ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

日本式ハロウィンがあっても良いのではないか。そもそもアメリカのハロウィンも本家のケルト式とは違うようだし。 近頃の現象[一一九三] 

ハロウィーン、実は欧州では低調 
「日本人はまだまだ」


 近年、ますます盛んになっているハロウィーン。日本以外の国々ではどんな風に行われ、外国人は日本人のはしゃぎぶりをどう見ているのだろうか。
 2畳ほどの部屋に、巨大なゴキブリのおもちゃや、ゾンビのお面などが、所狭しと置かれている。
 米国ミシガン州出身の日本映画研究者スチュワート・ガルブレイスさん(49)は、4年前から毎年10月末に、京都市左京区岩倉の自宅をお化け屋敷として開放している。期間中の3日間、妻・西幸代さん(49)ら家族は8畳の居間のみで暮らす。
 米国では、子どもたちを自宅に招く風習があるといい、楽しさを日本の子どもたちにも味わってもらおうと、毎年企画している。
 ガルブレイスさんは、日米の最大の違いは「手作りかどうか」だと指摘する。米国では各家で開かれるパーティーに参加し、手作りのゲームをして楽しむといい、「日本人は楽しみ方を分かっていないという印象」と語る。
 米国では盛んなハロウィーンだが、ヨーロッパではあまり行われていない。スペイン出身の京都大大学院生ギレム・ドメネクさん(25)は「スペインでは10年くらい前から、パーティーをしたり、仮装したりするようになった。米国の祭りなので本来の意味はよく分からない」と苦笑する。
 フランスの文化を発信するアンスティチュ・フランセ関西(左京区、旧関西日仏学館)に問い合わせたところ、「元来アングロサクソン系の文化なので何もしません」と、つれない回答だった。(京都新聞)


【雑感】ハロウィンというのは欧米の風習と一括りにされているが、本来はケルト人の収穫を祝う風習である。
 かつてハリウッドをはじめ世界各国は日本人の風体を中国人風に描写していたり、今でも日本人全員が納豆を食べているかのような誤解が根強くあるが、実際は中国人と日本人とは漢字と箸という共通項はあるものの言語の文法も違うし風習も異なる。また関西人の私は納豆を食う習慣なんぞ無い。それらと同じである。
 ハロウィンはあくまでヨーロッパのローカルな習慣に過ぎない。

 ケルト系の文化がスコットランドやウェールズやアイルランドなどに引き継がれ、17世紀ごろから本格化したイギリスからの移民によってアメリカ大陸にも広まり、ハロウィンを楽しむ人口が数億に膨らんだ。
 だから世界を代表するお祭りにはなったが、けっして地球人の風習になった訳ではない。それに元々のケルト人のお祭りから見れば、アメリカで広く広まっているハロウィンは様相を異にしているし、日本で広がったハロウィンがアメリカやケルトとは違うと文句を言われる筋合いも無い。
 寿司などの日本食も海外に伝播して独自に変化したものがたくさんあると聞く。同じようにカレーなどもイギリスを経由して日本のカレーライスに変化したものもある。
 文化をどのように噛み砕きアレンジするのはその土地の人間に委ねられている。日本には日本のハロウィンの楽しみ方があるので、「日本人はまだまだ」と言われるのは心外である。

 日本では昔から仮装を楽しむ文化があった。江戸時代では正月などに着ぐるみを着て街を闊歩する風景が普通に見られた。その文化は現代でも引き継がれ、世界最大の漫画同人誌即売会でアニメキャラクターの衣装を自作してコスチュームプレイを楽しむ行為は、私が中高生だった1980年前後から盛んになっている。
 また菓子業界にとって「農閑期」だった10月末にイベントを編み出して収入源にする宣伝工作もあったろう。遠からず、ハロウィンが日本式に変化して定着することを予想していた知人がいた。

 だから、素直に日本のハロウィンを楽しんで経済が回ればそれでエエやないか。




 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/10/26 13:35 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
143位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
59位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク