ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

山本太郎議員の国会質問「原爆投下や大空襲は米軍の戦争犯罪では?」 山本氏の戦術は相手の土俵で捻じ伏せる。 近頃の現象[一一六七] 

山本太郎議員の国会質問がまた話題 
「原爆投下や大空襲は 
米軍の戦争犯罪では?」


 山本太郎参院議員(40)が国会でした質問がまた、反響を呼んでいる。今度も、「米軍による日本への原爆投下や東京大空襲は、戦争犯罪ではないのか」という単刀直入なものだった。

(中略)

 「過去の米軍の過ちを認められないものが、どうやって戦争犯罪常習国である米国の行動をこの先ジャッジできるんですか」と批判した。最後に、山本氏は、「自衛隊は、米軍の2軍ではないんですよ」と指摘して、安保法案に対して反対する考えを強調した。(J-CASTニュース)


【雑感】山本太郎氏の主張は正論中の正論である。今までの野党でさえ遠慮して言及しなかった事を山本氏は追及している。共産党も追及する事はあったかもしれないが、上品で理屈っぽいので、インテリを嫌う人たちからは最初からイメージで拒絶反応を起こして「難しい話は解らない」になってしまう。
 ところが山本太郎氏は計算された論述を直球ストライクの本音トーク風で展開するので、彼に嫌悪感を持っている人でも図星をさされたような感を抱く者が多いと思う。

 安倍晋三総理が誠の保守右翼であるなら、山本太郎氏の質問に対して激しい悔しさを抱くはずである。原爆投下も東京大空襲をはじめとする全国の都市へ行った焼夷弾ばらまきは明白に民間人大量殺戮を目的にしたものであり、当時の国際法に於いても違反は明白である。もし東京裁判を仮に強大な第三国の判事のみで裁いたら、B29の爆撃を指揮したカーチス・ルメイやヘンリー・アーノルドも戦犯として拘束され裁かれる事になったろう。
 山本太郎氏の質問に対して反感程度しか抱けない人間は、誠の保守や右翼ではないと思う。ニセモノであり、亡国の徒である。

 もともと自衛隊というのは米軍の二軍からスタートした。憲法九条で日本が軍事力を持つことを禁止したものの、ほどなくソ連をはじめとする社会主義勢力が後援して金日成の軍隊が朝鮮半島を南下した。たぶん米軍は予想していなかったと思う。日本だけでなく韓国軍の数も厳しく制限していたからだ。

 米軍は慌てて日本政府に警察予備隊という軍事組織をつくるよう命じた。米軍主力が朝鮮半島へ出払っている間、ソ連軍が樺太侵攻と同じように北海道に来襲したり国内社会主義者たちが武装蜂起した場合、警察組織だけでは対応できないからだ。
 こうして成立から現在に至るまで自衛隊は米軍の二軍の位置づけだ。保守右翼にとって二軍のポジションからの脱却は悲願のはずで、山本太郎氏が言い放った「米軍の2軍ではないんですよ」という発言はむしろ溜飲下がるものであっても反感を抱く者ではない。(オールド左翼や平和主義者は今でも自衛隊を違憲と見なし、武装解除と解散を本気で思っている)

 山本太郎氏の指摘は、実は左右保革に関係なく多くの人が抱いていた不条理感である。ところが保守右翼の多くは親米ポチに成り下がってアメリカへの気兼ねで口を噤み、革新左翼や護憲は九条を神格化して米軍の犯罪よりも自国の犯罪糾弾に固執した。
 山本太郎氏は従来の保守や革新のようなしがらみは無く、自由な精神で信念の赴くまま行動しているように見えなくもない。今上陛下に直接書簡を手渡すにしても、従来の左翼は天皇制を否定するか少なくとも天皇の権威は当てにしていないのであんな行動に出る発想も想像もできない。
 安全保障条約に於ける原発問題指摘についても、本気で軍事を考えている人間であればむしろ正論、いわゆる護憲派は軍事を否定するあまりに軍事を考える行為すら憚るため、多くは言い出せなかった。
 だからこそ「相手の土俵で捻じ伏せる」戦術が使えるのだ。かつて辻元清美氏が西村眞悟氏の「セクハラ」発言に対して紋切り型の抗議しかできなかったのとは雲泥の差だ。

晴雨堂関連記事案内
都議会セクハラ野次への空しい批判。 「セクハラ」をセクハラと思っていない人間に「セクハラだ」「女性蔑視だ」と合唱しても逆効果だ。近頃の現象[一〇二九]
記事後半に辻元清美氏と西村眞悟氏の紛争についての私見を述べた。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/08/28 15:51 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
187位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
85位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク