ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

町興し村興しのヒント(5) 高知香北町のうずまき舎・後編 晴雨堂の晴耕雨読な日常[二一六] 

うずまき舎名物の珈琲とピザ。

うずまき舎の珈琲とピザ。
窓際の天然木カウンターとの風合いが良い。

【雑感】訪問したのが昼時なので珈琲と軽食を注文した。3歳児の息子には珈琲ではなく特製ジュース。

 天然木の風合いというのが良い。私は低所得の大阪府民なので高価な家具は買えず、自宅には通販やホームセンターで購入したアイリスオーヤマのスチール棚や木目調プリントが施された合板の家具ばかりだ。
 田舎には忘れ去られようとする日本の建材が残っている。残っているが私も含め住んでいる本人はその有難さが解らない。かつては田舎の家には釜土もあったし野菜や魚などを洗う池もあった。今は取り壊されてない。そういった貴重な百年物の木の文化が今つぎつぎと失われつつある。店主の話は田舎に住んでいた幼いころを思い出させる。そういえばウチにもあった、あれがそうだったんや、と。

 店主に帰省先の家の写真を見せた。開口一番、「ぜひ壊すなんて言わないで残してください」と言った。後からこちらの事情を知って「仕方が無いかもしれません」との論調に変わっていったが、店主のような移住者にとってたとえ高知の人間には廃屋でも宝の山なのだ。今では継承されず殆ど失われてしまった建築技術の宝庫でもある。

 ところで、真っ先に心配した採算の問題なのだが、意外な答えが返ってきた。

 「最低レベルの健康保険を納めて暮らしています」という。普通に考えると店舗を構える立地は悪すぎる。しかし険しい山道を登ってまでやってくるお客さんはもはや単なる客というよりは信奉者か同志みたいなものである。ちょっとブラリとやってくる一見(いちげん)さんではない。
 また高齢化の限界集落になりつつある土地にとって、若壮年の移住者は招かれざる客ではなく歓迎すべき救いの光であるらしい。集落にとって厚みと活性化が生まれる。

 また私が帰省した時でも隣近所には草刈りなどでいつもお世話になり、大阪へ戻るときはお土産もたくさん持たせてくれた。帰省時にはいつも菓子折を持って挨拶回りをするのだが、収支は間違いなく私のほうがもらい過ぎだろう。
 店主も隣近所から食べ物のお裾分けをいただくそうである。米は近所の農家から安く買う事ができ、足らないものは町まで下って仕入れるが概ね安い。私も町の良心市で食材をよく買うが、見てくれは地味でも質のいい農産物ばかりだ。
 移動に使う車の燃料代が痛いだけで、それ以外はなんとかやりくりできるそうだ。

 もっとも私がUターンした場合、同じようにやり繰りできるかどうかはまた別の話だろうが。解決しなければならないハードルがいくつもある。

 私も連れ合いも教えていただきたい話は山ほどあるのだが、息子が「はよ帰ろう」と言い出したので、連れ合いは購読していた雑誌「天然生活」約40冊を次回持っていく事を約束、うずまき舎をあとにした。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
184位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
78位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク