ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「MISHIMA ――11月25日・快晴」 不安と恐怖を楽しむ時に〔26〕 

MISHIMA ――11月25日・快晴」 
ハリウッドが描く三島由紀夫




【原題】Mishima: A Life In Four Chapters 
【公開年】1985年  【制作国】亜米利加 日本国  【時間】120分  
【監督】ポール・シュレイダー
【制作総指揮】フランシス・フォード・コッポラ ジョージ・ルーカス
【原作】三島由紀夫
【音楽】フィリップ・グラス
【脚本】ポール・シュレイダー レナード・シュレイダー チエコ・シュレイダー   
【言語】日本語 一部イングランド語
【出演】緒形拳(三島由紀夫)  塩野谷正幸(森田必勝 楯の会学生長)  立原繁人(古賀浩靖 楯の会隊員)  三上博史(小賀正義 同左)  Junya Fukuda(小川正洋 同左)  大谷直子(倭文重 三島の母)  加藤治子(なつ 三島の祖母)  織本順吉(自衛隊益田総監)    

【成分】悲しい 切ない 知的 絶望的

【特徴】ハリウッド映画人が描く三島由紀夫伝記映画。ハリウッド制作の日本語映画としては先駆けといえる作品である。

 若松孝二監督作「11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち」は現代日本が抱える社会問題をも意識しながら三島の割腹事件を考察しているのに対し、本作の場合は三島由紀夫個人の内面から事件を掘り下げている。
 劇作家でもあった三島を意識しているのか、原題にある「Four Chapters」が示すように四幕で構成されている。冒頭は事件当日の朝、三島がいつもと変わらず起床し身支度を始めるところを淡々と描写、幼年時代からの回想を交えながら三島の代表作である「金閣寺」「鏡子の家」「奔馬」の実写化を舞台劇風に魅せていく。

【効能】右翼思想に目覚める。三島由紀夫の内面を覗いたような感覚になる。

【副作用】右翼思想に目覚める。アメリカ的藝術描写に違和感。

下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。
日本を舞台にした 
日本人俳優による日本語の作品なのに 
日本で上映されなかった幻の作品


 冒頭、とある日の朝の寝室、シンプルな寝室にシングルのベッドでぐっすり眠っている三島由紀夫。BGMは軽快な弦楽重奏、いつもと同じように目が覚め、枕元の電話をとり内線ボタンを押す、家政婦に「おはよう」と声をかけ今朝の朝食は要らないと伝える。(余談1)
 髭を剃り水色のガウンを着てバルコニーで新聞を読みながら珈琲を飲む。再び寝室に戻ってタンスから楯の会の軍服を取り出すあたりからBGMにバイオリンの激しい音色が加わり、まるで「サイコ」のBGMが如く不安感を誘う。
 鏡を見ながら服装を正しくし、帯剣用のベルトをつけ、スーツケースには大小の刀と縄などを入れる。玄関のドアを開けると既に楯の会の軍服を着た部下が待機していて、三島の指示を聞く。
 三島は帯刀した将校のようないでたちでスーツケース片手に家を出る。それから戦前の幼少期からの回想場面が始まる。

(鋭意執筆中)
 

(余談1)切腹の際、切り口から内臓や食べたものがドロリと飛び出すのが見苦しいと考え食事を控えたらしい。作中では珈琲を飲んだが、実際は水しか摂取していない。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
198位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
83位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク