ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

例外なく晩節汚す韓国大統領。韓流時代劇に見る権力者の失脚。 近頃の現象[一二六五] 

韓国の大統領はなぜこうなるのか?

朴槿恵大統領が断崖絶壁に立たされている。

 「友人」とされる崔順実容疑者や部下である大統領秘書官らの不祥事によって混乱を招いたことについて2度に亘って国民に謝罪したにもかかわらず、事態を収拾できないどころか、むしろ火に油を注ぐ結果となり、大統領への国民の怒りは土曜の10万単位の大規模デモに発展した。このままでは任期途中で辞任した初の大統領として汚名を残すかもしれない。(辺真一)

【雑感】日韓問題や北朝鮮の話題になると必ず解説者としてニュース番組に出演する「コリア・レポート」編集長の辺真一氏がジャーナリストの視点から韓国政治の特徴を語っている。
 当ブログは一応「映画ブログ」なので映画やドラマを楽しむ者として韓国の政変を観てみよう。

 私は韓流時代劇が好きでよく録画して観る。というのも、日本の時代劇は基本的にチャンバラ主体で物語に複雑な心理描写や政治的な相関関係などはあまり盛り込まない。よく言えば判り易くて悪く言えば単純、台詞も手垢がついた体育会系用語が並ぶ。典型的なのが「水戸黄門」だろう。
 ところが韓流時代劇はアクションも盛り沢山だが物語も複雑なのである。日本の時代劇のようにステレオタイプの善玉と悪玉のシンプル二元劇ではない。だから権力闘争ドロドロ劇が好きな私には面白いのである。

 そんな韓流時代劇を観て思った事がある。失脚劇のえげつなさだ。高位高官の御大臣はもとより、王族でさえも拘束されると白い肌襦袢だけにされて寒空に晒されたり粗末な地下牢にぶち込まれる。時には拷問にかけられて、たちまち白い襦袢はボロ布になり血でドロドロになる。処刑時にはまるでホームレスのような風体だ。
 日本の時代劇で家老や大名が失脚して無残な風体になるだろうか? 実際にはあったかもしれないが時代劇の中では小奇麗な姿のまま蟄居(一室に軟禁)されるか、真新しい浅葱色の裃で切腹だ。

 現代韓国も時代劇さながらの失脚劇かもしれない。友人の中には時代劇と現実は違うと小馬鹿にする輩がいるが、それは愚かで読みが浅くて甘い。他のジャンルのドラマでもいえる事だが、長く親しまれている時代劇は国民性、流行りのドラマは現代の世相を反映するものである。

 日本であれば晩節を汚してしまった失脚政治家でも、表舞台からは去るものの悠々自適な余生は概ねおくれている。それどころか失政を指摘されている鳩山由紀夫氏は元首相の立場を利用してロシアや中国を外遊して政府方針とは違う主張をばらまいているし、細川護熙元首相は文化人として藝術とエコ活動、そして小泉純一郎元首相(余談1)は反原発へ宗旨替えしてたぶん最も影響力がある反原発活動家へと変貌した。早い話、現政権側から見れば好き勝手を楽しめるお気楽余生なのだ。

 ところが韓国は違う。朴槿恵氏の御父上朴正煕大統領暗殺から数えてもそうだが、歴代大統領は概ね刑事訴追されているか、身内が逮捕されているか。日本の元首相たちの余生と違い波乱だらけだ。
 そんな意味で韓国の権力者たちは日本の権力者と違って露骨に権力振るい放題かもしれないが、失脚してしまうと悲惨だ。 

(余談1)厳密に言うと韓国大統領たちは任期満了で辞めているし、日本の元首相たちは厳密には失脚政治家ではなかった。小泉元首相に至っては惜しまれながら勇退だった。しかし韓国の大統領も失脚せずとも任期満了退職から刑事訴追とか身内が逮捕されたりなど騒がしいので、主張には影響しない。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/11/07 11:05 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
69位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク