ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

自閉症の人、方言話さない傾向? 自閉症だから方言を話さないというより、方言が母語でないのが原因と私は思う。近頃の現象[一一五四] 

自閉症の人、方言話さない傾向 
弘前大教授らが調査


 自閉症スペクトラム(ASD)の人は方言を話さない――。教育・医療現場のこんな「印象」が国内各地で共通することが、弘前大教育学部の松本敏治教授(特別支援教育)らの調査でわかった。方言には相手との距離感を表現する側面があり、社会性の発達障害であるASDには習得が難しいのではないかと松本教授らは考察。研究結果は療育支援などに役立つ可能性があるとしている。(朝日新聞デジタル)

【雑感】自閉症に罹患した経験は無いが、似たような憶えのある人は意外に多いのではないか。

 たとえば引っ越しや転校なので新しい土地に移った時、言葉はどこの言語を話すか? 地の言葉が抑制されて標準語傾向になるのではないか。
 私の幼馴染は中学生の時に大阪から東京へ引っ越した。転校先の級友から「大阪弁で話せよ」と言われたが出なかったという。同じような経験は私も何度かある。高知から和歌山に越したとき、和歌山から大阪に越したとき、地の言葉を無意識に抑えて標準語になる。
 チャリンコ旅行をしていた時、野営場所に警官がやってきて職務質問された。そのとき警官が言った言葉は今も覚えている。「大阪ですか。でも言葉に関西訛りが全くありませんね」
 警官の言うとおりだったら、私は完璧な標準語を話していた事になる。

 それと東京へ越した幼馴染と私との共通点は、父親の仕事の関係で転校が多かった事があげられる。誤解を恐れずに言えば、幼馴染も私も経済的に「中流」で親族身内に大卒者が多い家庭に育った。
 これはけっこう大きいと思う。裕福ではなくとも子供の教育にこだわる。正しい礼儀作法や正しい標準日本語を覚えさせようとする。言葉を覚え始める2歳から3歳の時期に習得した言語、たぶん幼馴染も私も方言ではなかった可能性がある。転校の多さによって方言が母語にならず第二言語化した。

 家族が標準語を話さず方言のみであれば、自閉症罹患者も方言で話すはずだ。標準語が確立されていない江戸時代以前であれば、日本人はみなお国言葉や階級の言葉しか話す機会は無く、仮に自閉症患者がいたとしても方言しか話さなかったはずではないか。
 我が郷里の英雄坂本龍馬は幼少のころは身体が弱く引きこもりがちで発達障害ではないかとの説もあるようだが、これが事実だとしてもおそらく龍馬は土佐弁しか話さないだろう。なぜなら標準語なんぞ存在しないからだ。

 いま息子が3歳だ。連れ合いも私も息子に話しかける時、何故か方言が引っ込んで標準語的な話し方になる。NHK教育の「おかあさんといっしょ」や「いないいないばあ」などのキッズテレビも使用言語は完全に標準語、たぶん通っている保育園の保母さんたちも大阪弁ではなく標準語的話し方で接しているだろう。
 つまり標準語が母語で、それと並行して周囲との関わり合いの中で方言も習得している状況ではないかと思っている。前述の幼馴染も私も基礎言語が標準語で、大阪弁は母語に限りなく近い第二言語だ。おまけに引っ越しを繰り返しているため、母語に限りなく近い第二言語が複数ある。私の場合はそれが高知弁であり新宮弁であり摂津弁であり泉州弁であったりする。
 新しい土地へ行って一種の緊張感ある孤立状態に置かれると、無意識に方言が引っ込んで標準語になる。


 松本敏治氏のようなプロの研究者ではないので私の説には証拠能力は無いが、体験談としてヒントにはなると思う。 


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/07/31 06:46 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
148位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
70位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク