ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

参院選挙区、島根と鳥取が、高知と徳島が合区で消える? これは都会人の横暴だ! 近頃の現象[一一三八] 

自民・谷垣幹事長、「合区」導入に理解

 参議院の「1票の格差」を是正するための選挙制度改革をめぐり、自民党の谷垣幹事長は、隣り合う選挙区を1つにまとめる「合区」の導入に理解を示しました。

 「今までの議論の中で、そうしないとボールが出せない所にきているのは認めざるを得ない」(自民党 谷垣禎一幹事長)

 谷垣氏は鳥取県境港市でこう述べて、選挙制度改革をめぐるこれまでの各党の議論を踏まえて、隣り合う選挙区を1つにまとめる「合区」の導入に理解を示しました。
 これまでの議論で、鳥取県は隣接する島根県と「合区」にされる案が軸になっているため、自民党の鳥取県連は「反対」の立場を取っています。
 谷垣氏は「人口の少ない所、高齢化の進んでいる所の声が国会に届かなくなってはいけない。どうやって調整できるか、何とかボールを出さないといけない」と述べて、打開策を検討する姿勢も示しています。(TBS系)


【雑感】以前より危惧していたが、とうとう現実味が強くなってきた。どいつもこいつも耳障りの良い言葉に流されて大馬鹿やっている。

 私は「一票の格差」と「定数削減」を同時に行うことには大反対である。そんな事をすれば過疎県から議員を出せなくなる。議員が出せなくなるということは、過疎県の発言力が無くなるということである。鳥取と島根と高知は以前から標的にされている過疎県だ。
 一票の格差を是正するのであれば定数を増やすべきだと考えている。定数を削減するのであれば、大都市圏の定数から削減するべきだ。同時に行うのは無いものねだりだ。
 東京や大阪だけで国家が回っているのではない。地方が疲弊すれば東京や大阪に供給している水や食糧の生産が滞る。海外から買えばいいと愚かなことをいう輩がいるが、度を越した異常気象に食糧輸出国がダメージを受けたらどうなるのか。自国民を餓死させてまで食糧を売る馬鹿はいない。それにこの20年の経済停滞で、銭で買えばいいなどと楽観はできない、日本に買う銭が無くなる事もあり得るのだ。

 さらに過疎県の多くは「国境」を担っている。古くはソ連、北朝鮮・韓国、近年顕著になってきた中国の動きをみれば、地方を捨て置くことは国防の観点からも危険であるのは明白、地方を切り捨てるような政策をしたかと思えば国境線の危機を叫ぶとは頓珍漢だ。

 百歩譲って衆院での一票の格差と定数削減を行うのはやむを得ないとしよう。衆議院とは読んで字のごとし民衆から選ばれた議員によって構成される議会だ。だから主権者が投じる票に格差が生じるのは問題なのは解る。
 だが参院はいわゆる上院である。衆院や下院とは最初から目的もシステムも違う議会だ。各地方・各州や県あるいは貴族制の国では各階級から選出された代表でもって構成される性格を持つ。最初から人口比には比例しない。だから私は5人区の東京選挙区も高知と同じ1人区にしたら良いとさえ思っている。人口と財力のある東京も人口が少なく財力が乏しい高知や鳥取や島根も平等に議会の土俵に立てる。衆院で見落としがちの問題を参院は拾える。
 ところが参院まで一票の格差を当てはめてしまったら、何のための参院だ。これではますます衆院のカーボンコピーではないか。

 旧革新系勢力には失望した。都会の自治体では「定数削減は少数者の声を圧殺する」と主張しているくせに、国会では「定数削減」「一票の格差解消」の同時進行に異を唱えない。むしろ自民党の地方組織が頑張って抵抗している。
 法曹界にも失望だ。目先の権利問題に気を取られて気でも違うたか!

 こんな都会人の無知蒙昧の横暴と近視眼的愚策が蔓延るようなら、地方も国から分離して中国や韓国に秋波を送りながら東京政府を強訴してはどうか。借金踏み倒しとロシアと中国への接近でEUを脅しているギリシアを見倣ったほうがいいかもしれない。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/07/07 13:24 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
162位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
71位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク