ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

マクドのカサノバ社長よ、もはや起死回生の策は君が社長の肩書のまま経営から離れて三枚目外タレになる事だ。 近頃の現象[一一六一] 

顧客離れ、苦しみもがくマクドナルド 
12日にてこ入れ策発表へ


 日本マクドナルドが7日発表した7月の既存店売上高は前年同月比12.6%減と、18カ月連続でマイナスとなった。使用期限切れ鶏肉問題が昨年7月に発覚してから丸1年が経過しても、顧客離れを食い止められない窮地が改めて浮き彫りになった格好だ。かつての外食業界の「王者」は好転のきっかけをつかめず、苦しみもがいている。(SankeiBiz)

【雑感】究極の選択、もし外食産業がマクドナルドか吉野家しかなかったらどちらを選ぶか? 私は迷わず吉野家を選ぶ。パン食が浸透したとはいえ、日本人の多くはやはり米の飯の方が腹持ちが良い。味噌汁がないと身体の調子が悪くなる。肉と相性が良い調味料は醤油が一番。

 とは言いながら、けっこうマクドは利用してきた。夜勤帰りに立ち寄り、マフィンやパンケーキのある朝メニューをよく食べた。ただ、脂質や炭水化物の多い割には腹持ちが悪い。デザート感覚なのだ。吉野家の牛丼並の方がしっかり飯を食べた気分になる。

 まさかマクドでライスバーガーを出す訳にはいくまい。すでにモスバーガーが出してしまっているので、この時期にやったら必ずパクリだと追及される。
 日本人に迎合してハンバーグ丼なんか出したら、もはやマクドではない。紙コップで味噌汁を啜りたくない。

 私は一介の旋盤工なので経営の事は解らない。ただ、今回のマクドの失速でまず思ったのは、サラ・カサノバ社長のツンデレだ。実際に会って麦酒でも飲みながら話したら気さくで親しみやすい女性なのかもしれないが、ニュース映像で見かけるサラちゃんは鋭い切れ者で偉そうなのだ。
 一連の不祥事は一役員を会見に出させて社長のサラちゃんは出てこなかった。事件を過小評価したのかもしれないが、傷口が大きくなる前に社長が出ることで食い止める事ができる場合もある。

 あの船場吉兆でも御大の女将が早々に表に出て深く頭を下げれば傷は浅くて済んだかもしれない。それを役員ごときに任せ、その役員はパート従業員に責任を押し付けようとして火達磨になってしまった。

 あとで会見に臨んだサラちゃん、おそらく弁護士や日本人役員の強い助言に従って深く頭を下げる動作をやったが、話し方はやはり堂々とし過ぎて偉そうに見えてしまう。不祥事を反省して信頼回復に努めるというよりは、今後の事業について野心的に抱負を語っているように見えてしまう。
 それで損をしている面が大きいと思う。日本では西洋の常識は通じない場合が多々あるのだ。

 いっその事、サラちゃんは社長の肩書のまま経営から離れ、徹底的に日本語を学習してカウンターの現場で腰低く接客してはどうか。
 日本全国のマクドの店舗に出没してカウンター業務をやる怪しい社長、という感じで顧客の宣撫活動を行うのだ。もちろん、各地方の方言をしゃべってもらう。大阪のマクドで出没する場合は大阪弁で仕事してもらう。つまりマクド内の外タレ・アイドルになるのだ。

 客が入ってくると、四角い眼鏡をギラリと光らせて睨んだかと思ったら、突然笑顔で方言丸出しで「いらっしゃいませ」だ。地方ではウケるかもしれない。大阪ならば、「まいど、おこしやす。おおきに」と少し誤った大阪弁で饒舌に接客。

 出没がウケて評判になれば、テレビ出演を現場業務と並行してバンバンTVやインターネットの動画サイトにも出てもらう。人気が上がれば、経営が持ち直す可能性がある。かつてゲームメーカーSEGAの湯川専務がCМ積極出演と自虐ネタで経営を上向きに変えたという前例があるのだ。
 サラちゃん、君のキャラなら不可能ではない。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/08/09 01:36 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
48位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク