ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

日本はバター不足、左官みたいにバターを塗るドイツの食卓が羨ましい。 近頃の現象[一二二五] 

バター不足、4月以降も 
業界団体が見通し発表


 酪農・乳業の業界団体「Jミルク」は27日、2016年度もバターの供給が需要を下回り、バター不足になるとの見通しを発表した。原料となる生乳(搾ったままの牛乳)の生産量が前年度に比べ0・6%少ない約737万トンとなるため、近年品薄が続いている国産バターの生産量も0・7%少ない約6万6700トンになると予想。見込まれる需要は前年度並みの約7万4800トンで、約8200トンの不足が生じる計算だ。(朝日新聞デジタル)

【雑感】ドイツのH夫妻の朝食は、フランスパンを丸く団子状にしたようなドイツパンを真横一文字にナイフを入れて半分に切り、切り口を左官のようにバターを分厚く塗りたくり、その上に数種類のジャムを垂らして食べていた。

 ドイツに滞在した1週間余り、食文化に熱い関心を抱く私はH夫妻の食べっぷりを観察していた。バターの容器は日本のスーパーで売られているマーガリンやバターと形や大きさは同じだが、中身はみるみる無くなっていく。私たちであれば3週間くらいはもつものでも、数日で食べきってしまう勢いだ。
 残念ながら、日本ではドイツと同じ調子でバターを味わうことはできない。値段はドイツの三倍以上はする上に品薄、食パンをトーストしたら熱いうちに出来るだけ広範囲に濡れるよう薄くのばす。左官みたいに塗ってたら家計が苦しくなる。


 日本の人口が激減し味覚センスも江戸時代に戻って需要が少なくならない限り、バターの品薄は解消されないと断言する。

 どの業界も程度の差はあれ少子高齢化による市場縮小の影響を受けている。そこで多くの業界はランチェスター法則に沿った構造変化に直面している。つまり、中小零細は次々に廃業し、大手が規模を拡大し取り扱う品物の数を増やして乗り切る。

 私は本が好きなので書店業界に若干明るい。大店舗が店舗面積を拡大する事で生き残りを図る一方で、中小零細の街の本屋さんは次々に廃業へ追い込まれている状況だ。
 その有様をさらにデフォルメした形となっているのが酪農業だろう。報道番組で紹介されたグラフでは、酪農家人口と業界全体が抱えている牛の頭数の関係は見事に書店業界と同じ傾向だ。酪農家は年々激減しているのに対し、全体の牛の頭数は横ばい状態、しかし近年は少しずつ減少している。
 これはつまり中小零細の牧場が次々と廃業に追い込まれ、大手の牧場が業界を支えているのだが、それもやや頭打ちの状態になりつつある。特に酪農にも高齢化と後継者不足の問題が圧し掛かっている。
 酪農が盛んな北海道や北陸はともかくとして近畿地方はけっして盛んとはいえない。中小零細の廃業はすなわち大規模牧場が少ない近畿にとっては酪農の空洞化につながる。

 扱っているモノは生き物、しかも一度に5・6匹産む犬や猫と違って牛は1頭、一度減った頭数を回復させるのは時間がかかるし、牧場の数も減っている。需要が減らない限り、供給量不足が深刻化する事はあっても解消されることは絶対にあり得ない。
 バターだけでない。国産牛肉も今後は高根の花となっていく。既に近畿圏内でミノやテッチャンなどの内臓肉が品薄となっている。内臓肉の効能が紹介されていくにつれて需要が激増しているのに、肉牛の頭数が減っている。内臓肉は足がはやいので地産地消される地元の牧場から供給される内臓肉がベストなのだが、前述のとおり近畿は牧場の空洞化が進んでいるため劇的に品薄になっている。他の地方でも需要が激増しているので近畿には回せられない。

 肉が嫌いだった私だが、センマイやテッチャンなどの内臓肉は子供のころから好きだった。安いホルモンばかり食べるので経済的だったのだが、今後はそうはいかない。
 こういう時、大衆文化というものは恨めしい。隠れ家的な馴染みのレストランがマスコミが要らんこと吹いたおかげで急に繁盛して以前からの常連だった私は店に入れない、そんな有様だ。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/01/28 04:43 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
63位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク