ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「千年の恋 ひかる源氏物語」 突込みどころを楽しもう〔10〕 

千年の恋 ひかる源氏物語」 
美女が演じる光源氏




【英題】GENJI - A THOUSAND YEAR LOVE 
【公開年】2001年  【制作国】日本国  【時間】143分  【監督】堀川とんこう
【原作】
【音楽】冨田勲
【脚本】早坂暁
【出演】吉永小百合(紫式部)  天海祐希光源氏)  風間トオル(頭中将)  風間杜夫(十条帝)  片岡鶴太郎(絵師)  かたせ梨乃)  加藤武(右大臣)  岸田今日子(源典侍)  神山繁(藤原為時)  高島礼子(藤壺中宮/桐壺更衣)  竹下景子(六条御息所)  竹中直人(明石の入道)  段田安則(藤原惟規)  常盤貴子(紫の上)  中山忍(葵の上)  細川ふみえ(明石の君)  本田博太郎(桐壺帝)  前田亜季(賢子)  松田聖子(揚げ羽の君)  水橋貴己)  南野陽子(朧月夜)  山本太郎(惟光)  渡辺謙(藤原道長/藤原宣孝)  森光子(清少納言)

【成分】笑える ファンタジー ゴージャス ロマンチック 源氏物語 宮中 時代劇 11世紀初頭 平安時代 京都 

【特徴】東映50周年記念の作品。紫式部の作と伝えられている「源氏物語」の実写映画化、吉永小百合氏が作中で紫式部に扮している。
 重厚さはあまり感じられなかったが映像は美しい。何人もの女性に恋をし契った光源氏の物語なのでセックスの場面もあるのだが、芸能界に於ける女優のポジションが高くなるにしたがって露出度が低くなる傾向がある。
 天海祐希氏を光源氏に起用するアイディア自体は面白い。

【効能】雅の世界を楽しめる。

【副作用】崩れた現代語台詞が出てくるので興ざめ。平安宮中の雰囲気を壊す場面が目に付き怒りがこみ上げる。女性が光源氏を演じることに違和感と不自然さが拭いきれない。

下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。  
東映創立50周年記念?!
 
 映像は良かった。天海祐希氏の光源氏も賛否あると思うが、私はビュジュアルとして映えていると思っている。(余談1)
 
 ただ、理解に苦しむ点が幾つかある。最初に気になったのは台詞である。言葉がモロに現代の崩れた日本語である。まず、これで作品全体が軽くなってしまった。本当に東映の栄えある50周年のための映画なのだろうか? 華やかな平安貴族の描写は美しく重厚なのに、俗な現代語がくるとは? 
 これでは京都のシックな老舗料亭で上品な和服美人の女将自ら運んできた高級漆器の膳の中身を見たら、まな板皿にはケンタッキー・フライドチキン、御飯モノはマクドのハンバーガー(余談2)、御椀にはサッポロ一番塩ラーメン。上品な瓶子(余談3)から注がれた酒は、どう味わっても缶チューハイ。これでは詐欺だ。銭返せと怒鳴りたくなる。(余談4)
 特に呆れ果てたのは、ラスト近くの場面で下男が老年の光源氏に向かって「ひかる源氏さん」と馴れ馴れしく現代語のタメ口で呼ぶのである。相手は帝に次ぐ大権力者・雲上人・天下人、制作者は本気で千年前の雅の世界を描く気があるのだろうか?(余談5)
 
 2つ目は吉永小百合氏扮する紫式部の物語が冒頭で些か延々と続く。森光子氏扮する白塗りホラーのような清少納言への対抗心は微笑ましくて捨てがたい場面なのだが、「ひかる源氏物語」という2時間半弱の映画の冒頭とするには、些か勿体ぶり過ぎている。 
 「ゴッドファーザーⅡ」のように、父の青年時代の物語とドンとなった息子の物語を交錯させる構成に比べて、何ともお粗末だ。「ゴッドファーザーⅡ」と比べるのが酷との意見もありそうだが、この作品は天下の東映が50周年を記念した社の総力をかけて制作したはずの映画なのである。しかも題材は全世界で翻訳出版されている日本の古典中の古典文学作品である。
 
 3つ目は、無茶な恋愛描写があまりに多すぎる点。光源氏は大勢の女性と関係をもったプレイボーイで有名だが、光源氏役を女優にしたときから男女の営み場面は無理がある。だから、私は台詞や詩歌などで恋のやり取りをする表現に力点を入れると思っていたし、それが宝塚歌劇団で男役をやってきた天海氏の存在意義だと思うのだが、制作者は裸の場面を登場させた。相手は裸なのに光源氏は暑苦しい直衣や束帯を着たままだ。光源氏は女優が演じているのだからせいぜい不自然に着物を崩すだけで全て脱ぐわけにはいくまい。しかも相手の女優の芸能界における地位が高いほど露出度が低い。
 解釈の仕方によれば源氏物語は身勝手なマザコンの性遍歴の物語であり、関係をもった女性は老女から幼女まで、それは否定しない。だが、一連の恋愛描写はどう考えても無理であり爆笑モノの滑稽さだ。
 
 私はむしろ大和和紀氏が源氏物語を漫画化した「あさきゆめみし」を原作に映画を創り、奇を衒わず美少年男優を光源氏にするべきだったと思う。また、メル・ギブソン監督風に10世紀の日本人が話していた京言葉を全編台詞で採用すれば、面白いかもしれない。あくまで私の趣味だが。

 最後に、なぜ吉永小百合氏はこんな映画に出演したのだろうか?

(余談1)2007年度大河ドラマ「風林火山」で上杉謙信役をGackt氏が扮しているが、私は思い切って女優が演じてもらいたかった。謙信は女性だったという説得力ある説もあるほどだから。
 
(余談2)マクドナルドを関東では英語風の略し方で「マック」と呼ぶが、関西では日本語の作法通り「マクド」と称す。言語学的に関西の呼び方が日本語の文法に叶っている。
 
(余談3)酒を入れる徳利のようなもの。大和和紀氏「あさきゆめみし」や岡野玲子氏「陰陽帥」に小道具として頻繁に出る。
 
(余談4)映画館で観なくて良かった。
 
(余談5)惟光が天下人に向かって「ひかる源氏さん」なんて、やめてくれぇ。それに惟光は皇族に準ずる家の執事だろ。
 

 
晴雨堂スタンダード評価
☆☆ 可
 
晴雨堂マニアック評価
☆ 駄作

 
晴雨堂関連作品案内
新源氏物語 [DVD] 森一生監督 市川雷蔵主演
 
晴雨堂関連書籍案内
源氏物語〈1〉 (岩波文庫) 紫式部
源氏物語〈2〉 (岩波文庫) 紫式部
源氏物語〈3〉 (岩波文庫) 紫式部
源氏物語〈4〉 (岩波文庫) 紫式部
源氏物語〈5〉 (岩波文庫) 紫式部
源氏物語〈6〉 (岩波文庫) 紫式部
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
沢田研二主演の源氏物語 予算の関係かセットや衣装が安っぽいと感じましたが ドラマ部分はあのほうがよかったです。男のエロスだけは男役には出せません。脚本は向田邦子でした。
[ 2011/08/16 22:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
86位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク