ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「学歴」で分断される日本のリアル 晴雨堂はもろにそのリアルを体験している。格差を縮めるにはまず視野を広げる事、その手っ取り早い手段は映画鑑賞である。 近頃の現象[一二六七] 

「学歴」で分断される日本のリアル

「学歴」という最大の分断 大卒と高卒で違う日本が見えている
日本は学歴で分断される社会になっている。さまざまな「格差」の根にあるのも学歴だ。学歴分断から共生へ、舵をきれるのか?日本社会が抱える最大のリスクに迫る。【BuzzFeed Japan / 石戸諭】(BuzzFeed Japan)

【雑感】私は20代後半から30代後半までの10年余りを友達の義理で左翼系の市民運動に関わった。そこに集まる人々はどちらかといえば高学歴で政治や福祉を勉強しているような学生や、そういった大学を卒業して優良企業や公務員におさまっている紳士淑女で概ね占められていた。
 私はというと、大卒ではあったが学部は藝術学部、政治や福祉などは学んだ事はない。仕事は工場の労働者で背広を着て働くような職種ではなかった。

 彼ら彼女らの話を聞いていると、とにかく政府批判・日本文化批判が目立つ。加えて小難しい単語や外来語がやたらと多い。最初の印象としては、人の悪口を難解な表現で並べまくっている人々の憤懣の吐け口だった。

 彼ら彼女らはやたら社会の危機を主張するのだが、その危機というのがよく解らない。
 ある若そうな主婦は「生活が厳しい」と言ったが、家計を伺うと当時の私の手取りより沢山もらっている。(2016年現在の私の手取りはあの頃よりも減っているうえに妻子持ちになった)薄給の私よりは楽勝の日常ではないか。
 あるサラリーマンらしき人は「組合は企業の補完組織と化している」というが、私にしてみれば組合があるだけマシやないかとしか思えない。
 フェミニズムにかぶれたある若い女学生は「水商売は撲滅しなければならない」と主張して仰天する。なんでと尋ねると、「お前は馬鹿か」と言わんばかりの表情で「水商売は売春だ」と言い切った。温厚な私はやや声を荒げて「あなたは水商売の意味わかって言うてるんか」と詰問した。

 世間との乖離が凄まじい。

 私の父は土建屋で自民党員、母は戦後の革新系の風にやや影響されてはいるが、同世代の女性で最も出世した美智子皇后を素直に讃える主婦である。左翼風に言えば、私の出身階級は保守中流である。
 小学生時代からの幼馴染はいずれも育った家庭環境もほぼ同じ、有名大学を出て有名企業に勤める。どちらかといえば裕福な保守系の市民である。
 高校・大学から友人たちは似たような家庭環境で育ったものの漫画アニメのオタクが多い。やや世間に対して斜に構えた視点を持ち権威や常識には否定的になる事もあるが左翼に対してもかなり距離を置いている。学歴は高卒・専門学校卒から大卒まで。
 職場の同僚たちは、現在もそうだが「飲む打つ買う」の世界。解らない人のために解説すると、「飲む」とは酒のこと、「打つ」は博打・ギャンブル、「買う」は女を買う、売春や風俗である。学歴は中卒から高卒が多い。
 そして市民運動、顔ぶれは前述の通り。ただし、労働運動の現場などは中卒や高卒も少なくないし、在日コリアンや性的少数者など多種多様。

 20代後半から30代後半までの10年余、「家」と「職場」と「運動」とを行き来していたが、同じ日本とは思えぬ価値観の隔たり、違う国を往来しているような感覚に襲われたものだ。
 なにせ同じ日本語でも意味するところが違うのだ。「左翼新聞」というと保守は朝日や毎日を指すが、市民運動の現場では朝日も毎日も左翼ではなくもはや保守に迎合したメディア、赤旗ですら疑念を持ち、韓国の「ハンギョレ新聞」に強い憧憬を抱き、新しい新聞創刊を願いつつ「週刊金曜日」や岩波の「世界」を読んでいるような状況だ。

 ただ、この国々には二つだけ共通項があった。いずれも自分たちが「まとも」であると思い込み、異なる価値観や常識がある世界がある事を知らないかもしくは拒絶する。
 私のように渡り歩くような事は誰もしない。だから簡単に他者を否定してしまえる。

 視野を広げ寛容の精神を養うのは至難の業だ。私でも癇に障る嫌な上司の顔は見るのもおぞましい。外へ出て様々な価値観と対峙するのは気合がいる。
 手っ取り早く外の世界を覗き見る手段は無い事はない。それは映画を観る事だ。一応、当ブログのテーマは映画なので映画鑑賞を推薦する。
 但し、映画といってもジャニーズ系俳優が出演するようなメジャー映画や流行りの絵柄でアクションやお色気が並ぶアニメばかり観てもあまり視野は広がらない。世界各国の映画、あらゆるジャンルの映画を観る事だ。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/12/30 12:06 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(2)
私は学生時代は優等生で世間から一流と言われる大学に行きました。
しかし社会に出てからは完全に落ちこぼれて今は零細企業の作業員です。

逆に高校中退の同級生で年収1000万以上の知人がいます。あまり学歴と社会的成功は関係なかったように感じます。
[ 2016/12/30 20:53 ] [ 編集 ]
あけましておめでとうございます。お久ぶりです。

 私の知人にも中卒や高校中退で起業家になってそこそこの小金持ちになった人はいます。あるいは働きながら通信制高校で高卒の資格を取り専門学校を出て美容院を数店舗経営するようになった女の子もいます。そもそも連れ合いの父母が中卒で苦学した人ですから、うろぱす氏の仰る事はよく解ります。

 ただ、残念な事に我々の周囲での例は特殊であって一般ではありません。これは私の推測ではなく、厚労省の賃金構造基本統計調査や労働政策研究の調査でも明らかです。
 これは私見ですが、「成功者」よりも就職に失敗して派遣を転々とする人の方が多いと思います。私もけっこう就職で苦労してきましたから、そんな人たちをよく見ています。

 20代の段階ではまだ学歴のおかげで選択肢が多い。しかし30代の半ばを過ぎてしまうと正社員の口は激減し派遣に頼るようになり、40・50になると大変です。私自身、100通くらい履歴書と職務経歴書を送って面接に辿り着けたのは数社程度、そんな体験をしました。殆どは年齢で蹴ってきます。
 この歳になってくると、逆に学歴がマイナスに作用する事も多々あります。

 「成功者」は少年少女の頃から具体的な夢や方針があって具体的に段取りを立てて人生設計をしているのに対し、私はフラフラした人生をおくってきました。
 漫画家になりたいと思いながら気合い入れて絵を描き続けていた訳ではなかったので直ぐに膝が笑ってしまった。
 市民運動に関わっていた時も友人の義理であって心から賛同して動いていた訳ではなかったので、周囲からリーダーや代表に祭り上げられてしまうと息苦しくなり脱ぎ捨てるように辞めました。気分障害に罹患したという笑いごとでない事情もありましたが。
 あまりにも私は遠回りの道草ばかりの人生を送り過ぎてしまった。不明を恥じて後悔ばかりしていても、妻子のためにはならないので攻めの人生を展開していかねばならないと気を取り直している所です。


> 私は学生時代は優等生で世間から一流と言われる大学に行きました。
> しかし社会に出てからは完全に落ちこぼれて今は零細企業の作業員です。
>
> 逆に高校中退の同級生で年収1000万以上の知人がいます。あまり学歴と社会的成功は関係なかったように感じます。
[ 2017/01/01 05:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
69位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク