ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「サムライせんせい」を観た。 TVドラマ評[七十八] 

サムライせんせい」を観た。

サムライせんせい。テレビライフの表紙。
サムライせんせい」で武市半平太を演じる錦戸亮氏。テレビライフ表紙から参照。

【雑感】観てみると、けっこう面白かった。

 連れ合いが錦戸亮氏のファンなので昨夜予約録画したのを観た。私も多少は興味があった。

 本作で錦戸亮氏が演じるのは現代日本にタイムスリップした土佐勤王党の武市半平太。錦戸氏はかつて映画「ちょんまげプリン」でこれまた江戸時代から現代へタイムスリップした主人公の侍を演じた経験がある。さらに映画「県庁おもてなし課」ではこれまた高知弁をしゃべる県庁職員を演じた。今回のドラマで武市半平太を演じるということは、過去の映画主演作での経験がもろに活きる。
 おそらく制作陣は現代にタイムスリップした武市半平太役を素直に「錦戸亮氏以外に適任者はいない」と思ったのではないか。

 初回はまずまずと言ったところか。そこそこ楽しめた。右も左も判らない武市半平太を受け入れ、武市の言い分を受け止める塾経営の老紳士が御都合主義的な登場ながらも説得力はあった。NHK木曜時代劇「まんまこと」に登場する俳句の先生に通ずるものがある。
 相手の言い分を反射的に否定するのではなく、一応は言い分を終いまで聞き、主張を受け止めながら最善の方向へ導こうとする懐の深さ、私もそうありたいと思うのだがつい脊髄反射で「反撃」してしまう。

 また、一足先にタイムスリップした坂本龍馬が現代に順応して見た目は東京に住む今どきの若者に姿を変えている、という設定も面白いと思う。たしかに龍馬ならありそうな話だ。そして武市半平太は頑なに侍ファッションは変えずに行くのだろう。

 私は原作漫画を読んでいない。今後、とのようなオチになっていくのかが楽しみだ。意表を突くラストになるのか、あるいは弛んで平凡な終わり方になってしまうのか。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
198位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
83位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク