ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「桂月 蔵出し原酒」 

故郷の酒 「桂月 蔵出し原酒

「桂月 蔵出し原酒」

【雑感】故郷の酒といっても、厳密には違う。

 私の故郷は県庁から見て東北東の物部川流域にあるが、この「桂月 蔵出し原酒」を作っている土佐酒造は県庁からほぼ北に位置している吉野川源流地域の早明浦ダムで有名な土佐町にある。
 都道府県の中で最も狭い大阪府でさえも、神戸と京都に挟まれた北の摂津、京都の影響が強い北河内と奈良文化圏に半分入っている南河内、岸和田だんじりで有名な泉州に分かれていて、それぞれ微妙に使用言語が違う。(地の人間にとってはぜんぜん違う)その大阪よりも高知は遥かに広いので、地域間の差異はもっと大きい。しかも高知全県の人口は大阪の堺市より少ない。

 そんな人口の少ない過疎県でありながら、私が知る限りで醸造所は18もある。いかに土佐人は酒好きか判る。今でこそネット通販をやっているが、基本は地産地消、地で生産したモンは地の人間だけでほぼ消費する。この桂月も基本は土佐町の酒だ。土佐鶴や司牡丹と違って全国へ広く販売展開はしない。全国はおろか高知県下でさえも多くは見かけない。

 さて、高知の酒は辛口が多いとの評判だ。これは本当で、以前に新潟の越乃寒梅がブームになった時に姉がこれを土産に帰省して親戚にふるまったところ、愛想で「美味い」と飲んではくれたが、けっこう露骨に物足りなさを表情に滲ませていた。土佐人に越乃寒梅は甘すぎる。
 が、この土佐町の酒は高知の中では甘口に属する。もちろん、世間からみれば淡麗辛口の部類に入るのだが、私は甘みを感じる。特にこの蔵出し原酒の場合は度数がなんと20度、通常の日本酒は15度前後であることを考えればけっこう高めである。アルコールの甘みと強さからか、一口目の口当たりは爽やかなのだが次第にヘビーに感じてしまう。これを飲んだ後で通常の日本酒を飲むと水増し酒に感じてしまうのだ。

 近所の酒屋にある高知の酒といえば土佐鶴か司牡丹、品揃えの良い酒屋なら酔鯨が加わる程度。高知を旅行されるときは是非高知県下でしか飲めない地酒を賞味あれ。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
53位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク