ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

川内原発再稼働、電力会社はこれ以上待つと本当に原発がポンコツになるので焦っている。 近頃の現象[一一六四] 

川内原発、原子炉起動へ 原発ゼロ、2年で幕

 九州電力の川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市、89万キロワット)が、11日に再稼働する。新規制基準下で初の再稼働で、約2年ぶりに「原発ゼロ」が終わる。安倍政権は再稼働に向けた環境づくりを進めてきたが、川内など個々の原発の再稼働判断については「責任は事業者」(菅義偉官房長官)として距離を置く姿勢をみせている。(朝日新聞デジタル)

【雑感】このニュースを聞いた連れ合いは「どうしても再稼働したいんやろか? 地元民が経済的に困るんやろか?」と呟いた。

 おそらく同様の疑問を持つ人は大勢いるだろうと思う。しかし製造業に身を置く人は多少はピンとくるはずだ。
 私は今年の3月まで旋盤で鉄鋼のパイプを加工する作業を担当していた。盆休み明けや年明けなど長期間工作機械を止めたら、再始動は必ず試し切削を行い精度検査をする。
 機械というのは動かし続けないと全体に調子が悪くなるものだ。加工精度が悪くなったり、異常音が発生したり異常動作をして壊れたりする事もある。配管が詰まるなどして切削液の噴射量が激減したり、油圧やエアーの調子がおかしくなって動かなくなる場合もある。もちろん、私の経験では重大事故はおろか精度が悪くなる事も稀だったが。(つまりトラブルは実際に発生したという事だ)

 原子炉も同じ機械だ。動かさずにいたら時間の経過とともにトラブル発生のリスクは高くなっていく。地震が起こる以前に原発がポンコツになってしまうのだ。ポンコツになってしまったら電力会社にとっては巨大な不良債権になる。発電をしないので利益は無い。しかし維持管理には莫大なコストがかかるので銭が出ていく一方だ。
 電気を生産する製造業たる電力会社にとっては、停止したままの原発は許されない存在、銭を生まない機械を抱える事は製造業の論理に反する。そもそも原発は目一杯稼働させておかないと利益が上がらない代物、泳ぐのを止めたら死んでしまうマグロみたいなモノだ。
 現実問題として海外の事例では停止して数年が経過した原子炉を稼働させると何かとトラブルが発生しているようなので、現場サイドではこれ以上は待てないはずだ。電力会社各社は川内原発をきっかけに今年来年中に各原発を再稼働させたくて歯軋りしている状態だろう。(余談1)

 いま反原発派の多くは「再稼働阻止」を掲げている。反原発デモに参加する人たちのどれだけが状況を正確に掌握しているかは不明だが、運動推進者たちは判っているはずだ。このまま再稼働を阻止して廃炉にせざるを得ない状況に持ち込む算段だ。広く支持者賛同者を集めるため「いまは再稼働やめろ」というライトなスローガンを掲げている戦術だと思う。

 一方、推進する側のはずの国は菅義偉官房長官が「責任は事業者」とつれない。電力会社としては内心不愉快だろう。国策に協力してきたという自負があるのに国は責任を負わないのだ。
 理想をいえば、ヨーロッパや北米ほど地盤が安定していない火山と地震の国土に原発は非常に危険で、国家が責任をもって脱原発の音頭をとり電力会社へ廃炉に必要な資金を肩代わりするべきだろう。福一の惨状でもわかるように、また原発がメルトダウンを起こしたら日本は壊滅すると思った方が良い。(余談2)

(余談1)国際原子力機関などのデータによると、最低でも4年間停止した原発の運転が再開されたケースは世界で14基。そのすべてが運転再開後にトラブルに見舞われているという。
 このデータは電力会社側も反原発運動側も把握しているはずだ。つまり今の時期が双方にとって天王山かもしれない。いま再稼働しなければ原発は完全にポンコツになる、再稼働を阻止すれば廃炉へと一気に圧力を強められる。

 不思議なのは、大手のマスコミは長期停止による機械の不調についてあまり触れていない。やはり大学(主に文系)を出てそのまま記者になった人たちの着眼点と、文筆とは長年関係ない製造業の現場で過ごしてきた路傍の旋盤工の着眼点は違うということか。

(余談2)しかし日本が努力して脱原発が達成できたとしても、韓国や中国で原発が爆発したら元も子もなくなる。偏西風で放射能が黄砂やPМ2.5とともに降り注ぐだろうから。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/08/11 11:59 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
48位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク