ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

第2029回「幼なじみいますか?」 晴雨堂は小学生時代からの友人はいる。 

こんにちは!FC2トラックバックテーマ担当の栗山です。今日のテーマは 「幼なじみいますか?」です。マンガとかで憧れますね~かっこいいor可愛い幼なじみ私の幼なじみは男の子です。全然会っていませんが聞いたところによると、キックボクシングに励んでいるそうですよ。特にイケメンではなく、普通の男の子です。なんとも思いませんでしたね…あ、でも私の親友が彼を好きだったことがあってビックリしましたちょっとうれし...
FC2 トラックバックテーマ:「幼なじみいますか?」



【雑感】幼馴染」の定義は漠然としている。

 一般には
幼稚園児~小学生ぐらいまでの友人は将来に幼馴染と呼ばれやすい。また、幼馴染と呼ばれる人間は総じて同い年かそれに近い年齢の友人が多く、年が大きく離れた友人は一般的に幼馴染とは呼ばれていない」(ニコニコ大百科参照)
そうである。

 その定義に当てはめるなら、小学校3年生の3学期から付き合いが続いている友人が複数名いるので、彼ら彼女たちを「幼馴染」とするべきなのだろうか。
 高知で過ごした小学1年生までの友人は消息不明、名前も忘れてしまった。2年生の帰省時に遊びに行こうと思っていたが、祖母の話によれば彼も引っ越してしまったらしい。

 小学校3年の3学期まで和歌山にいた。そこでは大勢友人がいて毎日のように近所の山林を探険したり、廃材置き場の空き地に「秘密基地」という掘っ立て小屋を作るなどして遊んだものだ。残念ながら3年生の3学期に引っ越してからは縁が切れてしまった。
 原因は私の筆不精だった。引っ越し前にクラスをあげて壮行会を開いてくれて沢山の餞別をいただいたので、引っ越してすぐに1通だけは手紙を出した。餞別の多くはいつの間にか紛失してしまったが、女の子からもらった聖母子像だけは今でも本棚を飾っている。引っ越してから半年くらいは和歌山の級友たちからの手紙が届いたが、ことごとく返事を書かなかった。今の私からは想像できないかもしれないが、当時は授業でもない限りは書く習慣は無かった。
 私が筆まめなら、もしかしたら和歌山時代の友人の何人かは幼馴染となってくれたかもしれない。今にして思えば、男女双方の級友から手紙がマメに来ていたのだから、当時の私はけっこう人気者か人望があったかもしれない。かなりもったいない事をしてしまった。(余談1)
 そういった後悔があるので、今でも文章書きは苦手だが努めて書くようにしているのだ。

 現在、幼馴染といえる人たちは、和歌山から大阪へ越してから知り合った級友たちである。小学校3年生の3学期や5年生からの付き合いで、もう40年程度の付き合いだ。
 彼ら彼女たちは知り合った当初から友人だった訳ではない。最初は仲が良いというよりは険悪だったような記憶がある。それが5年生ころから一緒にサイクリングに出かけたり、秘密基地遊びをするようになった。中学生時代に引っ越しなどでバラバラになったが、以降も思い出したように再会して一緒に旅行をしたり結婚式に出席してくれたりと交友は続いている。

 女の子のほうは明らかに私を嫌っていた。小3からの同級生で、中学時代は同じ水泳部の同期だから毎日のように会っていたのだが、ハッキリいって仲は良くなかったし、私も興味が無かった。
 中学を卒業してからは会う事もなく殆ど忘れていたのだが、彼女が中学校同窓会の幹事になって電話をかけてきた事から年賀状の付き合いが始まった。声を聞くのは20年ぶりで、しかも在学中は殆ど言葉を交わすこともなかった。ところが意外に会話はギクシャクせず、旧知の友達と再会したかのように弾んでしまった。再会してから15・6年、年賀状の付き合いは今でも続いている。

 幼馴染とは殆ど年賀状の付き合いとなっている。一種の安否確認のようなものだ。その距離感が交友を長持ちさせているのかもしれない。
 高校時代や大学時代の創作仲間や、あるいは20代後半からの市民運動の仲間とは、当時は生涯の友になるのだろうと思ったし、諸先輩方からもこの青春時代の仲間たちは人生の戦友になると言われたものだが、残念ながら「戦友たち」とは全員縁が切れてしまった。
 ハイティーンからの友人たちで今でも続いているのは水泳部の同期たちであり、20代後半から続いているのは職場で知り合った飲み友達・猥談友達である。

 振り返ってみると、長い友はみんな一定の距離を置いて気楽な付き合いを維持している者たちばかりだ。真剣に討論したり活動や運動に邁進する濃密な友達とは例外なく決別している。

 幼馴染というからには幼いころから見知っていていなければならない。そして誼が続いていなければならない。利害関係は無く、たまに会って酒を飲む程度が幼馴染を維持する事なのかな、と思う。
 職場の友達や市民運動や創作活動の仲間は、絆が強いようで意外に脆いものだった。幼馴染は特に深い仲でも濃密な仲でもないのだが、小さい頃から知っている、子供のころに遊んだということで、少し等親が離れた親戚のようなものかもしれない。

(余談1)和歌山時代の友人の中で唯一消息が判っている人がいた。なぜなら後に超有名人になったからだ。和歌山に引っ越して間もないころ、心細い私に親しく接してくれて、1年生の頃は毎日のように遊んでくれた。スポーツ万能で頭が良くて性格の良い、同級生というより優しい兄のようだった。彼からは当時流行っていたレインボーマンのカードを沢山くれた。
 残念なことに、彼はまだ40代の若さで他界してしまった。俺の事を憶えているかどうか判らずじまいだった。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
174位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
80位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク