ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

イギリスのEUからの「独立」はスコットランドのUKからの独立を煽る。 近頃の現象[一二五四] 

<英EU離脱> 
スコットランド、独立へ投票準備


 英北部スコットランド自治政府のスタージョン首相は25日、中心都市エディンバラで演説し「英国からの独立を求める住民投票の実施に向けた手続きを進める」と話した。スコットランドでは2014年にも独立を求める住民投票が行われたが、否決されている。(毎日新聞)

【雑感】子供の頃、私は一種のコスモポリタンのようなものに憧れていた時期があった。国境線は無くなり平和で戦争の無い世界、大人になってもその理想を捨てずに平和運動を続けている人々などにとってEUはその先駆けモデルだった。

 こないだの年末年始にオランダ・アムステルダム経由でドイツ・ケルンへ渡航したのだが、パスポートを呈示する緊張の場面はオランダ入国の時だけだった。アムステルダムからケルンまでの飛行機は、まるで関空から高知へ飛行機で帰省するような感覚、私が肌でEUを実感した瞬間だった。
 パスポートの査証欄には関空で捺された出国帰国の印鑑とアムステルダムの印鑑の4つしかない。これが昔だとドイツの印鑑も2つ加わっただろう。


 さて、経済界や知識人たちの予想を裏切ってイギリスはEU離脱を決めてしまった。既に私もTwitter上で指摘したのだが、やはりそうきたか。イングランドの女王に忠誠を誓う前にEUの一員である事で渋々UK残留に同意したスコットランド人も多いと聞いている。

 かつてチェチェンがロシアからの分離独立を主張して戦争へ突き進んだ時、独立派市民のインタビュー記事が印象に残っている。「事実上ロシアの支配下であっても、(建前であれ)社会主義国の国際連合体だったソ連の一員なら感受できたが、ロシアの自治共和国では名実ともに憎きロシアの支配下、我慢ならん」という趣旨の発言だった。
 独立派スコットランド人の気持ちもこれによく似ている。

 スコットランドではEU残留を希望する人が多い。イングランド人の「エゴ」に付き合ってEU離脱なんてとんでもないという感覚もあるだろうし、イングランド人が「EUからの独立」を主張するなら我々も「UKからの独立する権利がある」となる。
 せっかく沈静化していたアイルランドとイギリス領の北アイルランドとの国境線の紛争も再燃する。というのも、EUのおかげでヨーロッパ諸国の国境線が県や州の境界線のようなモノへ変化していったおかげなのだ。こないだ体験したアムステルダムとケルンのフライトが国内旅行感覚だったのが良い例だろう。
 ところがイギリス離脱は再び自国領に強固な国境線を引くことを宣言する訳だから、アイルランドも黙ってられなくなる。

 米ソの和解、東西冷戦の終息、東西ドイツの統一、EUの成立、80年代末から90年代にかけて旧革新勢力が望むようなうねりが世界的に起こったが、今はその副作用が至るところで噴出している。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/06/26 05:29 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
164位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
72位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク