ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

松本人志よ、平和ボケはデモの学生たちだけやない、安倍総理も平和ボケしてるんやで。 近頃の現象[一一六三] 

松本人志 
日本の平和ボケを懸念
「このままでいいわけない」


 ダウンタウンの松本人志(51)が9日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、安保法案について持論を述べた。世界情勢を鑑みた上で、「このままでいいと思っているとしたら、完全に平和ボケですよね」と日本の安全保障政策が転換点を迎えていると訴えた。(デイリースポーツ)

【雑感】松本人志氏の言いたい事は解る。

 米ソ対決の冷戦時代の方がまだ牧歌的に社会は安定していた、と言えば語弊があるが、実際問題として89年にマルタ島でソ連のゴルバチョフとアメリカのパパ・ブッシュが手打ちをしたことで世界は平和になったと思い込んだ人は少なくないと思う。ところが世界はその後ますます混迷度を深めていった。

 アメリカとソ連が武器を棄てれば平和になると思い込んだ人も多かったと思う。私は高校生の頃にそんな平和主義者に向かって「超大国が軍隊を棄てても銭を持っている勢力が私設軍隊を持つだけだ。逆に世界は混乱する」と主張して、「お前はアニメの観すぎだ」と誹謗された。
 しかし「イスラム国」を名乗るISILの出現がそれを証明してしまった。そもそも私が学生だった頃も東南アジアの黄金の三角地帯に麻薬王クン・サー率いるモン・タイ軍が存在していた。

 松本氏が言うように時代は着実に変わっている。今までの方法論では通用しなくなりつつあるのは確かだ。

 ただ松本氏は学生のデモに気をとられて見失っている事がある。それは平和ボケしているのは学生だけではない。対立する立場の安倍総理たちも同じくらい平和ボケしているのだ。
 学生たちが非武装的平和のリスクを甘く見ているのと同じくらいに安倍氏たちは戦争のリスクをナメてかかっている。それはこないだの国会において山本太郎氏の質問で馬脚が現れている。


 中居正広氏は冷静に観ている。「解釈は間違っているかもしれないけど、ふわっとしているところはあるかもしれないけど、何か動かなければ通ってしまうぞ、という意識を持っていることはいいことだと思う」は全く同感である。
 百歩譲っても、原発への防備をろくに考えていない危機感の無さのまま安保を急ぐ安倍氏もまた「解釈は間違っているかもしれないけど、ふわっとしているところはある」点では同じだ。むしろ学生と違って情報量が多く国家の「最高責任者」をことある毎に標榜されるだけに、学生より罪は重い。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/08/10 18:43 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
174位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
80位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク