ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

反体制色を強める沢田研二。 近頃の現象[一〇七〇] 

ファンは呆然 
沢田研二がライブでブチ切れ 
「嫌なら帰れ!」


 「何が起こったのか一瞬わからず、会場は静まりかえりました」(観客のひとり)

 歌手の沢田研二(66)が先週、コンサート会場で突然ブチ切れて、ファンで埋め尽くされた会場を凍りつかせる場面があったという。(日刊ゲンダイ)


【雑感】別にかまへんちゃう。日本の芸能界は政治的発言を忌み嫌う風潮がある。言いたくても言えない芸能人は多いだろう。
 やしきたかじん氏のおかげで右派発言はバラエティ番組などでボチボチ言えるようにはなってきて、少し骨のあるタレントと好意的にみられるようになった。
 が、左派発言もしくは左派的と見なされるような言動は相変わらずバッシングを受けやすい。

 「嫌なら帰れ!」と怒鳴られたファンは気の毒だが、中堅以下のミュージシャンが同じ事をやったら、ヘイトスピーチのヤジで返され収拾がつかんようになるだろうから、沢田研二氏は幸せ者だ。言い返さず黙ってくれるのだから、沢田研二の事を心から憧れているんだろう。たぶん、70年代に青春をおくった50代60代の女性ばかりだったんだろう。

 沢田研二氏も少し気の毒かな。過去のミュージシャンになったつもりはなく、現在も積極的に新曲を発表しているが、ファンのニーズは70年代で止まっている。
 90年代前半、YMОが再結成してコンサートを開き新作を披露した事があったが、集まったファンの反応はイマイチだった。私もテレビかビデオで観た覚えがあるが、前衛的で退屈な曲に聞こえた。70年代末に大ヒットした「テクノポリス」や「ライディーン」を演奏し始めるとファンたちは大喜び大歓声。
 沢田研二氏の場合も、ファンが望むのは彼が20代30代の頃に歌ったヒット曲、自分たちが若かった頃の感動を思い出したいだけなのだ。

 サザンやユーミンみたいにコンスタンスに話題のドラマや映画の主題歌を担当していれば、ファンはついてきてくれるだろうが、そうでなければ「全盛期」の思い出に立ち止まった状態だ。
 さだまさし氏のように歌よりもトークがメインのコンサートであればまだ良いが、沢田研二氏はやはり歌がメインだ。ここはイケズせずもう少しだけ昔のヒット曲を歌うサービスしてあげても良かったと個人的には思う。そうすれば、ファンも護憲や反原発や安倍政権批判を聞いてくれるかもしれない。

 沢田研二個人の問題に限定して苦言を言えば、善良で無邪気なファンに向かって怖い顔をしてしまうと、沢田研二氏が批判の対象としている方々が喜ぶ。つまり利敵行為だ。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/01/27 12:50 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
46位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク