ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「相棒 season14」が視聴率低迷とは残念。反町とのコンビはけっこう気に入っている。 TVドラマ評[八十] 

相棒』の視聴率低迷  
「反町戦犯説」は本当か


 水谷豊(63)主演『相棒 season14』(テレビ朝日系)が思うように視聴率が伸びていない。現在放送中のシーズンは新相棒反町隆史(42)を迎え、初回18.4%と上々のスタートを切ったものの、2話以降それを超えることはできず、昨年12月9日放送の第8話では2007年のseason6以来、8年ぶりに12%台を記録。元日スペシャルの第10話では16.7%と盛り返したが、1月13日の第11話では12.6%と今シーズン最低を記録している。その後13.7%、15.3%、14.6%とやや持ち直したものの、昨年3月まで放送されたseason13の平均視聴率17.4%と比べると低迷ぶりは明らか。一部メディアからは「反町が原因ではないか」という声もチラホラ…。果たして「反町戦犯説」は本当なのか。(NEWS ポストセブン)

【雑感】以前に書いたレビューでも述べているように、私は反町隆史なる俳優は嫌いだし俳優の技量は低く評価している。個人的には早く降板して、有力相棒候補である仲間由紀恵氏に交代してほしいと強く願っている。
 しかし「冠城亘」という登場人物は嫌いではないし、反町氏もよく頑張っていると思っていて、悪意は抱いていない。

 反町戦犯説がネット上に広がりつつあるようだが、私は俳優一人に敗因を背負わすのは、現在のTV状況を無視した安易な判定だと思っている。
 今や視聴者の個人的なクレームで簡単に腰砕けになる世の中、放送局は横並びで無難なお笑いバラエティを制作して、比較的コストがかかるドラマから撤退しつつある。衣装代や化粧代に銭がいる時代劇なんぞ、もはやNHKしか制作しない。
 さらに地上波放送とは別にBS放送も充実してチャンネル数が増えている状況で、昔のように視聴率20%超えは物理的に無理がある時代で獲れという方が間違っているし机上の綺麗事が過ぎる大馬鹿者である。

 それから、今回のシーズンは今までと違って難しい構成を考えなければならない。というのも、これまでの杉下右京警部の相棒を思い出してみよう。

 初代の亀山薫はイギリス紳士然とした杉下とは全くの正反対のキャラ、長身の体育会系でいつも活動的にジャンバーを着ている巡査部長だ。頭脳と教養の点では杉下に劣る熱血刑事で杉下の手足となって行動する。
 ホームズとワトソン、「兵隊やくざ」の有田上等兵と大宮二等兵、「陰陽師」の安倍晴明と源博雅、過去にも数え切れないほどこのパターン多く生産されている。コンビとして定番で使い古された組み合わせだろう。
 以降の相棒も基本的には頭脳明晰の杉下警部の助手という立場だ。

 二代目の神戸尊は杉下と多少キャラが被る点がある。また本来は杉下より階級が上の警視で準キャリア、杉下の動向を監視調査する密命をおびて杉下より一段低い警部補として部下になっているせいか、やや遠慮した接し方をする。

 三代目は甲斐享、階級こそ巡査部長だが、父親は高級警察官僚の警視監。けっして野卑粗暴ではないが、しばしば反抗的態度を見せる場合がある。さらに自分の犯罪を杉下警部に3シーズンに渡って悟られない知能犯でもあった。

 そして四代目、これまでの相棒は「部下」だが、冠城は部下ではない。「お客様」という立場上の遠慮が若干あるものの、杉下とほぼ対等な立場で、時には捜査の主導権を握って杉下を利用する事もある。今までの組み合わせにはない変わった関係だ。

 それだけに物語のモチベーションを維持するのが困難だ。絶対的な主役の横で少し三枚目的で能力に劣る狂言回し的な部下や、ひたすら従順に主役の指示通りに動く部下のほうが、書く方は楽なのである。
 シャーロック・ホームズの友人にドクター・ワトソンが登場する。当初はホームズに何かと世話を焼く紳士なのだが、シリーズが長くなり、子供用に書き直されたり映画化やアニメ化されるにしたがって、ワトソンは少しドジなホームズの金魚の糞のような扱いにされてしまうようになる。
 「陰陽師」の晴明と博雅にしても、何もかも達観して老成していて神がかり的な能力を持つ晴明に対して、世間知らずで音曲にうつつを抜かすが性格は素直で人の良い公達の博雅。

 絶対的な能力を誇る主人公と凡人の組み合わせ、「相棒」は今までこの雛型に沿った物語づくりできた。ところが冠城となるとそうもいかない。杉下と同じくらい能力がありそうで、同じくらい組織の型から外れた人間である。そして普段はおちゃらけて爪を隠しているが、いざというときは身分や権限を最大限活かし、米沢や杉下や上司の日下部をも利用する合理性。
 複雑なキャラが2人いる。しかも昔の刑事ドラマと違ってミステリーとしても高品質が求められる「相棒」では犯人役も複雑かつ知的なキャラでなくてはならない。物語を執筆する側としては体力のいる仕事だ。

 たから完成度には各エピソードごとにムラが生じてしまうのはやむを得ないと思っている。つまらない作品もあれば良くできた作品もあるだろう。

 私としては、早く女性キャラが新しく相棒についてほしい。そしてその役には仲間由紀恵氏が扮してほしい。既に「社美彌子(やしろ みやこ)の名前がついているので、名前が「か」から始まり「る」で終わる法則から外れるが、適当に国際結婚でもやっていて「ミハル・ミヤコ・ヤシロ・カバエワ」なんて名前に変わった事にすればいい。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
174位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
80位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク