ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

酒鬼薔薇聖斗こと元少年A著「絶歌」 太田出版から刊行。 近頃の現象[一一二一] 

酒鬼薔薇事件」の 
元少年A、手記で心情明かす


 1997年に兵庫県神戸市須磨区で起きた「神戸連続児童殺傷事件」から約18年。加害男性「元少年A」が自らの心の内をつづった手記『絶歌』が6月11日、太田出版から発売される(一部書店ではすでに店頭に並んでいる)。価格は1500円(税別)。
 児童2人が殺害され、3人が重軽傷を負った同事件は、加害者が当時14歳の中学生だったこともあり社会に大きな衝撃を与えた。犯行声明文に書かれた名前から「酒鬼薔薇聖斗事件」とも呼ばれる。
 ネットでは手記の刊行を受け、「印税はどうなるのか」「遺族のことを考えると出版は許せない」「賛否両論あるけど、気になる」など波紋を呼んでいる。(ITmedia eBook USER)


【雑感】もし私が遺族に近いポジションの人間なら、本のタイトルを見るなり「なに気取ってんねん!ふざけよって!」と思うだろう。
 よくもまあ、この期に及んで「絶歌」なんてお洒落なタイトル考えつくもんやなぁ、こういうところから反省して変えていかんかい、本を書く前にやらなあかん事は山ほどあるはずや、酒鬼薔薇の頃と変わってないんちゃう、といった感じで憤る。

 これは英会話学校講師リンゼイ・アン・ホーカー氏殺害事件の犯人市橋達也が書いた「逮捕されるまで 空白の2年7カ月の記録」 (幻冬舎文庫)と同様の不快感と好奇心を抱く。
 遺族の身になれば、おぞましい物体でしかない。市橋達也もそれは自覚しているのか、彼の文章力とセンスであればもっと短くて詩的なタイトルを考える事ができたと思うが、遺族や世間の批難を緩和させようと気を使って事務的表現に留めようとしている。しかし「空白の」という文言が演出臭い。演出臭いと「こいつ自分を美化してるんちゃうか」と疑われ不快感を抱かせる。
 元少年Aの手記になると「絶歌」だ。まるで詩集か小説のタイトル。遺族側でなくても、この元少年Aは果たして反省し更生しているのだろうかと疑ってしまう。(余談1)

 だから不快感を抱く。同時に第三者としての好奇心も隠せない。市橋の場合、着の身着のままの状態で逃げ出しながら何故2年以上も逃げる事ができたのか、逃亡中は何をしながら食い繋いできたのか、どんな気持ちでどこに居たのかを知りたい衝動にかられる。
 元少年Aも、どんな闇があるのか知りたい。酒鬼薔薇事件の未来を描いたとの評判の荒木スミシ氏の小説「プラネタリウムに星がない」と読み比べてみたい欲求が生じてしまう。この物語は犯人の子供を主人公としているようだ。

(余談1)知人から聞いた話だが、秘書給与不正で失脚したある政治家は、失脚前はDМに派手で達筆そうなサインをしていたのに、失脚直後の署名は平凡な楷書になっていたそうである。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/06/11 03:46 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
48位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク