FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「千夜一夜物語」 絶望から脱出しよう〔19〕 

千夜一夜物語」 
虫プロがおくる「大人アニメ」



 
【亜題】ألف ليلة وليلة
【英題】Arabian Nights Entertainments
【公開年】1969年  【制作国】日本国  【時間】128分  【監督】山本暎一
【原作】
【音楽】富田勲
【脚本】手塚治虫 深沢一夫 熊井宏之
【言語】日本語
【出演】青島幸男(アルディン)  芥川比呂志(バドリー)  岸田今日子(ミリアム)  小池朝雄(カマーキム)  橋爪功(アスラーン)  三谷昇(ジン)  加藤治子(ジニー)  遠藤周作(女奴隷市の野次馬)  吉行淳之介(女奴隷市の野次馬)  北杜夫(女奴隷市の野次馬)  筒井康隆(女奴隷市の野次馬)  小松左京(女奴隷市の野次馬)  大宅壮一(元老院議員)  佐賀潜(元老院議員)  大森実(元老院議員)  前田武彦(競馬シーンの観客)  野末陳平(競馬シーンの観客)  立川談志(競馬シーンの観客)  大橋巨泉(競馬シーンのダフ屋)  木崎国嘉(ヤブ医者)  安藤孝子(女護ケ島の女(蛇))  スマイリー小原(-)  劇団雲(-)
    
【成分】泣ける 笑える 楽しい 悲しい ファンタジー スペクタクル ゴージャス ロマンチック 不思議 パニック 不気味 勇敢 絶望的 切ない セクシー かわいい かっこいい コミカル 4世紀?~7世紀? 中近東? アニメ
       
【特徴】千夜一夜物語」のアニメ化、しかし子供向けのアニメではない。虫プロが社会に対し挑発的とも思える姿勢で制作した大人のアニメ。当時としてはきわどい性描写が話題となった。主人公の浮いたり沈んだりの波乱万丈物語が素晴らしい。
 当時のアニメ作品には珍しく、声優には青島幸男氏をはじめ北杜夫氏や遠藤周作氏など、いまの現代国語の教科書に載るような文化人たちの出演で占められており、手塚治虫氏を中心に当時の日本文化を担う新進気鋭の文化人が総力を結集して制作したような作品、少なくとも手塚治虫氏の野心を若手文学がこぞって応援したのは間違いない。気合の入れ方は半端ではない。
 作風にはディズニーアニメに対する敬意とライバル心が覗いている。
  
【効能】主人公の飄々としたスタイルに励まされる。
 
【副作用】サクセスストーリーでないオチに不満を持つ人もいるかもしれない。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。  
性描写に挑んだ大人アニメ
 
 アニメ史では本格大人アニメと位置付けられているが、いま観ると「文藝アニメ」だ。今でこそ宮崎アニメの活躍でアニメの地位は上がっているが、当時は子供が観る幼稚なものと定義づけられていた。全く不当な評価である。声優陣には現代国語の教科書に載りそうな名前がずらりと並ぶ。当時の日本文化を担う若手文化人たちが総力を結集して制作したような感がある。
 
 製作総指揮は手塚治虫氏。ヤフーデータには載っていないが、なんと「アンパンマン」のやなせたかし氏が美術監督としてキャラデザインを担当している。高知県のアンパンマン・ミュージアムには口紅をつけた色っぽいドキンちゃんのイラストが飾られているが、この「千夜一夜物語」のヒロインに面影があるかもしれない。
 絵の動きはさすが虫プロで、今観ても遜色はない。手塚治虫氏はディズニーアニメに対して劣等感を抱いていたようだが、私はその必要は無いと思っている。
 
 手塚治虫氏は実験的な試みを行っているが、この作品で評判となったのは性描写だ。美女に姿を変えた蛇の妖怪たちが住む島にたどり着いた主人公が、四六時中セックスに耽る場面がある。残念ながらTV放送時では問題のシーンはカットされたが、むしろカットのおかげで気だるい暑い真夏の陽射しの下で主人公が美女たちと戯れる場面が情感豊かになったのではないかと思う。(余談1)
  
 主人公は数奇の冒険を経て、大金持ちの国王陛下に出世するが、最後に再び地位も財産も失ってしまう。既に老人となった主人公だが、絶望することなくとぼけた風情で再び人生をやり直す旅に出る。主人公の声を担当した青島幸男氏の楽天的な声がよく似合っていた。
  
(余談1)全裸の美女たちが大勢登場して主人公と酒池肉林の日々をおくる場面の原画は、手塚治虫氏自ら描いている。
 カットされた問題場面を観る機会があったが、動きは生々しいものの藝術的な映像なので全くポルノには見えなかった。たぶんに当時の社会に挑戦する実験的映像で、作品構成から観て無理に挿入する必要は感じなかった。
 
晴雨堂スタンダード評価
☆☆☆☆ 優
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆☆☆☆ 金字塔

 
晴雨堂関連作品案内 
クレオパトラ [DVD] 手塚治虫
哀しみのベラドンナ [DVD] 山本暎一
 
晴雨堂関連書籍案内
千夜一夜物語 バートン版 全11巻
 

 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
107位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
51位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク