ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

小沢一郎氏が零落れたのか、それとも山本太郎氏が凄いのか? 近頃の現象[一一〇九] 

山本太郎「北斗の拳」風ポスター制作、 
「これを認めてくれる小沢さんはスゴイ」


 生活の党と山本太郎となかまたち」の山本太郎参院議員(40)、小沢一郎衆院議員(72)の両代表が19日、都内で会見。新しい政党ポスターのデザインを初披露した。

 今国会で公職選挙法が改正され、来年の参院選から選挙権を持つ年齢が18歳以上に引き下げられる公算が高いことから「若い人たちを含め、これまで政治に興味を持っていない人たちにも注目されるようなものを」と山本氏がデザインを公募し、決定。「あなたの生活を守る!」のメッセージと共に、人気漫画「北斗の拳」をイメージさせる筋肉隆々のイラストの顔の部分に、両代表の顔写真が貼り付けられている。(スポーツ報知)


【雑感】巨大与党を取り仕切った若き剛腕幹事長小沢一郎氏、長老から総理候補として打診されるも若輩を理由に断った保守のエースだった。自民党を飛び出してからは細川連立内閣や巨大野党新進党をプロデュースしていると噂され常に政界の渦を巻き起こし続けていた大政治家であったことは誰もが認めることだろう。

 小沢一郎氏のその力を利用しようと近寄った小渕恵三総理は自民党と小沢氏の自由党との連立政権で揉め、そのタイミングで健康を害し倒れてしまったので世間は「小沢によって命を縮めた」と騒いだ。
 民主党に小沢一郎氏を取り込んだ鳩山由紀夫氏や菅直人氏に対して世間は「逆に小沢一郎氏に吞み込まれる」と冷ややかな視線を投げた。実際、民主党の政権運営は小沢氏に振り回された感がある。
 小沢一郎氏の秋波を受け神輿となった感のある滋賀県の嘉田由紀子氏などは「小沢一郎さんを使いこなせずに官僚を使いこなすことはできません。」と記者たちに啖呵を切ったが、結局使いこなせず小沢氏とは袂を分かつことになった。

 このように、小沢一郎氏の力を利用しようと近寄った大物政治家たちは、みな大火傷をしてその後の政治家生命を危うくする羽目となった。

小沢一郎と山本太郎。

 ところがである。このところ様子が変わってきた。小沢一郎氏自慢の強固な票田が、民主党の零落と安倍自民の躍進で崩れ縮小している印象があるがそれだけではない。
 山本太郎氏との共闘が今までの小沢一郎らしくないのである。まず党名からしてなんじゃこりゃ!なのだ。「生活の党と山本太郎となかまたち」なんて党名というよりスターの名前を冠したグループサウンズか演歌グループみたいである。そもそも個人名を政党名に盛り込むなど信じられない。
 小沢一郎氏率いる生活の党を最初に挙げているとはいえ、その後に続く「山本太郎」という個人名はよく目立つ。小沢氏はよくこの条件を呑んだものだ。

 勢力がジリ貧になって、とうとう小沢一郎氏はなりふり構わない挙に出たのか? とはいえ、かつては巨大政党自由民主党の幹事長を務めたほどの大政治家である。名のある政治家、一軍を率いる政治家たちを振り回し続けた政治家である。それが山本太郎氏のペースに乗せられているように見えるのだ。
 小沢氏と関わって大火傷した政治家たちはみなそれなりに齢を重ね、政権党の党首や一国の総理を務めたり、県政で実績を重ねた知事であったりする。彼ら彼女らに比べて山本太郎氏は歳も若く政治家としての経験も浅く、政党という一軍を率いてきた将でもない。売れっ子俳優の座を捨て政界に単身飛び込んできた一匹狼的若武者だ。

 私はふと昔のコンビを思い出す。ドラキュラ物の映画や舞台で一世を風靡した俳優ベラ・ルゴシ氏、晩年は仕事に恵まれず薬品中毒と零落れたが、そこへやってきたのが後世は伝説の最低映画監督と名高くなるエド・ウッド青年である。
 零落れたとはいえかつての大スターが無名の素人監督の下で出演するなんてあまり無いことなのだが、ベラ・ルゴシとエド・ウッドのタッグは史実である。

 小沢一郎氏と山本太郎氏のコンビは似ているのだ。かつての大政治家と俳優あがりの素人政治家、エド・ウッド監督の手法は素人に毛が生えたお世辞にも良いとは言えないものだが、ゲリラ的に無許可でロケをやったり、得意の根拠の無い自信と口の巧さで人を巻き込んで金を集めて撮影をする、映画制作への情熱は抜群だった。晩年のベラ・ルゴシ氏もそんなエド・ウッド監督に惹かれたのだろう。
 同じように山本太郎氏の手法も政界の常識からいえば無茶苦茶。特に園遊会で今上陛下に封書を手渡すなどはルール違反、護憲派の風雲児だった辻元清美氏が常識人に見えてしまう。

 良い悪いは別にして、魅力あるコンビだと思う。一郎・太郎のゴロも良い。

晴雨堂関連作品案内
エド・ウッド・コレクション [DVD]・・エド・ウッド監督作コレクション。最低映画監督として名高い人の作品なので、鑑賞の際はそれを心に留めおかけた方が良いだろう

エド・ウッド [DVD]・・ジョニー・デップ主演のエド・ウッド伝記映画。「スパイ大作戦」や「スペース1999」のマーティン・ランドー氏がベラ・ルゴシ役で出演。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/05/20 05:15 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
69位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク