ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

学校史切り取り事件。例によってマスコミに登場する犯罪心理学の専門家の解説もアテにならんやろうなぁ。 近頃の現象[一二七九] 

学校史、切り取り被害相次ぐ 
目的不明で関係者ら不安、模倣犯も?


 図書館が所蔵する学校史や記念誌が切り取られる被害が、中部地方を中心に全国で相次いで発覚している。11日には群馬、山梨両県の図書館も、関東地方で初めて同様の被害を公表した。公立図書館の8割が加盟する日本図書館協会(東京)は緊急調査の実施を決定。写真掲載ページに被害が集中するなど共通点はあるものの、目的が見えないだけに、関係者らに不安が広がっている。(産経新聞)

【雑感】この事件を聞いて、私は高校時代に発生した高校図書室の書籍破損事件を思い出した。
 高校生だった頃、学校の図書室にビートルズの写真集が数冊あった。その中で写真が比較的多く掲載されているA4サイズくらいの分厚い本があって、私は昼休みにちょくちょく見に来ていた。

 ビートルズ解散から既に10年が経過しており、生徒間での知名度も特に高いとは言えなかった。音楽を気晴らしに聞く程度の平均的な生徒はやはり日本の芸能人やアイドルに注目しているし、音楽をやる子の大半もアリスとかオフコースなどの今でいうJP、当時はシンガーソングライター?にハマっていて、ビートルズに熱中しているのはごく少数だった。
 なのでその本は私の独占状態であり、図書委員として週番でカウンター業務の時でも「読んでいた」ものだ。

 ところがある日の事、本の厚みに違和感を覚えた。案の定、ページが破られていた。たしかビートルズの最高傑作と今でも讃えられている「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」のジャケット写真撮影風景を見開きで掲載したページだったと記憶している。
 破り方は非常に雑、捥ぎ取ったような感じだ。これは絶対にファンの仕業ではない。仮に私が犯行に及ぶとしたら、カットマットとカッターナイフと定規を使って綺麗にページを切り取る。

 あの本を手にする機会が最も多かったのが私だったので陰で疑う人はいたかもしれないが表には出なかったと思う。一応私は真面目な生徒であったし、体育会系で頭を坊主にしているのに「お寺の息子」と思い込む人が多かったほどの知的キャラだった。また司書の女性教師との信頼関係も確立していたので、私は破損を見つけ報告した第一発見者の扱いで済んだ。たぶん、司書も私の性格を御存じなので、私の犯行ならぞんざいにページを千切る事はないと思ったのだろう。

 もしかしたら、学園ドラマ的な発想になってしまうが私への嫌がらせの可能性があったと思う。乱暴な千切り方ゆえ、ビートルズが好きでページを千切ったとは思えない。私が頻繁にその本を手にしている事を知っている者、頻繁に借りているのは巻末に貼り付けてある茶封筒の図書カード(現在はバーコードとIDカードで処理するだろうが、当時はボール紙のカードに記入する)を見れば借りた人の履歴が判る。(ジブリ映画「耳をすませば」にその場面がある)ので、友人以外にも私がその本をよく手にしていた事を知りえる。
 結局、犯人は判らず迷宮入り。

 さて、名古屋などを中心に図書館にある学校史の類が破損しているニュースを耳にする。学校に何らかの悪意をもった人物の犯行説を専門家たちは唱えているようだ。これは高校時代のビートルズ本破損事件で私が推理したのと同様の内容だが・・。それだけにアテになるのかなと逆に疑問に思ってしまう。だって、専門家のくせに10代の頃の私の発想と同じなのだ。

 という訳で単純な愉快犯説を唱える。 この手の書籍は比較的奥まった場所の棚に陳列される。閲覧者も少なく人通りが少ない、財政難の自治体ばかりなので防犯カメラ設置を図書館に割り振れないところも多い、したがって死角で悠々と犯罪をやってのける事ができるだろう。
 なぜ学校史なのかというと、話題になりやすい点を計算したのではと思う。2014年に東京各所の図書館で「アンネの日記」破損事件が起こったが、あれの模倣の可能性があるとともに、学校史の類は反戦反差別資料や児童書として名高い「アンネの日記」よりは地味であり閲覧の機会が少ないが、卒業シーズンに入る前の時期にアルバム制作や学校史編纂の参考に閲覧する事は多いと思う。数年に閲覧が一回あるかないかの資料よりは毎年必ず誰かが閲覧する類だ。

 つまり、「アンネの日記」ほど頻繁な閲覧は無いが、毎年必ず閲覧されるはずの資料で、それが学校史などのものに特化していれば話題性が発生する。 
 無作為に様々な資料を破損するだけなら、数多くある事件の一つでしかないが、書籍の種類を限定すれば注目されやすくなる。しかもそれが集合写真の切り取りや破損であれば個人情報流出の懸念もあって話題になりやすい。同じ写真でもアイドル水着の写真集のページが破られたぐらいでは世間はありふれた事件として片づけるが、今回の場合なら少なくとも学校関係者が黙っていない。

 犯人は愉快犯だと思う。時限爆弾が炸裂するかのように各自治体の図書館で犯行跡が見つかって騒ぎ出すのを楽しんでいると思う。




 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/05/12 13:01 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
172位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
78位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク