ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

美少女アイドルユニット制服向上委員会が自民党批判か、やるな。(笑) 近頃の現象[一一三三] 

イベントで自民批判の曲 
大和市が後援事後取り消しへ


 護憲団体「憲法九条やまとの会」が開催したイベントについて、大和市がイベントへの後援を事後に取り消す方向で検討していることが23日、分かった。イベントでは、アイドルグループが自民党を名指しで批判する歌詞を繰り返し歌ったため、「公共の自治体としてどうか」と自民市議らが抗議していた。市は「特定の政党を批判する内容は問題があるのではないか」と話すが、九条の会は「自由な意見を出し合うのが重要。後援すべき」と反発。市によると、事後の後援取り消しは異例という。(カナロコ by 神奈川新聞)

【雑感】美少女アイドルが今どきのJKファッションで自民党を名指し批判するのは気持ち良い。そういう反骨のアイドルを観ると応援したくなる。

制服向上委員会。
制服向上委員会HP参照。

 基本、芸能人は政治色を出さない。出す場合はどちらかといえば体制寄りに出す。そうしないと仕事がぐんと減ってしまう。
 同じ反骨キャラでも、右寄りのやしきたかじん氏は冠番組を数本持てたり、橋下徹氏は政治家になってからもメディアへの露出度は高いまま。が、左寄りの中村敦夫氏はMC降板。山本太郎氏は反原発界では超有名人だがTVでの露出度はぐんと減った。当人たちの性格や趣味の問題もあるかもしれないが、左寄り反骨キャラはTVから遠ざかる。
 TVは多少右寄りの発言をする芸能人は許容するが、左寄りの芸能人は排除する傾向にある。これは保守から左寄りと観られているテレ朝やMBSでも同じ。そもそも大手スポンサーが離れていくだろうし、スポンサーに気兼ねする芸能プロが許さない。

 制服向上委員会が自民批判を行ったのは、グループとしての方針なのか所属事務所としての方針なのかは判らない。少なくとも言えるのは、このユニットの仕掛け人たちは独自レーベルを設立してインディーズ系で売り出しているので、大手には依存していない。
 また、ユニット結成から十数年後の2006年ごろから護憲・反戦・反原発色を強めていて、ユニット会長の橋本美香氏はソロとしても左派系の活動が目立つ。
 つまり、結成初期は知らないが今は左派護憲市場で活躍するアイドルである。膝上十数センチのスカート履いている時もあるし、この手の企画はフェミニスト勢力が異論や反対を唱えそうだから、よくぞやったと讃えたくなる。

 というのも、市民運動時代の20年前に私はとある小会議の席で冗談半分に「美少女アイドルユニットをつくって宣伝工作してはどうか」と発言したら、古参運動家からは「ふざけるな」「奇異に感じる」と批難され、フェミニストのオバチャンからは「女性差別の臭いがする」とか「ジェンダーから解放しようと頑張っているのに、あんたは女性を物扱いしてる」と人格異常者呼ばわりされた。
 今回の制服向上委員会を観ていると、私の意見の正しさが証明されたといえる。
 余談だけど、きっと私のように先見の明を示した若者が大勢いて、その殆どが老害や偏狭者からの雑音と妨害で潰されていくんだな、とつくづく思う。そして一握りの人間が、いやひと摘みの人間が私と違って希望と行動力を信じて諦めずに前進して成果をあげるんだろうな、と思う。


 さて、長い前置きと余談を終えて本題に入る。上記紹介した記事だけを見れば、まるで憲法九条やまとの会の人たちは頑迷で自分勝手なように感じる。
 自民系の市議の言い分は実は理に適っていて、自民党を批判するイベントを市が後援するという事は、即ち自治体も自民を批判していると見なせるのだ。自治体には自民批判の住民もいれば支持する住民もいる。議会で議決した訳でもないので、市が自民支持市民の気持ちを蔑ろにして勝手に反自民姿勢をとった、とも解釈できる。
 制服向上委員会を支持する側は「歌を歌っただけで後援とりけしはおかしい」といった意見が目立つが、それは論理のすり替えだ。

 ついでに言わせてもらえば、護憲派勢力の団体やグルーブは責任の所在を曖昧にする肩書を多用する。問題の憲法九条やまとの会制服向上委員会は責任の所在明白な肩書を用いているが、多くの団体は「リーダー」「窓口係」「代表連絡先」といった具合にイメージをぼかしたり軽くしたりする。明確な肩書を用いていても「共同代表」といった具合に複数制にするので、誰が最高責任者なのか外からは判りづらい。その為かどうかは言いきれないが、どうも「共催」「協賛」「後援」「協力」の意味をいい加減に考えている人が多いような気がする。

 ただ、報道では割愛されているが、主催者側の斉藤竜太事務局長(76)は「たとえ、『九条の会は諸悪の根源』と歌うグループが出るイベントに市が後援を出しても、やぶさかではない」とも言っている。一応、御自分の立場は自覚されているようだ。
 しかし私の経験上、斉藤氏個人はそういう「大人の意見」であっても、他の人はどうなのかは大いに疑問だ。抗議した自民の市議と同レベルの人間が大半ではないかと思うが。屁理屈つけたり拡大解釈飛躍解釈で行政が行う事に難癖つけるのが常だと保守系市民は見なしている。
 市民運動をやっていた当時の若い私が主催責任者だったら、「公務員は憲法に宣誓する。即ち憲法に忠誠を誓うという事である。我々は護憲団体である。後援する責務が貴様ら自治体にはあるのだ」と吹っ掛けたかもしれない。後援で難癖つけた自民と似たり寄ったりの迷惑な屁理屈だ。それに比べれば、斉藤竜太氏は大人の正論だろう。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/06/24 12:19 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
162位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
71位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク