ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「イクメン」議員の宮崎謙介君、今の地位は家賃高過ぎるんやないか? 近頃の現象[一二三七] 

不倫報道で12日に会見 
自民幹部が離党勧告―宮崎議員


 国会議員の「育児休暇」取得を宣言して物議を醸し、女性タレントとの不倫を週刊誌に報じられた自民党の宮崎謙介衆院議員(京都3区)が12日午前、衆院議員会館で記者会見する。
 所属する二階派関係者が11日、明らかにした。宮崎氏は報道された事実関係について説明する見通しだ。
 関係者によると、宮崎氏は不倫報道を受け、自民党幹部から離党を促されたという。谷垣禎一幹事長は11日、新潟市での講演で「本当におわび申し上げなければ」と述べた。党内では「離党するような話ではない」(幹部)との声がある一方、若手議員を中心に「自民党の恥」「党を出て行ってほしい」といった離党論も広がっている。(時事通信)


【雑感】さて、どう言い訳するのか? ハニートラップなんて言ってるんではないのか?

 一時はイクメンと育児休暇宣言で時の人となった宮崎謙介君だが、イクメンと育児休暇のアイディアを言い出せるポジションではないので不自然な感がした。
 彼が所属している団体や議員連盟を下記にあげる。

創生「日本」
みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会
神道政治連盟国会議員懇談会
日本フィリピン友好議員連盟(事務局次長)
自民党 日本版マイスター制度を推進する特命委員会(事務局長)
自民党キャリア教育推進議員連盟(事務局長)
自民党キャリア教育特命委員会(事務局長)
自民党全国保育関係議員連盟
ユニセフ議員連盟
自民党お祭り議員連盟
国民歯科問題議員連盟
街の酒屋さんを守る国会議員の会
自民党歌舞伎振興議員連盟
専修学校等振興議員連盟
日本を明るくする会
自民党 ネットメディア局 (次長)
自民党 青年局 (次長)

 こうして眺めてみると、典型的な保守系の若手議員だ。議員連盟には「イクメン議員連盟」や「介護労働問題議員連盟」「母と子支援議員連盟」など関連テーマを掲げるグループがあるが、それらには加盟していない。
 以前の経歴を見ても、何らかの市民団体に参加していたとか、福祉関係の勉強をしていたといった形跡が確認できない。商社マンの家庭で生まれ、自らも有名私大の商学部に入り、大手生命保険会社に就職してから1年程度の勤務を経て転職を繰り返してから起業に踏み切っている。
 取り組んでいる政策を見ても、典型的な安倍晋三寄りの保守議員である。

 たとえば、私が外車の話をやりだしたら、周囲の身内や友人たちは多少驚くだろう。何故なら、車には一切興味を示さなかったし、左側通行の日本で左ハンドルの外車に乗る輩を公然と小馬鹿にしていたほどだ。
 車に興味が無いだけではなくメカにも興味は持てない。なので戦争映画に登場するアメリカ軍戦車に十字を塗装しただけの「ドイツ軍戦車」を見ても全く気にならない。自転車の修理やパーツの取り換えなどは一応できるが、それはサイクリングで必要な作業だから仕方なく勉強しただけで、小金持ちなら全て自転車屋に任せる。

 それから、これは決して自慢話ではないのだが、私は左右双方の楽屋裏を知る人間である。
 私の出身家庭は保守であり、子供のころはルパング島の小野田少尉や「宇宙戦艦ヤマト」「のらくろ」「コンバット!」の影響で軍国的少年だった。
 第二次世界大戦までのミリタリーの知識を蓄えていたので、クラスでも些か浮いていたし、中高生になると左翼に目覚めた級友からしばしば馬鹿にされたり糾弾された事があった。

 20歳代の頃、知人の義理で市民運動に参加してからは昔でいう「革新系」に身を置くようになった。そこで気が付いたのは、知識や世界観の断絶である。平和運動に参加する女性たちの軍事知識が皆無に近い。最初からおぞましいものとして捉えているせいなのか、基礎的な知識すらない人が多かった。
 単に知識が無いだけでなく、保守の価値観や文化も否定しているので保守市民の気持ちや感情も理解できないし理解しない。だから平素は人民の気持ちを代弁しているかのように振る舞うくせに、選挙で負けたりすると主権者(有権者)を蔑み「理解に苦しむ」とか「幼稚だ」とか言い出す。
 言論戦・政治戦を展開しているのに敵について「理解に苦しむ」では戦(いくさ)にならないはずなのに、私は逆に左のやる気を疑ったものだ。

 何度かブログで言及した事があるが、結局は病気等の引き金もあって「革新」から足を洗い、本来の自分に軌道修正しようとしたのだが、保守もまた左と同じく保守の世界しか知らない人たちばかりだった。
 かつては舛添要一氏や加藤紘一氏など学生時代は左にかぶれたものの目が覚めて保守系の論客になった人たちが保守政界を主導していた時期もあったが、今は悪い意味で「純粋保守」「右翼児童」が多い。そんな人たちは左系が問題提起する分野に無知なのは当然として、意外にも日本の伝統文化もミリタリーも詳しい訳ではない。

 ここで宮崎謙介君の話に戻るのだが、私には悪い意味での保守系に見えるのだ。商社マンに左翼は限りなく皆無に近い。なので左文化に触れる機会はあまり無かっただろう。20代は起業したり保守系人脈を広げる事に熱心だったようだ。
 つまり何が言いたいのかというと、私のような保守中道から左の市民なら「イクメン」や「育児休暇」といった単語は馴染みがあるのだが、彼はその単語を頻繁に使う世界には居なかったはずだ。
 私が高級外車の講釈をたれたり購入するはあり得ないのと同じくらい、彼の育児休暇発言は唐突なのである。彼が所属している社会であれば、子供の世話は家族や親戚に頼むとかベビーシッターを雇うとかになるはずで、国政に関与する地位の人がわざわざ育休をとらなければならないほど人手や経済に困っている訳ではない。父親が商社マンなら実家も富裕層だろう。それに一般企業であれば仮に育休制度があっても取りにくいし取れても給与は大幅に減るが、議員歳費は減額なしなのだ。
 育休が必要なのは私のような低所得労働者であって、人も銭も集まる議員閣下ではない。そして彼が住んでいる保守世界は「イクメン」「育児休暇」という単語を知らない事はあり得ても、それを公言して問題提起をする意志の力が湧き起こるなんぞ普通はあり得ない。

 共産党議員ですら声高に言わない議員の育児休暇を保守与党内右派の若手議員が口にすることに違和感を感じていた。同じ思いを持つ人間は与野党双方にもいて物議をかもした。さらに安倍晋三総理や菅官房長官が好意的に持ち上げた事が異様だった。
 今年行われる参院選の選挙対策か? ちょうど同僚議員と結婚して子供を授かったから、党執行部に言わされたのか?(余談1)

 報道される事が事実であれば、早々に馬脚を現したことであり、イクメンや育児休暇を取る器ではなかった訳だ。また国民に謝罪する前に派閥の古参に土下座をする見当違い。議員の地位は彼にはとても重荷ではないか?

 彼に期待できるのは、兵庫県の元県議みたいに号泣会見を行い「やっと議員になれたんですぅ!」「やっと父親になれたんですぅ!」「世の中を変えたいんですぅ!」とわめいて中央突破で主権者たる国民を楽しませる事だ。 

(余談1)Twitter上でこの疑問を呟いたら、駒崎弘樹氏の入れ知恵と主張する人が現れた。駒崎氏は社会企業家で福田政権以降、いわゆる有識者として行政府の福祉関係の委員会に関わっている。NHKにもよく登場する御仁だ。つまり育休問題についてはスペシャリストであり、与野党を通じて若手議員と接触を持てるポジションにある。

 とはいえ、彼が宮崎氏に吹き込んだかもしれないが、与党内で少なからず批判が巻き起こりそうな育休宣言を決断させることは無理と思う。彼は所詮小者だ。そこには安倍総理や菅官房長官たちの支持と指示があっただろう。
 スキャンダル以降、報道された事が事実であれば所属派閥の重鎮議員に土下座したそうだ。マスコミから「先生」と呼ばれているが、自民党内の中では三下奴に過ぎない。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/02/12 05:21 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
148位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
65位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク