ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

古書店の英雄ブックオフ、まさかのつまずき? 近頃の現象[一二七八] 

ブックオフ、高級路線へ 
フリマアプリに押され連続赤字


 中古本販売大手のブックオフコーポレーションが高級路線に力を入れている。フリマアプリ「メルカリ」など、ネットを通じた個人間の直接売買が広がっているあおりを受け、主力の書籍やCDの売り上げが振るわなかった。2017年3月期の純損益は11億円の赤字で、赤字は2期連続。(朝日新聞デジタル)

【雑感】古書店を個人で経営している知人からブックオフの悪口を聞いていたので、上記紹介記事を見かけると思わず「ざまぁみさらせ」と、もとい苦境の書店業界の中では元気だったブックオフの躓きは気の毒に思ってしまう。

 仕方が無いといえば仕方が無い。
 少子高齢化というのは人口がじわじわ減っていくのではなく特定の年齢層の激減を意味する。即ち、最も書籍に親しむ機会が多いはずの就学年齢層である。
 しかもネット社会の定着で音楽や映画などはネット配信によるダウンロードで購入する形式をとる者が多く、その新しい形式の利用者は当然の事ながら就学層である。
 私の姪っ子が通ってた小学校などでは紙媒体の教科書は廃止され、全員タブレット装備でハードディスクに教科書をしまう。この現象だけでも紙の書籍の激減は必定だ。

 だから書店業界は縮小の一途をたどっている。レンタルビデオ屋もネット配信に切り替わりつつあり、店舗を構えてDVDやCDソフトを貸出しするやり方を止めつつある。現実に私の周辺では書店やレンタルビデオ屋は消えつつある。
 ブックオフだけが成長拡大なんて事は有り得ない。ブックオフの経営陣がマトモならば減収は覚悟していたはずだ。

 事態を好転させる決定打は誰も解らない。私などは景気不景気関係なく膨張を続けていた漫画同人誌即売会に起死回生のヒントがあるのではと思っていたのだが、どうやらヒントのようでいてヒントではないかもしれない。
 漫画同人誌即売会は主にアマチュア漫画家が自分が描きたい漫画を自費出版して売る場で、同じ趣味の人間と同人誌を通じて友達の輪を広げるコミュニティーのようなものでもあり、私はそこに未来の書店の姿を見たような気になった時期があった。

 実際、喫茶店との兼業のブックカフェでサロン的な古書店を維持しながら人との交流を盛んにしていく知人も複数名しっているが、どこも莫大な利益が上がっている訳ではなく、あくまでカツカツながら経営が維持され、金銭的な利益よりも店舗を舞台に人と人との交流に価値や生き甲斐を見出すパターンである。

 つまり、書店業界が再び拡大に転じる可能性は現状では無いに等しい。未だ下げ止まりの底が見えない段階である。

晴雨堂関連作品案内
全然大丈夫 [DVD] 藤田容介監督 2008年
 古本屋を舞台に展開する荒川良々・木村佳乃主演のラブコメディ。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/05/11 12:00 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
172位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
78位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク