ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第1963回「 映画は迫力のある映画館派?まったり家で見る派? 」 晴雨堂は不本意ながら自宅鑑賞派である。 

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当の森です今日のテーマは「 映画は迫力のある映画館派?まったり家で見る派? 」です。みなさん映画は観られますか私は月に2、3作品ほどは観ます映画館にはあまり行かずレンタルDVD屋さんで借りて観ることが多いです家でまったりしながらの映画鑑賞は至福ですみなさんは映画を観る時は迫力のある映画館派?まったり家で見る派?ぜひトラックバックで教えて下さいトラック...
FC2 トラックバックテーマ:「 映画は迫力のある映画館派?まったり家で見る派? 」



【雑感】多くの諸兄達は「映画とは映画館で観るべき。DVDや地上波放送などで自宅TVでは映画観賞とは言えない」と強弁する。
 私はその都度、「そんなに偉そうに言うんやったら、エラそうな発言をした人間にふさわしく俺に映画館チケットを無償援助するくらいの度量みせんかい」と言い返す。相手が何か反論でも言おうものなら「貴様はつまり貧乏人は映画みるなと言ってる訳や。エゲツない奴やな!」と大声で周囲に聞こえるように再反論する。
 実際、「映画館で観るべき」というのは、イコール「貧乏人は映画を観るな」なのである。諸兄達はその事を肝に銘じるべきだ。

 何度も当ブログで言及してきたが、私は本来映画館鑑賞派である。映画館で鑑賞する事ができればそれに越した事はない。しかし残念なことに時間も金銭も限られている。特に私が観たいと思う映画は世間でいうマニアックなものなので近所のシネコンでは上映しておらず、大阪の都心のミニシアターまで出張らねば観れない。そうなると交通費も発生する。
 大阪や東京といった大都会では当たり前のように近所にシネコンがあるが、私の郷里ではそのシネコンすら県庁所在地までいかないと無い。車で行けば1時間はかかってしまう行程、バスや電車を乗り継いでいけば3時間程度はかかる。映画館での鑑賞は1日作業になってしまう。

 映画観賞は現時点(2015年)の物価で通常は1800円かかる。月一に映画を楽しむ程度であればさしたる負担ではないが、私のように何本も観る人間だとたちまち家計を圧迫する。
 なので選別をせざるを得ない。これも何度か当ブログで述べたが、「ベン・ハー」や「スパルタカス」や「ブレイブハート」などのスペクタクル歴史超大作は自宅TVの小さなモニターでは臨場感は出ないし、せっかくの贅を尽くした巨大セットや数千人以上のエキストラで描いた群衆シーンを体感できない。こういった作品はやはり巨大スクリーンと音響設備が整った映画館で観たい。
 だが、「東京物語」や「一二人の怒れる男」といった狭い下町や室内が舞台になっている作品は、無理に映画館で観なくても自宅の小さなTVで十分だ。さらに「ダーク・スター」の舞台はモノが散らかって不潔で男臭そうな大学のクラブハウスみたいな宇宙船内部なので、映画館よりも私の散らかってモノが溢れている狭い書斎のほうが相性が良い。

 金銭と時間の都合で、どうしても映画館でないと作品の面白さや凄さを体感できない作品と、別に自宅のTVでも差し障り無い作品とを選別せざるを得ない。そして多くは自宅鑑賞で済ます。
 近頃はレンタルDVDだけでなく、GYAO!などは無料ネット配信されているので、手軽に書斎での鑑賞が可能となった。今は妻子が就寝している間に、こっそり深夜に鑑賞する日々をおくっている。 

晴雨堂関連作品案内
紹介方法は晴雨堂の思い入れの強さが反映しています。



東京物語 [DVD]
十二人の怒れる男(コレクターズ・エディション) [DVD]


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
濡れ場のある映画も自宅のほうがいいですね。
[ 2015/05/05 15:27 ] [ 編集 ]
うろぱす氏へ

> 濡れ場のある映画も自宅のほうがいいですね。

 そういう映画は家族が寝静まった丑三つ時にイヤホンつけてコソコソ観ざるを得ません。

 試写室ならティッシュ片手に伸び伸びと鑑賞できますが、安いといっても5時間2千円弱しますので、これはこれで家計を圧迫します。
[ 2015/05/05 17:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
143位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
64位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。