ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

夫婦別姓よりも、幼名と諱と通名の復活で同姓派と別姓派の共存を! 近頃の現象[一二〇一] 

夫婦別姓、最高裁の判断は? 
旧姓使用が広がるなかで


 結婚後も働き続ける女性が増える中、旧姓使用を認める職場が増えている。一方で、国家資格や公文書によっては戸籍名の使用が求められ、「二つの姓」による混乱も少なくない。夫婦別姓を認めていない民法の規定は、憲法に違反しないのか。最高裁大法廷が近く、初めての憲法判断を示す。(朝日新聞デジタル)

【雑感】「二つの姓による混乱も少なくない」とくるか。朝日新聞らしい一方的な事実解釈だ。
 二つの姓を用いているのは女子だけではない。芸能人や文筆家などは古くから戸籍名と仕事名を使い分けている。朝日はそれを知っていながら無視をする。

 そもそも二つの姓を異常と考えるのはおかしい。夫婦別姓が進んでいる西洋ではミドルネームという第三の名前を活用している。日本ではかつて幼名や諱や通名があった。苗字と個人名の二つの構成に限定してしまったのは戸籍制度が確立する明治に入ってからである。
 その戸籍制度は朝日や護憲派やフェミニストが目の敵にしている「徴兵制」を実行するにあたって人口を把握するために布いた制度、現代のマイナンバーに匹敵する制度変革である。戸籍制度を確立するためには、江戸時代のように幼名や諱や通名など個人が複数も名前を持っていては事務処理が煩雑困難になるために「氏名」に限定した。
 ミリタリーの臭いがプンプンする戸籍制度はそのままに夫婦別姓を主張する別姓派を見ていると非常にイラつく。

 日本の自動車のCМで出て一時期お茶の間の顔になったジョン・レノン氏の息子ショーン・レノン氏がいる。この「ショーン・レノン」は正式には「ショーン・タロー・オノ・レノン」と呼ぶことを何故か殆どの人は知らない。ショーンには「小野太郎」という日本人名も正式名に組み込んでいるのだ。普段、仕事をするときは省略して「ショーン・レノン」を使っている。
 また、我が郷里の英雄坂本龍馬は本名ではない。本当の個人名は直柔(なおなり)である。普段は坂本龍馬を名乗るが、偉い人に出す手紙や公文書には坂本直柔とした。もし維新後も存命で天皇の前に参内する機会があったら、紀直柔(きのなおなり)と名乗ったかもしれない。苗字は「坂本」だが、紀貫之の子孫としているので本姓は「紀氏」である。これは徳川や足利や細川が朝廷に参内したら「源氏」を名乗るのと同じである。
 このように、複数の名前を使い分ける事は古今東西よくある事、それを「二つの姓による混乱も少なくない」と、さも異常事態の如くでっち上げようとする朝日新聞の論調には怒りを感じる。

 西洋ではミドルネームを活用している。日本でもかつては複数の名前を使い分けていた。単に事務処理や仕事上の問題であるならば、戸籍制度を変えて両姓を正式名として併記すればいい。同姓派・別姓派は対立よりも共存を図れ!

 前にも何度か述べたが、特にフェミニストに言いたい。自分の姓名が個人のアイデンティティーであるなら、むしろ今の名前を捨てる方が主義主張に適っている。何故なら、帰化や性別変更でもない限り、限りなく全員に近い殆どの人間は自分の与り知らぬところで名前を付けられているのを何と心得る? 勝手に名づけられてしまっている事は不快に思わないのは奇怪至極。
 江戸時代以前であれば幼名というものがある。成人してからつける名前があった。

 現行の戸籍制度で別姓を罷り通らすのは断固反対である。もし私がそこそこの著名人でTVに出演する機会があったら、大声で連呼したい気分だ。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/11/02 12:32 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
162位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
71位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク