ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

Ballantines Finest 「マッサン」につられてスコッチウヰスキーを飲む。 晴雨堂の晴耕雨読な食生活[百八十五] 

Ballantines Finest 私の定番スコッチ

Ballantines Finest

【雑感】しばらくウヰスキーを断っていたが、「マッサン」に触発されてスコッチをちびりちびり。上記写真はお気に入りのスコッチウヰスキーである。

 何度か当ブログで述べてきたが私はビール党である。ビールが「本職」の酒飲みだが、麦つながりでウヰスキーもよく飲んでいた。
 当初は自分が厨房に立つとき肉の臭みを消すために日本のウヰスキーを買ったのだが、頻繁に肉料理を作る訳では無いので、飲むようなった。始めはサントリーやニッカの安いウヰスキーを、次に高めのローヤル、そして山崎や白州。

 子供の頃からウヰスキーには興味を持っていた。「OK牧場の決闘」でドク・ホリディに扮したカーク・ダグラス氏がカウンターで咳き込みながらショットグラスでクイっとあおる場面が恰好良かった。
 高校生の頃、父に勧められてスコッチウヰスキーを飲んでみた。口や喉に強い刺激を受けるが香りが華やかで酔い心地も良かった。(10代で日常的に酒飲んでいたことになるが時効だ)
 そういった酒飲みの下地が10代の頃にできていたので、程なくウヰスキーのファンになった。

 飲むウヰスキーのグレードがアップしていったのは味や香りにこだわりがあったからではない。酔った後の二日酔いが安酒だと酷かった。これはウヰスキーに限らずビールなど酒全般に言えるのだが、安酒は気分が悪くなりやすい。
 安酒のせいであまり飲んでないはずなのに吐き気をもよおしたことは多々ある。良い酒はいくら飲んでも気分は悪くならない。スコットランドはウヰスキーの本場、社会人になってからスコッチに手を伸ばすようになった。(20代前半で既にこの結論に至ったのは10代から酒飲みだったから?)
 改めてスコッチ各銘柄を飲んでみるとなるほどと思った。比較的安いスコッチでも、日本の中堅以上のウヰスキーと同じくらい美味いのである。日本では高級の山崎や白州がスコッチのコピーではないかと思ってしまう。判りにくい例えかもしれないが、手塚治虫の絵を美大の学生が模写したような感じに思える。抜群のデッサン力なのだが何か足らない。

 最初はブレンデットウヰスキー(モルトウヰスキーとグレーンウヰスキーのブレンド)から飲んだ。30代に入ってからはシングルモルト(1か所の醸造所でつくったモルトウヰスキー。ブレンドしない)に興味を持つようになり、ほのかに甘い香りがするポートカスクやマッカランから始め、正露丸のようなヘビーなスモーキーフレーバーのラフロイグが気に入ってしまったが、今は再びブレンデットに落ち着いている。

 バランタインがお気に入りになったのは至極簡単。近くの酒屋で手に入りやすく安い値段で売っているスコッチの中で最も気に入った味と香だからだ。
 以前は1万円もする17年を飲んでいたが、今は千円程度で買えるファイネスト。しかも上記写真のバランタインは購入してから10年近く経っているのに8割ほど残っている。

 なぜそんなに経ってしまったかと、齢40になる手前で吐き気をもよおして身の危険を感じたからだ。たぶん、食道が荒れていたのだろう。
 食道を荒らさないためには、場末のスナックで飲む水割りのようにドボドボに薄めるべきだが、私はスコッチの芳香を台無しにする水割りは嫌いだ。(余談1)ロックも香りと味が損なうような気がして嫌だ。やはりショットグラスでストレートで飲む主義だった。さもなくばテイスティング用のグラスでマッサンのように首を傾げながら芳香を楽しむ飲み方が好きだった。通ぶっていると知人から突っ込まれた事があったが、実際に片方の鼻の穴で交互に嗅ぐと、芳香がステレオで感じられるような気がしたからで、当ブログの読者諸氏も試されてはどうだろう。
 スコッチは香りを楽しむ酒である。断じて酒に強い事を誇示するための酒ではなく、そんな飲み方をする者は似非酒飲みだと私は思う。
 しかし飲み過ぎはまずかった。食道が荒れてからというもの、日常的にスコッチを飲むのは止めてしまった。年に一回程度、友人と飲むくらいに留めている。

スキットル

 因みに上記写真の金属製のボトルはスキットルと呼ばれる容器だ。ワイルドな映画によく登場するアイテムでウヰスキーを入れるための「水筒」である。
 高級品になると銀や錫でできたものがあるが、私のは登山用品店で購入したチタン製。購入して最初に入れた酒がバランタイン12年なので、縁起を担いでこのスキットルにはバランタイン12年しか入れない。

(余談1)しかしウヰスキーと水の割合を1対1にする水割りだと、逆に芳香の色合いが判りやすくなって良いと知人のバーテンダーの奥さんから教えてもらった。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
48位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク