグナー選手(名前から先祖はドイツ系かもしれない)はいかにも欧米女性の美を象徴するような容姿、スレンダーだが逞しい骨格と可憐な中に鎧のような筋肉が見え隠れ、ダイナミックかつパワフルな競技を披露する。ところがロシアの選手はどちらかといえば真央・姸兒系の体型が多いのだ。長く伸びる華奢な腕と脚、ビールマンスピンが美しい驚異的な柔軟性。藝術性を重視したプログラムが多い。
 またリプニツカヤ選手やラジオノワ選手は以前より尊敬するスケーターの名に浅田真央を挙げていた。

 ロシアは浅田真央や金妍兒の美をかなり意識している。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
46位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク