ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

衰えない二眼レフ写真機と銀塩フィルム 近頃の現象[一二六九] 

根強い人気の二眼レフ 
インスタのような雰囲気


 写真はすっかりデジタルカメラやスマートフォンで撮影するのが一般的になったが、フィルムを使って撮る銀塩写真も愛好家を中心に人気があり、中でも二つのレンズを持つ二眼レフカメラは今も評価されている。そのほとんどはレンズ交換ができず、不便さから時代から消えたはずの二眼レフの根強い人気の背景を探った。(毎日新聞)


【雑感】写真を撮られる時、被写体経験のある方の多くは私も含め若干の圧迫感を抱く。具体的に言えば銃でロックオンされているような感覚に近く、撮られるのが嫌な人にとってはかなり不快なストレスだ。
 同じように撮る側にとっても、一眼レフを被写体に向けてファインダーを覗く動作と銃を構え銃身の背中にある凹型の照門を睨む動作は殆ど同じだ。

 カメラを向けられると一種の興奮や快感を感じて演技をするようなタイプの被写体ならまだしも、普通の人はどちらかといえば不快な要素を多少は含むストレスを感じるものだ。
 それを低減させる効果があるのがこの二眼レフである。

ローライレックス。
Wikipediaから参照。
中古市場で最も手に入りやすい型の二眼レフ


 実は私自身も二眼レフを使った事は殆ど無いし保有した経験もない。大昔、先輩から一度だけ手に持たせてもらって解説を聞いただけなので、操作方法はうろ覚えだ。
 一眼レフは文字通りレンズは一つしか使わない。ファインダーから見える画像はレンズを通してフィルムにあてる光をミラーとプリズムで誘導したものだ。シャッターを開けたままにするバルブ撮影にするとファインダーに光を送る役目をするミラーの角度が変わるのでファインダーは暗転して画像が見えなくなる。
 ところが二眼レフは撮影用のレンズとファインダー用のレンズが別になっている。上記参考写真の場合、たぶん上側に付いているレンズがファインダー用だろう。

 二眼レフの場合、ファインダーは上部にある。上記写真はファインダーを開けた状態で、箱を開けて上から覗き込むような姿勢で被写体を見る。

 これはポートレート写真を撮るに有利な道具ではないかと思っている。前述したように一眼レフで写真を撮る動作は銃を構えて射撃する動作と同じだ。一眼レフを向けられた被写体も何か狙われているような圧迫感を抱く事が多い。
 ところが二眼レフだとカメラの上から覗き込むようにしながら撮影するので射られるような視線の圧迫は感じない。
 それから二眼レフに使うフィルムは通常120判とよばれるフィルムを使用、これは世間で普及しているフィルム(ライカ判もしくは35ミリ判と呼ばれる)より大きく解像度が高い。

 ただ、今のカメラに比べたら欠点もある。二眼レフゆえに一眼レフのような多彩なレンズに交換はできない、構造は一眼レフに比べて単純で故障が少ない半面、上記写真のように大きな箱のような形状なので持ち運びにはストレスを感じる。
 フィルムも通常は12枚撮りが主流なので、35ミリ判の36枚より少ない。デジカメに至っては解像度を変えれば1万枚撮る事も可能であることを考えれば不便だ。

 しかしカメラが開発された19世紀に絵画の役割が無くなるなんて極論もあったようだが、後のピカソやダリをみれば解るように絵画の表現は写実に留まらない。結局、絵画と写真の役割の棲み分けが成り立った。
 今回も、実用のデジタルカメラと藝術の銀塩・アナログとの棲み分けが成り立っていくのではないかと思う。そういう意味で、かつて一眼レフより不便で旧式の二眼レフが再び脚光を浴びるのは不思議ではない。どうせアナログ写真を楽しむなら、手ごろな二眼レフから19世紀前半のダゲレオに挑戦する方が面白いと思う者がいても当然だろう。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/02/27 11:35 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
143位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
69位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク